Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月6日~9月12日の一週間、中でも9月9日はエネルギーが強力になり入口を開く日

Posted by photn on 09.2012 アセンション   1 comments   0 trackback
今年のこれからの月と日が同じ数字の月日、9月9日、10月10日、11月11日、12月12日の、その前後3日間を合わせた1週間は、宇宙からのパワーが強力になるようです。
この中で一番強力なのは11月11日のようですが、この9月6日~9月12日、その中心日の9月9日は入り口を開く日であるとのことです。確か、7月末に「プレアデス高等評議会」が5次元へのポータルを地球に設定したとのメッセージがありました。これにより、5次元へ入る環境は整っています。これらの環境の中で、5次元へ入る選択をするかどうかは、全て皆さんの自由意志に任されています。この9月9日は入り口を開く日だとのことは、まず、意識(ソウル)のみがこのポータルの出入りが可能になるのではと思われます。

昨日お伝えした「宇宙と一体となる意識」でもいいし、ご自分の瞑想方法でも良いと思いますので、ご自分の意識が5次元の入り口を通るイメージを想像し、その練習をしてみてはいかがでしょうか。
この6日間、10月10日、11月11日、12月12日の前後3日を含む1週間、合計4週間、27日間ありますから、練習期間は十分だと思います。
最初は、意識のごく一部しか通すことが出来ないとしても、練習を重ねるうちに意識のほとんどを通せるようになるのではと思います。

そして、12月21日には肉体の変容も進み、肉体を伴った次元上昇が出来るようになるのではと思われます。
しかし、これらは、あくまで、皆さんの自由選択であるということです。

数字の9は完了を表します。
9月9日は完了の月の完了の日になります。
この9月9日は意識の「岩戸開き」の日なのかもしれません。

この日を境に、世界の多くの人々の意識が変わり始める日となるのかもしれません。
もし、そうであれば、大量逮捕や隠されていた重要な真実がマスコミで報じられることになるかも・・・




スポンサーサイト

知覚は夢の現実しか見ない

Posted by photn on 09.2012 銀河連合   1 comments   0 trackback
人々が最後の丘に登り始めているので、新世界のビジョンは、 今では目の下に見えていて、大好きなバカンスの隠れ場所から愛する者宛に送った待ち焦がれていた絵葉書の絵のように、水平線が視野に入ってきています。こ の日が来るように、ほんの小さい役割でもこなしてきたあなた方全てに暖かく言いますが、あなた方の光への奉仕は忘れられることはなく、見過ごされることは なく、時間を取り、努力を払い、あなた方がここに来て、忘却と倦怠の蜘蛛の糸を払い落とし始めた後に約束していたことを実行したことについては本当に賞賛 されることです、と。

ここには非常に多くの、ライトワーカーファミ リーと呼ぶあなた方の兄弟、姉妹たちがいますが、この開放、この知識に目覚めている人は多くはありません。いまだに眠りから目覚めず、忘却の状態から脱し ていない、目と知覚から膜が剥がれていないあなた方の兄弟、姉妹たちがいます。これについてはどうしましょうか?私たちは会議用のホールに最高の思想家 と、最も尊敬されているプランナーを招集し、提示されたこの問題に対する実行可能だと感じられる解決策を考え出しました。


これが私たちがここで行っていることです。障害 の排除を求め、この問題に対する解決策を探すために会議を開き、この、次の扉を開く、いわば鍵を求めます。私たちはここでの問題を発見し、解決に取り組 み、解決をします。そう、これが解決策です。解決できるという保証はないものの、これらのソウルを”休息状態”に置いたままにし、適当な時間枠、この者た ちのサービスがもはや必要がなくなった時点、しかし、私たちのミッションとは正確には関係がない彼らの個人的な問題にまでこの惑星の状態の向上を支援する のが多くの点でよいと思われるようになった時に、覚醒させることにしました。


あなた方がもっとはっきり分かるように、これをもっと詳しく 説明するために、これから先の日々に、この惑星の多くの人たちが遭遇する個人的な問題があるとしましょう。これらの問題は、私たちの課題、又はこの惑星に 対するサービスのプランとは多くの点で関係がないものかもしれません。私たちは、この世界の人々に関する事を処理するためにここに来ているのではないこと を忘れないようにしてください。ここは、結局はあなた方の世界なのですから、これはここの人々の旅であり、必要がない場合には口出しをせず、干渉もしませ ん。別の言い方をすれば、この世界の人々の”個人的な”問題、自分で設定した目標は確かにあるので、最も適切だと感じられる取り組みは、自分の道を自分で きれいにし、自分の軌道を自分で照らし、少なくともある距離は自分だけで進ませるというものです。


これが少なくとも私たちのプランでした。今で は、いまだに目覚めず、自分自身と、私たち、光の銀河連合との転生契約を満たしていない多くのライトワーカーがいるので、他者への如何なるサービスであろ うとも実行する第二の機会を与えようと思っています。こうすれば、彼らの希望に沿って、私たちの仕事の完了後、あるいは、彼らが私たちの組織、又はここに いる別の組織への復帰後にふるさとに帰還できますし、この人たちが、契約の線に沿って他者への奉仕を少なくともある時間実施したと言えるでしょう。


ここで説明したことが分かるでしょうか?これである程度明ら かになり、これをさらに検証する理由はないと感じられます。あなた方、目覚めたライトワーカーには、会議を招集し、あなた方個人を含めて結論を得たことを 知ってほしいと思います。このメッセージを読んでいるあなた方は一つ以上の理由でここに来ているのですが、この時点で私たちとの契約を満たしておらず、自 分自身との個人的な契約も満たしていない人が見られます。ある人たちは主に二つの理由から、ある人たちは、それ以上の理由からここに来ているのに、まだ契 約を満たしていない人がいるのです。


あなた方の契約に関係する活動又は仕事に携わら なければならない人には、ゲームを行い、ボールを転がすにはまだ遅すぎると言うことはない、と言いたいと思います。これについてはどう思いますか?そう、 少なくともあるレベルで起きる衝撃的な開放に対する備えがまだ出来ていないこの世界の多くのことがあると感じられるので、現在の世界の政府を通じて重要な 宣言をするようには決めていないにもかかわらず、私たちのことを紹介出来るように人々に備えをさせる助けをするのは、決して悪くはないと繰り返して申し上 げます。疑う余地もなく、私たちがここにいて、しかも少ない人員で、わずかな数の宇宙船ではなく、極めて多数がいると言うことを、今積極的に、少しでも試 し、調べる事によって、私たちの存在を見たいと思う人全てにそうさせるように他の方法の実行を計画しています。


これがプランであり、見たいとは思わない人に は、現在の暮らしを、あたかも何も変化しなかったかのように、続けさせます。別の言い方をすれば、別の光景が見られ、”ここには、他には誰もいない、私た ちだけだ”、と言い、この宇宙全体にはこのような人のみが存在すると言う夢を見続けたいと思うのなら、私たちはこの人たちに、うまく行くように、誇りを もって、自信を持っていてくださいと申し上げ、夢から醒めるような手出しはしません。これがプランですが、この世界の多くの人たちが自分が望むものだけを 見て、望まないものは一切見ないという目覚しい才能に長けているのが見られるので、このプランは、うまく行くと感じられます。


この特定の惑星のこの才能は、多くの私たちの要 員の意見では、宇宙的にも目覚しいものです。別の言い方をすれば、地球の人々である人間種は、私たちが会ったことがあり、喜ばしくない、同意できない、経 験したくない、信じない、あるいは共振しない、不可能だと思う、あるレベルで可能性が低いと思う現実のあらゆる部分を閉め出すために、この宇宙で共に働い たことがあるあらゆる存在を凌駕する目覚しい才能を持っている、と言いたいのです。私たちの宇宙船が来ようと、防波堤が構築され、フリーエネルギー装置が 配布され、あらゆる種類のプロジェクトやプログラムが地球全体で行われ始め、地球の表面全体が顕著に、劇的に、急速に変化し、サイエンスフィクション作家 が描く想像に満ち溢れた美しい光景のように、社会が未来志向型のものに見えるように変化しようとも、これらの人の多くは、あらゆる変化、あらゆる証拠に追 随出来、それらを退ける奇術的な、又は学問的な行き方を見つけ、それらを退け、退かせ続ける方法を見出したので、自分の現実に対する知覚が自分の経験と完 全には合致しないことを遠ざけるよう主張し、放棄し、阻止し、証拠を無視し、その代わりに、現実とは、自分が暮らし、自分が周囲のものを目で見ることを、 見る者の目の中にあるものとして知覚したものであるとしてこだわります。


彼らはこれら全ての事を退け、政府や秘密結社、 無分別な科学者、芸術家、悪ふざけや幻想、テレビプログラムを信用する方法を見出すでしょう。そうです、これがこれらの人たちが言うことです。私たちの観 察チームは、結論とは理論どおりにならないこともあるにもかかわらず、科学者や研究者たち、およびある最高の思想家と共に、これがここで起こるであろう事 であるとの結論を得ました。今ここに見られるように、現実、個人の知覚、意見、観点の分離が起こっています。高次元の存在の見方、暮らし方が出来る人たち と、低次元に暮らしている家族、友人、配偶者との間では、分離の程度は変わりますが、実際には何も変化しません。


ここで差し上げているヒントが分かるでしょうか?なぜなら、 繰り返しますが、ある人たちは、同じ言葉を読んでいても、同じものを見ていても、同じ事象を目撃していても、ある瞬間に、他の人に見えないものを見ている からです。私たちがここで行ったことは、あなた方が自分固有の目と心で感知したレベルがどのようなものであろうと、ヒント、手がかりを示したことです。同 じ質問をする人が多いと感じられますが、非常に直感的で、この質問がどのようなものであるかを、まさにこのメッセージを読んでいるこの瞬間にイメージでき る人が非常に多い一方、イメージできない人も多く、

また、イメージしようとさえしない人、したくな いと思う人、このヒントが回答を助けるの質問をイメージするような動機を感じない人がいます。この質問がどのようなものかは言いませんが、最近の歴史のこ の期間全体で、これは私たちに対して最もしばしば提起された質問であり、あなた方が相互に提起した質問であり、あなた方が自分自身にぶつけた質問であるこ とを思い起こしてほしいと思います。


これが今日のメッセージです。あなた方にお伝えするメッセー ジに関しては、極めてよくスケジュールに乗っていて、このペースを維持するために長ったらしいメッセージを伝える必要はありません。そうではなくて、計画 通りにスケジュールを守り、あなた方の歴史のこの期間の終わりまでに、もうめくるべきページは残り少なく、最終ページがめくられたら、あなた方の基本的 な、重要な、貴重な役割を演じたこの物語全体が明らかになり、全ての登場人物とイベント、陰謀のより糸、敵対者、連合、愛人、神秘、サスペンス、および信 じがたいクライマックスなど全てが解決に至り、カバーが閉じられる時にあなた方にとって全てが明快になり、ここでの旅の本のこの章の最終ページがめくられ ようとしているので、めくられるまでに、あなた方のために全ての切れ端をつなぎ合わせて得られる大画像の、一切れ一切れであると感じられるものを伝えよう としています。


私たちはペンを手にしているあなた方の作家仲間である、光の銀河連合です。

これはグレグ・ガイルスによるチャネリング結果 です。




「ハートで生きる」

Posted by photn on 08.2012 Lightworker-Japan.jp   1 comments   0 trackback
大天使ウリエル/ ジェニファー・ホフマン
9 月のエネルギー

~ジェニファー・ホフマン

2012年の旅は多くの点で思い出に残るでしょう。誰にとっても大きな可能性に目覚めますが、必ずしも楽しいことや面白いこと、前向きなことばかりではありません。アセンションは見込み通りで私達がそれをやり遂げます。それをやり遂げることが、今、決意しなければならない道です。3ヶ月間の感情的精神的な掘り起こしにさよならをし、今まで学んできたことでこれからの4ヶ月間をどうして行くかを決める月になります。それから意図を持って実行する決意をして今後の人生を進みます。



9月は2つの大きなイベントがあります。9月19日の天王星―冥王星は、2015年3月に終わるシリーズの2回目に当たります。29日は牡羊座で強い満月がこの直交を際立させます。答えを探し続けることや変えようと考えたことを実行することもできます。世界は問題の答えを探します。私たちが答えなのです。世の中にすぐ反応する自分というものが分かり始める時は、終わりのない混沌無秩序やコントロール支配、恐しいことや不気味な波を追い続けるのではなく、一歩足踏みをして自分のエネルギーを省みることができます。



変化に抵抗する時は自分の中をもっと調べることがあります。抵抗は情報の埋蔵物です。その中には恐れがあり、固執して失いたくない何かがあるのです。あるいは、変わることで力を失うと感じさせるものがあるのです。物事が動かない時は、それをすることになっていないか、無意識に成長と変化を拒んでいるからではありませんか? そこは、自分の力を手にして自分をマスターしようとする際に滑り落ちてしまうような傾斜地なのです。



この天王星―海王星スクエアで気がついたことがあります。この惑星の内ひとつが、常にスクエアの間、後方に引いているのです。海王星が私たちの心の世界のどぶさらいをし、天王星が行動に駆り立てるという押し合いへし合い効果を生みます。その時に行動の結果を知り、その後で維持していくもの、捨てるもの、元気にさせるもの、消耗させるものを選ぶことができます。9月は、もう一度前進を開始し、最高善と自分のニーズに合うことをしていることを常に確かめてやっていくことができます。「これはしたいことなのか?」と問いかけることが、意図通りにするいい方法です。



9月のキーワードは実現です。しかし、人生が上り調子になる素晴らしいことをしてその頂点に達した時が実現だと考えてしまいがちですが、喜びや平和、愛、豊かさなどを感じていれば必ずしもその限りではありません。何かで満杯になる時が実現と考えますので、喜びや豊かさ、恐れ、混乱、疑い、心配、痛みなどでも「いっぱい」になります。何でいっぱいにしますか? どのくらい長く何にいっぱいになっていましたか? 他のものに置き換える時ですか? 今月は、心満たされるものが何か、それに注意を払う時です。それが、欲しいものを十分持ったという状況です。周りはかなり早く動いています。非常に早く物事が現実化します。



物事に囚われない心になることです。心にあるものは現実になります。それがエネルギーです。本当に大切なことを実現してください。前にエイリアンについて予言しました。9月にあるでしょう。今度、アーカンサスで9月21日から23日に行われるアースキーパー・クリスタルアドベンチャーというイベントで複数のETと会うことになると思います。目をぱっちりと開けているつもりです。



素晴らしい月にしてください、パワフルな意図をもって、何事も望むことで心が満たされるように意図してください。



たくさんの祝福を

 



ウリエル・メッセージ  

ハートで生きる

Channeled by ジェニファー・ホフマン



人生の可能性はハートと魂が知っている中にあります。しかし、皆さんは可能なことをマインドで考えて決め、その結果歯止めがかかって最も高い可能性が現れません。ハートで生きるには勇気が要ります。夢の本質はそこにあるのです。また、結果がついてきて奇跡が起こって夢が実現するようになるのです。それには、人生やその可能性についての考え方・見方を大きくする必要があります。それはマインドでは決して捉えきれず、その事自体、あなたにとってどういうことなのかを描き出すことはできません。



3次元の限界は人生の課題を反映しています。それはまた、神聖さと人間を分け隔てています。神聖な世界では、ハートとマインドのパートナーシップは愛で導かれます。人間の世界では、マインドはそれ自身によって進み、マインドに支配された感情的なハートで過去に起因した現在を選びます。ハートで生きることは最高の質のハート、生得的な聖なる無条件の愛と平和を選択することです。人間は先天的にカルマを持ち、愛の可能性を持っています。愛はあなたの神聖さを自分のものにして一体になることによってハートで見出されるものです。ハートで生き、感情を超えたところにあるハートのエネルギーを発揮する時に、アセンションの道は神聖さを取り込んでいくようになります。



自然に世界が平和や愛、喜びになるのではありません。世界は、そうなって欲しいという皆さんの願いによって生まれます。世界は人間の鏡です。皆さんが心からそうなるようにエネルギーを流さない限りもっと愛と平和と喜びは反射しません。世界の波動を上げるということは皆さん一人ひとりがやろうとしてきたことです。たった一人の覚醒した教師やマスターがこのアセンションに責任があるわけではありません。皆さんは、一人ひとりが教師でありマスターです。皆さんは、自分の波動を変える度に世界の波動をシフトさせます。



ハートで生きることを選択するとは、どんな経験もその高いところを選ぶこと、意識的に愛を選び、手放すことを選び、平和、喜びを選ぶことです。そのような高いエネネルギーは皆さんにすべて届き一つ一つの経験で感じられます。しかし、皆さん自身が進んで意図的に行う選択です。ハートで生きる時には、ハートはマインドの限界を遥かに凌ぐほどの現実に拡大し、無限の可能性を持てるような力を持つことができます。そして、それまで未知だったものへと進んでいけるようになります。闇の時は、いつでも光に通じる可能性があります。恐れは、愛の可能性を秘めています。悲しみや痛み、絶望、無力感などは選択によっては、どれも高い可能性を秘めています。ハートの中に入り、勇気を出してハートで感じること知ることを広げ、高い可能性を手にしてください。この人生と世界に対してそのようになれるのです。地上天国はハートで生きる道に沿って創造されます。あなたの神聖さがあなたという人間に拡大して創造されます。



Q&A: なぜ人生はあちこち定まらないのですか?

 ~ジェニファー・ホフマン

Q: 何年間もスピリチュアルな道を慎重に意識的に歩いて来ました。必ずしも楽ではありませんでしたが、大きな進歩をし、ずっと自分自身でいられる様になり、人生でしたいことに繋がっていると感じています。最近気がついたのですが、自信がついて、スピリチュアルな道で居心地がよくなればなるほど、人生にドラマのようなことが起こり、また、望んでもいないことに戻っているような気がします。もう離れて手放したいと思う人と一緒になってしまったりします。これはどういうことでしょうか?



ジェニファー: 先ず、自分を引き離してそのような見方が出来ることにおめでとうと自分に言い聞かせてください。何かにはまって収拾がつかない状態になってはいません。戸惑っていますが、それは、違った面でどうしてそういうことになるのか、彼らと同じ場にいる理由がはっきりわからないからです。この場合大事なことは、周りとは違うということに気づき始めているということです。そして感情に任せて反応するのではなく、一時停止して自分の反応を考えています。



自分の内外にはいろいろな違うレベルのエネルギーがあります。望めばどのエネルギーにもいることができます。その選択が意識的である時、波動を選んでいることが分かります。意識的にならないと、波動は一番低レベルにあり、ある面で恐怖がそれです。このような選択がいつも、どんな状況でも生じています。高いレベルの波動になるか低くなるか、そういう動きがずっと続いています。ドラマ・カオスか、平和・喜びか、出会う物事や人によって自分がどのレベルにいるのかを知ります。



もう一つのこの件の側面は、人が、どのようにあなたの変化に影響を受けるかという点です。人はあなたのエネルギーが変わってしまっているのを感じ、ずっと遠くまで行ってしまったかのように思います。もうあなたとは親しくなれなくなるのです。だから周りの人はドラマや恐怖に陥り、あなたを彼らのレベルまで引っ張り込もうとします。でないと、残された道はあなたに合うところまで自分たちの波動を上げなければならないからです。それが怖いというのであれば、自分たちに合うレベルまであなたの波動を下げようと何でもするのです。ドラマは今のあなたには不愉快です。以前だったら耐えられたかもしれませんが、今はドラマのエネルギーのレベルにはいません。だから、あなたはそこに繋がることができず、気分が良くないだけなのです。



それぞれのエネルギー状態が自分の望むエネルギーかどうか、共鳴するものかどうかを問いかけることを気にしないでください。平和、喜び、愛の意図にマッチしたいですか? マッチしていなければ、合わせることはありません。それが、選択に気づくということです。その選択で望む波動でいることができるのです。そのような選択肢がいつも目の前に現れます。で、あなたは何を受け入れたら自分のエネルギー場にいられるのか、その選択肢があります。一番パワフルなツールは、「いいえ、結構です。これは私の意図に役に立ちません」と言えることです。そしてやり過ごすのです。自分の意図やエネルギーに意識を向けることによって、自分のレベルを維持し自信を深めると、彼らがやっているドラマやカオスは自分には合わない、合わせる必要のないことだということが分かります。







Q&Q:食べているのは誰か?

   ~ジェニファー・ホフマン



Q: 夫とは20年以上も結婚生活をしてきましたが、夫は私から離れました。離婚するつもりでいますが、非常に怒っています。彼には何も問題のあることをしていませんし、彼は幸せそうだったのに離れて行きました。人生を取り戻したいのですが、ずっと泣いています。この怒りが収まりません。彼に戻ってきて欲しいとは思いませんが、今後どうしたらいいのか分かりません。助けてください。



ジェニファー: 気の毒ですね。でもあなたが自分に正直になって、仮に彼を連れ戻して玄関に現れたとしても、私は、答えは「ノー」だと知っています。20年間、あなたは結婚生活を支えてきました。理想とする関係を作ろうとしました。彼を支えるためにベストを尽くしました。だからあなた自身のニーズに合った関係を持つことができたのです。あなたが彼のニーズに応え、どんなに彼があなたに愛され感謝されているかを分ってもらえたら、彼はあなたが望む夫になると考えたのです。



今、あなたは怒っていますが、それは、彼があなたの努力を認めて感謝していなかったことに気づき始めているからです。また、20年間人生を無駄にしてしまったと思い始めいるからです。でも、あなたは何も無駄にしていません。彼の反応はあなたにしてあげられる一番いいものでした。これから、そのことに満足し、彼をそのように見ていくでしょう。怒りは二人の繋がりを保とうとし、あなたのエネルギーを彼に食べさせることになります。彼も結婚生活の間同じようにあなたに食べさせました。



自分のニーズが満たされるかどうかを考えないで人に与えると、自由に食べさせることになります。あるいは、相手の好きなように自分のエネルギーを使ってしまいます。お互いの境界線がないからです。食事を作っておきながらいつ食べるのか決めていないことと同じです。食べ物はテーブルに並べてあるので、皆、好きな時に食べればいい、そう思うのです。それから怒り出すのです。なぜなら、あなたはいつも一人きりで食事をしているからです。相手に思いやりがないと思うから怒るのですが、またあなたは、境界線を引くのが怖くもあるのです。あまりに命令口調になったり言い過ぎると、「ノー」と言われるのではないかと思うからです。あなたの心の中では、これは本当のことだと知っています。何も持たない人に要求し過ぎると、相手は「ノー」と言って逃げ出すことは知っています。



このような人は、大変欲しがりやで、貰っている間はお返しするものが何もないと思っています。あなたが与えれば与えるほど、自由気ままに受け取ることができ、お腹がすいた時や飽きた時、疲れた時、何かが必要な時は口に入れて、それからあなたが十分与えてしまった時には、もういないのです。このような人に返してくれと言うやいなや、相手は頭を抱え込み逃げ出すことがよくあるのです。



あなたの怒りは、あなたの別のパートナーが勝手気ままに食べることも許してしまいます。あなたの人生にやって来て欲しいものを手に入れ、もうあなたの気持ちが彼から離れているので、好きな時にいなくなるようにさせてしまいます。あなたは疲れています。怒りは強い感情で、そのままだと辛くなります。怒りは、また、前に進めなくします。結婚生活に望むことを得ようとして未だにしがみついているのです。それは、終わりにする必要があります。だから、そのような関係を断ち切って自分のためになる境界線を引いてください。そうすると相手の欲しいものを食べさせる関係を終わりにさせ、あなたがしたいこと必要なことに集中できるようになります。かつての人生のあり方は終わりにして、自分のニーズに合うパートナーと自分の役に立つ人生に踏み出すことができます。




 

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。