Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フォトン・ベルトの効果と対策」

Posted by photn on 11.2008 アセッション
Channelled Material by Sirian Washta All material obtained from book
スポンサーサイト

「他の星の存在はどんな外観 ... そして違いはパ-ト1」

Posted by photn on 11.2008 アセッション
バ-ジニア: シリウス人がそうである様に、適切である全ての背景にある情報を提供してくださる様に望みます。 ワシュタ: 我々が進む前に、幾つかの定義を確立させて下さい。複数星団系は、星団系の1つのグル-プの分類です。星団系と言うのは、多くの軌道上の惑星で囲まれた、貴方がたが太陽系、又は、太陽 (星) と呼ぶものと一致しています。私は、シリウス複数星団系における幾つかの星団系について述べる事によってスタートし、その後、シリウスB星団系における私の故郷の世界について述べるでしょう。 シリウス複数星団系は、9つの星団から構成されます。しかしながら、4つに限っては、この討論にとって大変重要なものです。シリウスA星団系は、原初の非人類の住民を含み、それは最も大きく、そして、シリウス複数星団系を作り上げる星のうちで最も明るいものです。シリウスB星団系は、銀河人類の故郷の世界を持っています。シリウスC星団系とシリウスD星団系は、我々が大規模な取引き、及び、銀河のこの地域における他の惑星システムとの通商を行なっているので、保管、及び、管理タスクとして使われています。 シリウスA星団系は、非人類の生物が居住している3つの惑星を持っています。これらの生物は、十分に意識的存在であり、又、7-8フィートの身長のライオンと同等です。彼等は、彼等が猫のような毛皮で覆われ、そして、ライオンの様な顔を持つという事実を除いては、非常に人間のように見えます。これらの実体は、我々が最初にシリウスB星団系を植民地にして以来ずっと、我々の歴史において重要な役を果たした非常に利口で素晴らしい生物です。 シリウスB星団系の我々の太陽系において、我々が居住する2つの主要な世界を持っています。貴方がたの地球と同様に、第1は、我々の太陽の第4番惑星です。我々の第2の世界は、我々の太陽の第3番惑星であり、又、それは、第4番惑星より更に水が欠乏しています。この第4番惑星はシリウスB星団系において、植民地にされた2つの内の第1番目でした。銀河連盟の最初の組織編成時の頃、約4.3百万年前 (地球時間) に、この出来事は起きました。我々は、私が以前に述べたシリウスA星団系の生物によって、その植民地化において援助されました。彼等はシリウスA星団系のみが彼等のニーズにとって必要であると考えたので、これらの生物は、我々に役立ちました。そして他のシリウス星団系の内の全部を植民地にすることに対して全く関心を持ちませんでした。 我々の惑星 (故郷の世界) は、貴方がたの惑星、地球より約4分の1倍ほど更に大きいのです。それは、同様に地球に比較してその地理上において全く異なります。それは地球は水の惑星であるという点で特別なのです。我々は、地球と異なり、主として水の惑星ではありません。しかしながら、我々は比較として、貴方がたの太平洋と同じサイズの1つの巨大な大洋を持っています。この大きい大洋は、一連の大陸的な陸地によって四方を囲まれています。 殆ど島の様な大陸を持つあなたの惑星と異なり、我々の故郷の世界の大陸は、大抵陸地で囲まれています。我々の1つの大きい大洋の近くで、非常に小さいコンパクトな砂浜による海岸のある莫大な山脈系があります。貴方がたの幾つかの砂浜の様に、我々は余り多くの白浜を持っていません。代わりとして、主として赤味がかった茶色の砂地を持っています。我々の土壌は、とても、とても貴方がたのものとは異っています。地球で見つけた全くの黒土よりも暗い色で、もっとオレンジの様なもっと濃い茶色や、茶色がかった紫色に更に彩色された色です。 海岸に沿った僅かの山脈を除いては、我々は大抵、陸地を横断して流れる広い丘の多い平原を持っています。我々は、湖の大きいシステムと同様に、これらの平原に点在する広大な河川系を持っています。我々にとっては、この惑星地球は非常に美しく、且つ、豪華な陸地があり、そして、その原初の純朴な状態の中で保存されています。我々の故郷の惑星の保護者、及び、執事として、我々は、原初の植物相と動物相を維持し、そして、何時もリラ人/シリウス人文明が、この惑星のシステムを最初に植民地にしたかがここで分かりました。我々が、貴方がたの黄白色の太陽の代わりに、青白色の太陽を持っているという点で、シリウスB星団系は地球と異なります。従って、太陽が我々のシリウスB星団系の空で輝く時、それは、更に青い色相になります。我々の日没を見た多くの人は、我々にとって、これらの色が想像出来るオレンジブラウンの最も豪華なオレンジ、紫色、及び、陰影であり、そしてそれらは、十分に述べるには余りにも絶妙であると言いました。 同様に我々は、貴方がたが地球に1度は持ったものの等価物である我々の世界の周辺に大空を持っています。この大空は、我々の故郷の世界、それ自身を維持することを可能にし、そして、我々にシリウス人の長く、健全な生命と、完全に予測出来る天候パターンを保証しました。我々の全体の惑星は、概して貴方がたの特別な惑星の、亜熱帯型の気候と呼ばれるであろうものにほぼ相当します。我々のシリウス惑星、特に我々の第3惑星は、それらは高低の分散を除き、年間で平均上限70度の中間で、地球より僅かに暖かいです。 我々のカレンダ-は、貴方がたのものと少し異なります。我々は、一太陽年が440日です。(各40日で11ヶ月) これは貴方がたの地球よりも、我々の惑星が太陽軌道から更に僅か外にあるからです。それが僅かに長いということを除けば、我々の一日は、凡そ地球の24時間周期に相当します。しかし、我々はこの24時間システムに我々のカレンダ-システムを維持する方法を発見しました。これは、何故貴方がたの惑星が入植するために選択されたかの理由の1つです。地球は、リラ星座における我々の故郷の世界のそれと同様に、昼と夜が同じ24時間システムを持っています。貴方がたがマヤ人カレンダーを研究するならば、貴方がたは、我々のシリウス人の銀河時間カレンダーの基礎的な要素を理解し始めるかもしれません。 (地球人類が銀河時間を研究し、又、経験することの重要性を理解し始めることは、本質的です。マヤ人カレンダーは、この努力のための優れたスタートポイントです。) シリウスB星団系の惑星のシステムについて、我々に最もユニ-クであるものは、その自然美、そして、豊富な生命エネルギー (プラ-ナ) です。この生命エネルギーは、それを全く信じられない状態にします。生物、及び、もちろん植物生命も同様に、全く異なります。例えば、我々のシリウスの木は、地球の木に対比して、それらの多くが茶色の樹皮の代わりに紫色の樹皮を持っていますので、色彩が驚くべきものです。恐らく、貴方かたが最も関心があるものは、我々が様々な飛び地に住んでいるという事実です。洞窟の様なシステム、又は、莫大な地下都市におけるどちらでも、我々の惑星のグリッドシステムの異なる部分のパワーノードの近くに建造しました。しかしながら、貴方がたが想像するであろうこれらの洞窟の様なシステムは、原始的な暗い場所ではありません。貴方がたは、驚くほど長く、且つ、絶妙な生命を許している地下の都市の土壌の下で生活することは、結局、貴方がたの惑星上で発生するでしょう。更に、我々は直接それらの隣にある表面上に寺院敷地と接続することを可能にする、現実の居留地である小さい植民地を持っています。この準備は、我々が動物、及び、植物と相互に作用するのと同様に、表面上でいくつかのエネルギーパターンを経験することを可能にします。この様に我々の惑星上の全てのレベルの真の保護者として働いています。 バ-ジニア: シリウスの山々が如何に高いか言って頂けませんか? ワシュタ: それらは、奇妙なことに、高度がちょうど11000フィート (3353m)である1つの山頂を除いては、高度が僅か3000-4000フィート (915-1220m)しかありません。 バ-ジニア: シリウスのこの記述は、非常に興味深いものです。我々は、同様に貴方がたの天候を知りたいと思っています。そして、もし貴方がたが地震のようなものを持っているならば。 ワシュタ: シリウスの霊的階層は、光と愛による異なる惑星のプレート構造の全ての動きを制御しました。従って、速いシフトの必要性は必要ではありません。従って、そこでは貴方がたの専門用語法を使うなら、我々の惑星上には地震はありません。 (シリウス星団系の第3惑星、或いは第4惑星のいずれも) 同様に、惑星の土壌のために、我々は、現在地球と関連していた風嵐、雨、及び、雷を持っていません。更に、我々は、最小量の火山爆発を持っています。あらゆる火山活動は、我々自身によって、そして霊的階層によって、必要とされるとき単独で制御されます。

「歴史と銀河人類文明の根本原理パ-ト2」

Posted by photn on 11.2008 アセッション
この第3の法則は、同様にAhn(儀式)を持っており、そして、このAhnは、単にKoo Sheeと呼ばれます。Koo Sheeは、家族、及び、惑星グループの知識のエネルギー、又は、光による光の創造の魂力と定義されます。これらのKoo Sheesが、首尾よく、グル-プによる親密さへの自己本質の概念によって同時に進むことを可能にするであろうことが、その希望でした。これらのレベルの意識は、それからこれらの相互接続されたグループが、如何に第4の法則に発展するかを理解するのに役立つでしょう。即ち、単に住居の惑星ではなく、しかもその上、太陽系の一部であるための一つの関係です。第4の法則は、星団系の偉大なKhas’ Koo、又は、太陽の、銀河の、そして、宇宙的なグループ知識のエネルギーと呼ばれたものと関係がありました。 従って、リラ人/シリウス人の伝統における教育は、2つの理由のために行われました。最初に、教育は、特定な生命の仕事に対して、個人的に用意されました。このプロジェクトは、如何にそれらの魂の通り道を、特定の形態の奉仕に関係したか、そして、如何にこの奉仕が、愛、及び、個人的な成長を表すであろうかを理解する際に存在を支援することでした。第2に、全ての個人が、それらが誰であったかを学ばなければならなかったと同様に考えられていました。従って教育は、その上この様相を含みました。リラ人は、自分自身を知ることが、意識の相互接続されたネットワ-クと光を創造するであろうそれらの奉仕を始める様に導くと考えました。各個人は、その結果他の生命、及び、他の現実を記憶していることを教えられました。これらの記憶は、忘れられるべきではありませんでした。しかし、むしろ各生命の過程において拡張されることでした。リラ人/シリウス人の伝統における生命は、短い一連の連結されていない出来事ではありませんでした。それどころか、元来創造されたそれを、更に高い生命エネルギーへ最終的な復帰のために各魂の力が準備した一連の意識的な現実から成りました。この宇宙とその周期的な秩序に対するこの偉大な愛は、リラ人文明の宇宙計画の基礎であり、そして、その首尾よい完成を維持しました。 時間の支配者は、更に、これらの法則が第1の法則が第4の法則に変えられた法則の拡大システムを創造することにより星団系の外へ即座に拡張されるであろうことを規定し、その後、第5、第6、及び、第7の法則へ、これらの次の4つの法則によって拡大しました。 * 最初の4つの法則は - 惑星のこれらの4つの法則は、銀河文明のための基礎です。それらは、地球の霊的進化 (十戒の様な) のための基礎です。 * 第7の法則は - 惑星相互間のこれらは、更に高い振動レベルに上げられた最初の4つの法則です。このように、第7の法則は、第4法則に起源があります。 * 第10の法則は - 次元相互間の現実が再び、振動は上げられ、そして、第10の法則は、第7の法則から得られます。 人間が第7の法則に達するまでに、第4の法則は、全体の星団域ための最終的なKhas’ Kooに発展するであろう惑星と太陽のKha’ Baa (グループの魂の力) に増大しました。銀河人類は、この様に、第1、第4、第7、及び、第10の神のエネルギーにおいて、具体化され、時間の支配者によって創造された様に社会を制御する神聖な法則を彼等の子孫に渡すでしょう。 全ての個人は、魂力のエネルギーの献身、及び、内部表現の鍵が氏族カウンセラ-によって与えられた教育の中にあることを知りました。これらのカウンセラ-は、彼等の氏族の高く尊敬されたメンバーでした。それらの内部の成長と、高い魂の力は、他のものを意識の更に高い状態に導くという神聖なタスクにおいて彼等を教育する権限を与えました。同様にカウンセラ-は、彼等が助言したそれらに与えられるであろう規定された儀式、及び、特定の瞑想を知っていました。この様に、幼年期から成年期、及び、儀式まで続けられた文化は、個人的開発の本質的様相でした。これらの儀式は、各個人が多次元の宇宙の本質を理解し、そして、十分に意識的な存在と、成長しているそれとの関係を確立するのに役立ちました。個性のこの本質は、他のものへの、そして、時間の支配者の究極の創造への奉仕の必要性と融合しました。- 物理的宇宙。 各個人は、その時、特定の目的を成し遂げるために、物理的宇宙に具体化されたものを、教えられました。同様に、各個人は、他の生存時代からのその記憶が忘れられてはいけないと、誕生の時から教えられました。この様に、特別なカウンセラ-は、各々に新生のもの、そして正しい関係にかなって現存する過去の生命の記憶、及び、新しい生命の目標を保持するプロセスを始めるために、それらの両親に任命されました。 それは、リラ人/シリウス人の文化におけるそれらによって、誕生の生命過程は、新生のものを共同社会に迎えるために、瞑想と儀式の特別なセットを持っているべきだと言うこと、そして、そしてその特定の目的を確認することであると信じられていました。最近獲得された物理的現実のその理由。従って、誕生は、各々、及び、全ての個人を含んだ意識の大きいネットワ-クへのうれしい終生の贈物の始まりでした。 第1の法則の下で、全ての個人は、それ自身の生命を発見し、そして、本質を愛し、又、如何にこの生命を使うかを学び、又、物理的個性のためにその目的を評価するために、本質を愛さなければならなかった。この義務は、前述の儀式による誕生から始まりました。そして、早期の幼年期の間ずっと維持されました。この伝統における両親は、割り当てられた氏族カウンセラ-によって、完全に準備され、そして、援助されました。各妊娠は、新生のものの準備、及び、その要求のシステムで始まりました。リラ人/シリウス人における両親には、文化は、生命の果てしない周期の始まりを促進し、そして、目撃することを意図している大きな特権でした。 生命の目的、及び、その喜びは、近親にとってばかりではなく氏族組織によって共有されました。愛は、各個人の意識の重要な部分であり、そして、各個人の生命の重大な様相になりました。例えば、人間が幼年期を通過すると、人間として、彼の、又は、彼女の起源、及び、最初の目的について速やかに学びました。若い子は、それらを含む生命の意識的なネットワ-クへの各々他の個性との相互援助の重要性と同様に、喜びの遊びを発見することを奨励されました。子供は、人類が、光と愛の宇宙霊的階層を援助し、そして、秩序と光を物理的宇宙にもたらす目的のために、創造された保護者種であることを学びました。この責任は全ての人間が真剣にとらなければならないものです。各個人は、最も早期の幼年期から惑星、及び、星の保護者、又は、執事として働く事を教えられました。これは、神聖なタスクでした。 保護責任者は、各カウンセラ-によって全ての若い子供に知らるようにされ、又、保護に関する授業は、儀式的例によって絶えず学ばれました。例えば、保護について学ぶことの重要な役割は、朝の短い睡眠から生じると行われた毎日の瞑想儀式でした。全ての人間は、生物圏を保つために、この儀式を行うことを要求されました。これらの儀式は、全ての年齢のために設計され、そして、成人生命のための準備として学ばれました。若い個人は、同様にして、一種の遊びとして彼等に教えられた儀式を探究することによって学びました。若い子供を氏族寺院に連れて行くこと、又、惑星の生命力エネルギーを拡大するために、彼等を毎日のセレモニーに参加することを可能にすることは、カウンセラ-にとつて一般なことでした。この毎日の儀式の意義を人類文明に発見する際に、子供たちは、様々なレベルの物理的創造を含む霊的エネルギーを認識しました。この儀式は、子供、又は、若い成人が、創造の今迄に展開したプロセスにおける時間の支配者、霊的階層、及び、子供の役割について学ぶのに役立ちました。それは、人間の個性、及び、全ての人間を含んだ物理的宇宙の一定の再創造の間における極めて重大なリンクでした。 全ての子がそれらを囲む多くの世界に気づいている状態になることは、銀河社会の法の重要な部分です。早期の幼年期の終わりまでに、子供は、内部の目的を現在の生命と関係づけ、そして、現在の目的を過去の生命活動に関係づける事が出来ます。生命サイクルの連続性は子供達に十分に説明されます。生命サイクルは、中断されるべきではないだけではなく、各々の過去の生命の目的が完全に忘れられるべきではありません。生命は、保護が極めて重要な部分として発展する連続的なプロセスです。意識のネットワ-クの関係した部分としてではあるが、自己は、ばらばらなもの、或いは、疎外された自我とは見なされません。この様に、儀式は、彼の、又、彼女の生命計画を理解し、そして、保護者精神がこの寿命のために適用できると思った特定の役割を表現するために、成人と同様に、若い子供を支援します。 子供の物理的現実を構成する家族メンバ、及び、友人が毎日の活動、及び、儀式に含まれることは重要なことです。全ての個人は、両親、及び、ある理由に対する責任を選択します。これらの理由は、子供の物理的現実の創造に関連している全ての人によって探究されなければならず、又、理解されなければなりません。鍵は何時でも焦点は、個性の開発を奨励するばかりではなく、この個性を創造することの一部であるそれらの関係の調査を開発することです。重要な儀式的習慣(監督された遊び)は、子供が生命を養育することの役割を理解するのに役立つために、そして、如何にその役割が、彼の個性を発見することに関係しているか、小さい動物と共に遊ぶことの様に、そして生物圏においてそれらの役割を評価することは幼年期間に制定されます。各人類の保護者の役割が、それが魂の力の深くにある状態にあるプロセスであるために発見されることは必要です。 各生命サイクルは、新しい現実を探究し、又、如何に人間の意識が光の広大なネットワ-クに、適合するであろうかを決定する機会でもあります。これらの光のネットワークは、他の知覚力のある種の全てを包括します。又、人類の魂の力が、結局、時間の支配者によって予言された光の大きい銀河のネットワ-クの形態に他のものと合併することを可能にします。種、及び、人類文明間の更に重要な個々の関係に纏わるこれらの関係は、第2の法則の関係に基づいています。親密さの関係は、愛によって別のものに貢献する事が何かを、十分な理解をもたらします。この愛エネルギーは、人類文明のための基礎であり、又、その連続的な存在の主要な理由です。 要約しますと、これらの法則、第1、第4、第7、及び、第10の法則は、フォトンベルトの到着直前の大規模な上陸が発生する時期に、貴方がたの文明に与えられるべきです。これは、貴方がたの文明が十分に意識的な銀河人類の文明になることであるからです。一旦、貴方がたが銀河意識のネットワ-クに入れば、貴方がたは規則を知り、又、貴方がたの保護が太陽系において首尾良く成功させるのに必要とされる責任を受け入れなければなりません。地球上に住む人間は、変えられようとしています。貴方がたは、起ころうとしている事について、全ての準備ができていなければなりません。そういう訳で、このシリウス人会議は、シリウス人の法則に関して基礎的教本を、たった今、貴方がたに与えました。これらの関係の法則は、生気に満ちています。それにも拘わらず、貴方がたは、これらの法則が単に初めだけ制定すると理解しなければなりません。このシンプルな導入は、貴方がたがリラ人/シリウス人 (銀河人類) 文明の完全な意味での更なる良い理解を得るかもしれないために、探索し、且つ、調査する、貴方がたのためのものです。貴方がたの重要な自分自身の遺産として・・・。
 

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。