Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本経済を破綻に導く狂気。将来に深刻なツケ」

Posted by photn on 12.2015 経済   1 comments   0 trackback
画像




世界三大投資家の1人であるジム・ロジャーズ氏が安倍政権の経済政策
に警鐘を鳴らしました。
ジム・ロジャーズ氏は年末年始に経済誌のインタビューに応じ、アベノミク
スについて「目先はハッピーだが、将来のツケは深刻なものになる」と指
摘しています。

ジム・ロジャーズ氏によると、アベノミクスの円増刷で数年間はバブル状態
が続くとしながらも、将来的には借金の増大や経済破綻を誘発する可能性
が高いとのことです。

また、世界の経済に関しても「2020年までに、少なくとも1回は世界規模の
破綻が起こります」と断言。
更には「正確な時期はわからないが、たぶん16年か17年でしょう。国債が
大暴落し金利が上がります。株価も暴落します」というような経済破綻が
発生する未来を語ってくれました。

そして、ジム・ロジャーズ氏は「もし私が日本の若者だったら、外国語を習
得して日本脱出に備えます。もしくはカラシニコフ銃を手に立ち上がり、革
命を起こそうとするかもしれません」と対策法を述べています。


ジム・ロジャーズ氏の予測は世界経済の破綻を計算した上で警鐘を鳴らし
ているので、かなり現実味があると言えるでしょう。2014年末にダウ平均株
価が過去100年間の最高値を更新しましたが、アメリカの経済が過去100
年間で最高になっているとは感じられません。

日本もそうですが、世界中で実体経済と株価の乖離現象が起きています。
これがエスカレートするとバブル経済になり、いずれは実体経済と株価の
差を埋めようとしてバブル崩壊が発生してしまうのです。アベノミクス開始
から2年以上が経過しましたが、アベノミクスは後1年くらいで限界を迎える
事になるでしょう。

ジム・ロジャーズ氏の語ってくれた未来は絵空事ではなく、近い将来に起
きる可能性が高いです。その時に備えて、今の時間を有効に使うことがと
ても重要になります。


☆安倍首相、日本経済を破綻に導く狂気 金融緩和と東京五輪、将来に
深刻なツケと損失
URL http://biz-journal.jp/2015/01/post_8514.html
引用:
年末年始の経済誌各誌には、投資家のジム・ロジャーズが登場した。
各誌のそれぞれのインタビューに答えるかたちで2015年相場の予想を行っ
ている。ジム・ロジャーズといえば、投資家のジョージ・ソロスと投資会社ク
ォンタム・ファンドを設立し、驚異的なリターンを上げて有名になった。

~省略~

「このままお金を刷り続けるなら潜在的には2~4年以内にバブルが起こり
うる」(以上、「プレジデント」より)
 しかし、好況期は長続きしないという。

「東京オリンピック前に状況が悪化し始め、日本のみならず、世界のほぼ
全土で経済が破綻するでしょう。2020年までに、少なくとも1回は世界規模
の破綻が起こります」
「正確な時期はわからないが、たぶん16年か17年でしょう」
「国債が大暴落し金利が上がります。株価も暴落します」(以上、「東洋経
済」より)

 バブル、経済破綻……20年までは激動が続きそうだ。日本の場合は、
その元凶は累積する債務残高だ。
「そもそも、金融緩和もオリンピックも長い目で見れば日本の債務を増やす
だけだ。債務の積み増しはいつか必ずインフレを起こす」
「国の借金が増えるリスクの方が恐ろしい」
「問題はカットできるコストがあるのに減らそうとする努力をしていないとこ
ろにある」
「日本はインフラにカネをかけ過ぎている」
「目先はハッピーだが、将来のツケは深刻なものになる」」(以上、「日経ビ
ジネス」より)
 アベノミクスについては、厳しい批判を展開している。特に円安誘導が問
題だという。
「安倍晋三首相は最後に放った矢が自分の背中に突き刺さって命取りとな
り、日本を破綻させた人物として歴史に名を残すことになるでしょう。自国
通貨の価値を下げるなんて、狂気の沙汰としか思えません」(「プレジデン
ト」より)

~省略~

 今後は、実物資産である金と外貨投資に注目だという。
「実物資産を持つことは重要だ。売ってはいけない。私は(金相場が1オン
ス)1000ドルを下回った頃に買い増そうかと思っている」
「外貨投資を始めることだ。自分のお金を海外に逃がしなさい。そして子供
たちには必ず外国語を習わせること」

「日本株と外貨を購入すべきです。私だったら米ドル、香港ドル、人民元を
買います。そして海外に銀行口座を開設すること。個人も法人も、ある程
度の資産を保険として海外で保有したほうがいい。若い人は絶対に中国
語を勉強すべきです。日本に骨を埋めるつもりなら、農地を買ってトラクタ
ーを運転できるようにもなってください。これからは農業の担い手が不足す
るので、食糧を生産できる人の将来は安泰です」(以上、「日経ビジネス」より)


いつまで続くのでしょうか、この貨幣経済。
共存という考えができれば貨幣は無用の長物ですけれど。
そういう意識になれば争いもこのせかいからなくなります・・・・・

スポンサーサイト

円の実力が42年前(1ドル=300円)と同じに!実効為替レートが変動相場移行後で過去最低を更新!

Posted by photn on 24.2014 経済   1 comments   0 trackback
画像


画像


12月22日に日本銀行が円の総合的な実力を示す実効為替レートの
最新値を発表しました。これによると、円の実効為替レートは2014年
12月時点で69.5となり、変動為替相場制なってから初めて70を下回
ったとのことです。

これは42年前の昭和48年以来の低水準で、円の影響力が世界大戦
直後まで低下していることを示していると言えるでしょう。ちなみに、
42年前の為替相場は一ドル約300円でした。

今の為替相場は一ドル119円(約120円)なので、実効為替レートとの
差が3倍近く発生していますね。
これは単純な数字以上に日本が弱体化していることを裏付けている
証拠で、今後も円安が続く限りは、更に実効為替レートが過去最低
の値を更新する可能性が高いです。

値上げラッシュが続いていますが、為替が世界大戦直後と同じ様な
水準になっているのだから、生活が苦しいのは当たり前だと私は思
います。今の為替相場は一ドル100円以下が一番良く、それ以上は
非常に危険です。
*90円前後が適正値


☆円の実力、42年前と同じ…変動相場移行後で最低
URL http://www.sankei.com/economy/news/141222/ecn141222
0037-n1.html
引用:
 日銀が22日に発表した円の総合的な実力を示す実質実効為替
レート(2010年=100)は、12月前半の平均で69.51となった。
昭和48年1月(68.88)以来の低水準で、48年2月の変動相場
制移行後、初めて70を下回った。円の実力は実際の円相場より低
下しており、円安による負担感は数字以上に重くなっている恐れが
ある。

 日銀が12月17日時点で算出した。22日の東京外国為替市場
の円相場は1ドル=119円台だったが、主要通貨に対する円の実
力は1ドル=300円程度だった約42年前の水準まで下がっている
ことになる。
 

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。