Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年に巨大地震の可能性

Posted by photn on 28.2011 アセッション   0 trackback
古い記事ですけれど今の時代を記述しています。
極移動を予告する科学記事。

インディア・デイリー科学技術班
2006年10月17日

1995年からの地震、構造プレートの乱れや、海底火山の数を描画したなら、
あなたは不安になる事だろう。その数は、飛躍的に上昇しているのだから。

地球物理学によると、最大の問題は、構造プレートの変動が過去1年の間に、
重大な地震の発生を相当な数にまで拡大し、その発生率は急激に増大してい
る事のようだ。科学者達はこれを極の反転が原因であるとし、これらは2012年
まで継続すると考えている。非常に珍しい事に、太陽と地球の極性が同時に反
転すると言うのだ。これこそが、現在起ころうとしている事なのだ。この大災害が
地球に訪れるのは何時なのか。歴史が全てを導くなら、これらの地震、火山噴
火は2012年に至るまでその数を増加させ続けるだろう。

昨年1年間の周期的な中型地震は、構造プレートの体系的な乱れをスマトラ島
北部に思い起こさせている。現在多くの事象が、地殻の大激変が回避された、或
いは始まろうとしている事を物語っている。同様の事が、アメリカ西部及び北西部
に発生している。600回を超える小規模地震がこれらの地域で観測されているのだ。

学者達によると、全てのホットスポットはスマトラ島にあるようだ。イエローストーン
と他の多くの場所では、調和的な震動でさえも、極端に乱れている事を示している。

幾つかの事象を鑑みると、我々は世界規模の非常な大災害をもたらす群発地震の
面前に置かれているように見える。




スポンサーサイト

人類は「死の渦巻き」に直面している可能性があると科学者の研究結果が警告している

Posted by photn on 28.2011 アセッション   0 trackback
テレンス・エイム(Terrence Aym)
2011年3月22日

カンザス大学のレイモンド・ホイーラー博士は、最初にその恐ろしいデータを見た時、
殆ど震え上がったという。事の発端は、著名なロシアの科学者アレクサンドル・チジェ
フスキー(Alexander Chizhevsky)博士の、太陽嵐が紛争、戦争や死の引き金
となるという1915年の発見だった。それは死の渦巻きという。

チジェフスキーは、地球の磁場と相互作用のある太陽活動の上昇と下落が、集団の
人の考え方、機嫌、感情や行動パターンを変化させるという事を、熱心な研究によっ
て発見している。その全ては、太陽黒点と太陽フレアの影響だという。

ロシアの学者の研究に基づき、ホイーラーは、戦争や個人の喧嘩を分離するため、
1930年代に数字で加重した序列法を応用し、それらの深さと重大性を算定している。

それから彼は、11年毎の太陽黒点周期の間に集めたデータの中から、印象的なデ
ータを抽出していった。

現れた結果はゾッとさせるものだった。

11年の太陽周期がピークに達すると、人間にも動揺が現れ、暴動、反乱や国家間の
全面戦争が起きるという。それは殆ど、あたかも激しい磁力の急増が直接人間の脳
に影響し、人類を憎悪に満ちた癇癪的な感情にさせ、狂乱した殺人騒ぎへと駆り立
てるのだ。

暴行が急増する。殺人は増加する。そして激情の爆発によって血生臭い戦争や反乱
が、地球の全面で発生する。

ホイーラーの研究は、遡ること2,500年に及ぶ人の歴史の傾向を明らかにする。

ソーラーサイクル22

1990年の間、太陽による最大の熱狂は、イラクがクウェートに侵攻し、米国がサダム・
フセインの軍と戦い終了したような、世界中で小競り合いを引き起こしている。

その11年後、9-11のテロ攻撃がニューヨークとワシントンD.Cに対して行われ、それに
続いて2つの戦争がすぐさま連続した:アフガニスタンとまたもやイラクで。

11年の太陽周期によると、2010年末に太陽活動が次のピークに達すると、地球の磁
場の崩壊によって、動揺、不安定、反乱、戦争の勃発、破壊や大量死がまたもや引き
起こされる。

時計仕掛けのようにそれは起こる。

突然、ニュースは、チュニジア、エジプト、イエメン、バーレーンやサウジアラビアの
反対運動の増大で満たされる。それはシリア、リビア、イランや中国にも広がってい
る。欧州も免れてはいない:英国やフランスでは人心が動揺し、ギリシャでは暴動が
拡がりを見せ、スペインは圧力を感じており、また米国でさえもウィスコンシンで怒り
の暴動が起きている。

磁性の熱狂

太陽フレアが増加し、太陽活動がより強烈になるにつれ、地球上では誰かが正気を
失うような、凶暴性がより増大する事が見込まれる。

そのパターンは疑う余地がない。太陽周期が最小から最大活動期となる間のキーポ
イントでは、地磁気フィールドは砲撃を受けているかのように激化し始める。その引き
金は、活動が頂点へ向かって加速している時か、最小に向かって下降している時とな
る。

続く70年間の多くの研究によって、磁場が人間の脳の電気化学的活動に相互作用し
、異常なホルモンの変化を引き起こし、脳波の活動を著しく変化させる事を含んだ、深
く根ざした心理的メカニズムに影響する事を示している。

磁気のモンスターは、一般大衆のヒステリーや手に負えない精神病を引き起こす。

言い換えるなら、世界が発狂するのだ。

ソーラーサイクル24は、最悪の可能性

ソーラーサイクル24が始まった。NASAや世界中の他の宇宙機関は、それについて
警告している。このサイクルは、暴力的、予測不可能であり、脆弱な21世紀の地球
のテクノロジーにまで影響を与える可能性すらある。

最大で50にもなるそのうねりは、記録破りのソーラーサイクル23よりも多く、X-フレ
アは人が目撃したどのフレアよりも大きい。このモンスターサイクルの最大強度は、
2011年から2012年に達すると予測されている。

恐らくそれは、最悪の時に到来する最悪のソーラーサイクルとなるだろう。さらなる戦
争、さらなる死、さらなる国の倒壊や住民の罹災が予測される。

加えて、さらなる研究の結果、磁極の移動と地球のコアの変動と結びついた磁気嵐
の増加が、2011年3月に日本を襲った大災害のような自然災害や、魔女が調合した
真の狂気、騒乱や大量死といった不吉なシナリオが明らかにしている。

ベッカーとフリードマンの平安をかき乱す発見

恐ろしいパズルのピースがピッタリと位置に収まったのは1963年の事だった。形成
された絵は、地獄の底からのものと同じであった。

ロバート・ベッカー博士(Dr. Robert Becker)とフリードマン博士(Dr. Freedman)
は、重要な発見をしている。彼らは、太陽活動の激化は精神異常者の発生や集団的
狂気に直接結びつくことを確定した。

ベッカーとは何者か?いかれた狂人の一人なのか?

それは違う。

ロバート・ベッカー博士は、開拓的な研究者であり、生物の電気学の分野では第一
人者だった。ノーベル賞には2度ノミネートされており、またベッカーはニューヨーク
州立大学の正教授で、著名な作家でもあった。

2008年にベッカーは、2010年から2012年が近付く事に関して警告を発しながら死
亡している。

耳を貸す者は少なかった。




現在は9段ピラミッドのトップの位置

Posted by photn on 22.2011 アセッション   0 trackback
マヤ文明の9段ピラミッドは、時空間の構造と意識の進化を示している。1999年~2011年までは8段目のステップで、今は最後のトップ。次がない。人間はとうの昔に、銀河意識になっていなければならなかったが、遅れている。

トップは2011年3月9日~10月28日。この期間に今までの過去が全て圧縮されて再現する。9段の各ステップ20倍すつ時間の速度が速くなっている。




 

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。