Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁極移動

Posted by photn on 21.2016 未分類   1 comments   0 trackback
40-300x166


地球に対して未知の巨大惑星が近づいてきています。この惑星は、地球の約
10倍の直径で、太陽系以外の系に属しており、いわゆる第9の惑星とも違うも
のです。

この惑星は、接近してきて、最接近の後、遠ざかってゆきますが、最接近位置
近くでは、太陽や、太陽系の惑星による引力のバランスが崩れます。
従って、磁力バランスとは異なる力の作用によって、地球がバランス位置にまで
回転し、その間磁極が移動します。

北極は、太平洋上の東経0度の位置を南北に移動し、最終的には、現在の南
極の位置が北極になります。
問題は、極の移動過程です。磁極移動は、2016年の8月19日、20日に起き
る地軸の揺らぎの時点では、すでに始まっていますが、本格的には2016年9月
12日から始まり、最終的に北極が現在の南極の位置から現在の北の方角へ2
0度ずれた位置に収まる、11月10日まで続きます。
この間平均時速約60kmの速さで極が移動します。最初の5日間、および最終
の5日間には、磁極移動の加速、減速が起きます。
時速60kmの定速で極が移動している間には、常に地面の振動が感じられる程
度です。
しかし、加速、減速の期間では、マグニチュード7の地震で感じられる程度の地面
の揺れが起きます。

これが世界中のあらゆる地点でおきるので、これまで地震を経験したことがない
地方では、建物が耐震構造となっていないために、大きい被害が生じるでしょう。

9月22日から10月2日までの10日の間、地殻に加わる圧力のために、富士山
の南斜面が爆発、噴火するでしょう。
この期間には、磁極が太平洋上に移動しているために偏西風の代わりに北風が
吹き、富士山の南側に位置する、富士、沼津、熱海、伊豆、伊東、河津、西伊豆、
下田、南伊豆の各市、町が火山灰の降灰被害を受けるでしょう。

世界中で、富士山以外の火山が刺激されることはないようです。また特に大きい
地震や津波も起きないようです。

北極が現在の南極から北に20度ずれた位置に移動するために、例えば日本は、
角度にして約20度分赤道に近くなります。
世界各地の気候が、極地移動とそれに伴う赤道の位置変化によって大幅に変動
します。
ですから北緯35度の東京は、北緯15度程度になり、熱帯気候の土地になるでし
ょう。
ニューヨークは、現在北緯40度ですが、北緯50度以上になり、冬の寒さが増す
でしょう。
ここでは各地の新たな緯度を一つ一つ計算はしませんが、世界の皆さんは、各自
の土地の新たな緯度と、それに伴う気候変化を調べることができます。
問題は世界各地の農業生産の播種、収穫スケジュールを作り直さなければならな
いことでしょう。
この変化は皆さんの生活環境を大きく変化させますが、恐れることなく新たな環境
に適応されるようお願いします。

追伸:このメッセージを英訳している時に、オリオン評議会から、極移動の間、およ
び極移動の後に、猛獣が生存に適した場所を求めて大量に移動するので、人間は
なんらかの対策を打つように、との連絡が入ったので、このメッセージを読んで思い
当たる方には、適切な処置を取られるよう、お願いします。
また、この宇宙ではない別の宇宙の評議会のソマリアメイヤス氏から、家畜類の生
活環境の変化についてもよく考えるように、との注意があったことを付け加えます。

宇宙評議会のジャイコムメイヤス議長からは、9月12日の磁極移動の本格化以前
から、磁極移動の完了までの間は、全ての原子力発電設備を停止しておかねばな
らない、との連絡がありました。

Pole Shift Information From Polsommeiyas of Earth Council
17 August, 2016
Chaneller: Taki Chino
The below following information has been transmitted from a 10 th dimensional soul Polsommeiyas of Earth Council.
This is a very important viewpoint to be considered and therefore opened to all of the people in the world. Please share it and make viral.
A big unknown planet is approaching to the Earth at the moment of which diameter is approximately 10 times larger than that of the Earth, belonging to a star system other than the Solar system. It is also different from the so called Niburu and the ninth planet of our solar system.
This planet is approaching to the Earth rapidly and proceeds to disappear far away from the Earth after reaching to the nearest location to the Earth. At the position near to the Earth, the balance of not electromagnetic forces but forces of attraction among the Sun and planets change. Accordingly, the Earth will rotate to get the most suitable balancing point, and the position of Earth pole will shift following to the balancing moment.
North pole will shift along the line of 0 degree of east longitude up to the last settling point near to the south pole, 20 degrees north from the present south pole position.
The matter to be taken care of is the process of the shift and the effect of the position of the poles after the shift. The pole sift will be occurring from the time of wobbling of the axis of the Earth anticipated on the 19th and 20th of August, 2016. The pole will start to shift in full scale from the 12th of September, 2016 and keep moving until the 10th of November, 2016 when it sits at the final position, 20 degrees north of the present south pole. During the first and the last 5 days each, acceleration and deceleration of the sift will occur. The move of the Earth will not be serious during constant speed shift. However, during the first and last 5 days, the Earth will face severe shake like that felt during earthquakes of magnitude 7 because of force of acceleration and deceleration. Many buildings and structures in the region where no earthquakes have been experienced with adding no anti-earthquake consideration to the building design will collapse. It is recommended to stay outside of buildings during these periods.
During 10 days between the 22th of September and the 2nd of October, 2016, due to the pressure added to the Earth crusts, southern slope of the volcano Mt. Fuji will erupt and volcano ashes will cover the cities and towns like Fuji, Numazu, Atami, Izu, Ito, Kouzu, Nisi-izu, Shimoda and Minami-izu located south of Mt. Fuji where the normal west wind is changed to north wind because of the shift of the Earth axes. Volcanoes in the world except for Mt. Fuji will be activated. And serious earthquakes or tsunamis will not occur during the shift.
After the shift, north pole will be located at the position 20degrees north from the present south pole. Therefore, for instance, the location of Japan will be changed nearer to the equator. For example Tokyo of which altitude is 35 degrees north latitude will be at approximately 15 degrees north latitude of which climate is just like at the torrid zone. New-York of which north latitude is 40 degrees will be at about 50 degrees north latitude and much colder in winter. It is suggested to check north or south latitude and the anticipated climate after the shift by yourself. A serious problem would be to rescheduling of agricultural production due to changed climate. We hope you can accommodate the new climate although the new life style might be a bit too different from the former one.
Postscript :
Council of Orion has pointed out that wild carnivorous animals like lion and leopard might relocate their living territories during and after the shift and persons correlated are recommended to pay maximum attention. Also Mr. Somariameiyas of council of another universe has pointed out that farm animals could not live the most suitably at the present location and good care should be taken.
The north pole or south pole will become nearer to your living place during the sift and the temperature might be minimum as low as minus 30 degrees at some locations and the best considerable counter measures to warm up should be prepared.
スポンサーサイト

近い将来地球に起きる事象

Posted by photn on 16.2016 未分類   1 comments   0 trackback
20


私は、宇宙評議会のジャイコムメイヤスです。地球に転生しておられるライトワーカー皆
さん、私にとって、ここでこのように皆さんとお話ができることを無上の喜びとするものです。

宇宙評議会は、この宇宙、およびその他の全ての宇宙に起きる事象を見守り、管理して
いる評議会です。
今、地球は次元上昇の只中にあります。2016年7月27日には、地球は3次元の波動か
ら脱して5次元の波動で振動するようになりました。
これによって、皆さんの中で波動上昇、次元上昇の備えができた人達は、地球の5次元
波動に同調して振動しています。

そうではない人達については、地球の5次元波動には同調せず、従来通り3次元の波動
に同調しているので、周囲の雰囲気に違和感と混乱を感じているものと思われます。
この非同調の期間は長くはなく、3次元にとどまる選択をされた人達は、いずれ遠くない
将来に、地球以外の3次元の惑星に移住することになりますので、違和感、混乱も、それ
までのことになるでしょう。

しかし、近い将来、以下のような、地球に関する災厄的な事象が起きる可能性が高いの
で、皆さんには、あらかじめそれらについてお知らせをし、注意を喚起したいと思います。

1  地軸の揺らぎ
2016年8月19、20日の二日間で、天体同士の引力の影響により、10分間に0.1度
の角度の大きさと速度の地軸の揺らぎが合計20回程起きるでしょう。
この事象は一回だけではなく、10月半ばまでの間、何回か起きるでしょう。

0.1度は、地表の距離11Kmに相当します。この揺れが10分間で起きるのですが、最
高速度は時速66Kmに相当するので、遅くはありません。
特にこの速度にまで達する加速度が問題です。人が倒れたりするような急激な加速では
ありませんが、建設中の構造物に被害が及ぶような事故が起きる可能性があります。
人や動物がパニック状態になることも考えねばなりません。

2  地球の直径の拡大
12月末以降、地球の直径の拡大が進み始め、地表には大きい割れ目が生じ、火山活動
が活発化し、大きい地震が発生する可能性があります。

来年4月以降8月末までの間の4ヶ月間で、地球の直径は12%拡大するでしょう。大亀裂、
それに伴う大地震、大津波が発生するでしょう。
地表の割れ目に海水が流れ込み、大海峡が構成されることでしょう。
各大陸には数本ずつの大亀裂が形成され、それぞれに海水が流れ込むので、大陸は、細
かく分割されることになるでしょう。道路、鉄道は分断されることになるでしょう。

Earth events anticipated to occur in the very near future
Jaicommeias/Council of the Universe
9 August, 2016
Chaneller:Taki Chino
I am Jaicommeiyas from the Council of the Universe which watches and controls of the events in all of the Universes. It is great pleasure for me to talk with you, lightworkers incarnated on the Earth.
The Earth is now just in the process of Ascension. From July 27, 2016, the Earth has been vibrating at the 5 th dimensional frequency exiting from the 3 rd dimensional vibration. This new vibration frequency is higher than the old one and those who still vibrate at the old frequency must be feeling discomfort. The period of this discomfort cannot be too long and these people will shift from the existing Earth to another 3 rd dimensional planet in the not far future.
However, you are requested to take note that the below following troublesome events might be caused in the very near future.
1  Wobbling of the Earth axis
During two days, August 19 and 20, 2016, wobbling of the Earth axis caused by the drawing forces among planets. The frequency of the wobbling will amount up to 20 times within two days. The magnitude of the wobbling will be 0.1degree within 10minutes. These events will happen not only once but several times until the end of October 2016.
0.1degree corresponds to 11Km on the Earth surface. This wobbling will be caused within 10 minutes. This means that the maximum additional surface speed reaches to 66Km/hour and not very slow. Particularly acceleration might be problematic. It would not be too dangerous and people would be able to keep balanced . The buildings during construction must be taken care not resulting in corruption. Human and animals could fall into panic.
2 Earth diameter expansion
After December 2016, expansion of the Earth diameter will proceed and large cracks will be formed on the Earth surface, with increasing volcanic activities and earthquakes.
During four months between April and August 2017, the diameter of the Earth will expand by as much as 12%. As a result, very big cracks will be formed on the Earth surface with accompanying big earthquakes and serious Tsunamis. Sea water will flow into these cracks dividing the continents into several lands. Roads and rails will be separated.

次元の変化は進んでいる

Posted by photn on 07.2016 未分類   1 comments   0 trackback
god-hand-scotland


3日ほど前の午後8時頃、空は綺麗な水色で今までとは異なる空の模様でし
た。別の世界にいる感じでした。
 昨日の朝7時頃空に細長く伸びている物が2、3あるのを確認雲のように見
せているけれど、よく見ると雲独特のふわっとした感は無く長さ約1~2kmく
らいのものが鋭利な状態で空にそれはありました。勿論雲などではありません。
一般の人には気づかれずにそれはありました。大きすぎでは?
 次元の裂け目のような、巨大なUFOのような・・・
この次元も大きく変化しているのがわかります。





この記事につきまして、どうなんだろうという内容ですけれど掲載してみました。
数年前も同様な記事あったと思います。
 おそらくこの世界においてこれは起きない現象と感じます、インスピレーションでは。


1日半の暗黒  2016年8月1日

このメッセージは、別宇宙の宇宙船評議会代表、ソマリアメイヤスからのものです。
チャネラー:ちのたき
注:一般に波動周波数は、A×10Nという形で表現できます。このNを波動指数と
呼ぶことにします。
2016年の年内のある日には、地球全体で約120万人の宇宙のふるさとに帰還
するソウルが次元上昇をすることでしょう。
この日の夜22時から、到達可能周波数が、波動指数90以上の、非常に波動が
高いソウル達の波動が、7月末に地球とともに到達した、5次元の波動値10~1
2からさらに上がり始めるでしょう。

これらのソウル達の波動は、約36時間後には10次元の波動である、指数30に
まで上昇します。と同時にこのソウル達が存在する次元もそれに応じて上昇します。
これが次元上昇です。

波動指数22の7次元に達すると人体は本来のETの姿である、背の高いヒューマノ
イドへと変容します。数日後には、これらのソウル達は宇宙のふるさとに帰還するか、
宇宙船に乗務するか、高次元の別の惑星に転生するかのいずれかの道へと、宇宙
船に乗って移行してゆきます。

注目すべきことは、これと同時に、地球自体の波動がそれまでの波動指数10~12
から、13にまで上昇することです。これは、3次元に留まる、波動指数が3~7のまま
の人達にとって、太陽からの光を初め、5次元の波動の上限である、指数13になっ
ている地球上の全てのものの目視ができなくなることを意味します。

この状態は約1日半後、翌々日の午前9時ごろまで続きますが、この間は、3次元に
留まる人達にとっては、周囲が完全暗黒状態になります。
ただし、この時刻以降は、元の光に満ちた状態に戻るので、安心してください。完全
暗黒の状態では、電力網からのエネルギーは一切使用不能になります。
当然のことに、電池駆動のものを除く、全ての電気、電子機器は使えなくなります。
ですから、極寒地方の暖房設備には気を配る必要があります。
電力網からのエネルギーでモーターを動かしている機器の使用ができなくなることに
は注意が必要です。
またすでに波動が上昇している自動車の使用もできません。
宇宙に帰還する、非常に波動が高いソウルの皆さんはこの次元上昇の初日の22時
をもって、次元上昇をしない家族、友人、社会の全てのソウル達と永遠の別れを告げ
ることになるでしょう。
到達可能周波数が波動指数11~18の、約8億人のソウル達は、やはり2016年内
に、現在の波動指数を維持したまま内部地球に移行することになるでしょう。
このソウル達は、この次元上昇の日にも、普段と変わらない、光とエネルギーに満ち
た地球を経験していることでしょう。
逆に地球上の大多数の人達が経験するこの1日半の暗黒を経験しないソウルは、内
部地球に移行する者だ、ということができるでしょう。

3次元にとどまるソウルたちは、2017年の夏ごろまでには、地球とは別の3次元の
惑星に今のままの姿で移住することになるでしょう。
皆さんは、それでは、2016年の年内のある日、とは何時なのか、と尋ねることでしょ
う。もっとも可能性が高い日は10月半ばですが、日時の予測は常に不正確であるこ
とにご留意ください。
いずれにしても皆様には、どこかの時点で、諸エネルギーが使えなくなり、光が消失
する、1日半の暗黒が起きる、ということをしっかりと念頭においておいてください。

 

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。