Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルシオーネの独り言

Posted by photn on 06.2011 アセッション   1 comments   0 trackback
「今、地球のシューマン共振周波数(地球の呼吸)が、7.8HZから最近急
速に増加してきました。
 (シューマン共振:宇宙からのエネルギー波と地球の磁気が共鳴しあって発生)
瞑想状態の脳波アルファー波と同じ7.8HZから覚醒興奮状態のベータ波の
14HZまで上昇してきました。
つまり宇宙からの波動がまどろんだ状態から、新陳代謝が2倍になってきた状
態が現在です。
すべての現象が以前の倍の速度で変化する状態です。

今、地球の磁気が、4ガウスから0.4ガウスに減少してきています。
今、太陽活動が急速に活発化しています。放射プラズマ量や太陽磁界が倍以上
上昇しています。
今、自然界のみならず、すべての分野で様々な変化が生じています。 ----。
今、地球の存続に関わる重大な問題が差し迫っています。 

しかし今、
   人類の意識が目覚め始めています。
  地球を含む太陽系世界全体が、フォトンベルト領域に移行し、次元が上昇
しています。
  ターニングポイントに来ています。
今日、「夜明け」の直前ですから、あらゆるネガティブなものが表面に現れ、
大掃除が行われています。
  今迄の浄化作用が最終段階を迎え始めています。過去幾万年からの人類
の誤った想念・行動の膿みの内、浄化しきれなかった分が現れ消え去った後
には新しい世界を迎えられると言われています。
過去すべての惑星が体験する“浄化”という“通過儀礼”を乗り越えれば、
真の宇宙時代を迎えられるようです。

 世界人類が皆幸福感に満たされ、命生き生き充実した人生を歩み始められ
るようです。
食料・エネルギー・環境汚染・病気等全ての解決不可能と思われている問題が、
宇宙子波動科学等の完成実践等で全て解決されるようです。

現在人類が抱えている解決不可能とおもわれる諸問題(政治・経済・社会全て
の分野)も解決されるようです。
 地球人類はライトボディー化し、人類愛深き超能力も開花するようです。
天啓を個人個人で受け取り、あらゆる問題は自分自身で解決することが常識に
なるようです。
神権政治が復活し、名目宗教は無くなり、資本主義社会は崩壊・貨幣経済は昇
華し、等価値社会・奉仕する事が生き甲斐喜びであり、仕事の目的となるよう
です。

地球の自然界全体も、大調和に満たされ、至福の時代を迎えることでしょう。
さあ、大宇宙と調和してみましょう。

 しかし、次元上昇時における浄化現象を無事に乗り越えるためには、人類が
発している想念波動を宇宙レベル迄高める必要があります。
暗黒想念・物質偏重・二元対立の想念から光明思想・精神霊性神性尊重・調和
の想念へ、新の宇宙意識を持つことが絶対必要条件でしょう。

過去からの積み重ねられてきたカルマを、浄め去り、高次元宇宙波動に同調さ
せる必要があると言われています。
 
今から始めれば、苦痛少なく、次元上昇出来、真の21世紀地球人として引き
続き生きていけると言われています。
フォトン・ベルトに意識をあわせ、そのエネルギーに同調し波長を合わせまし
ょう。
宇宙からのメッセージを感じ取りましょう。人間と宇宙は一体であるというこ
とを思い出し、大自然によって生かされていることを思い出しましょう。
 潜在意識が高い周波数にシフトしない限り、真理に気づき目覚めることは無
いと言われています。
ポイントは“感謝の心・素直な心で、本心・魂の声を聞く”ということだそう
です。
 感謝の心・周波数は、自我の波動を昇華されるようです。




もう時間は少ししかありません。覚悟を決めて、至福の世界へ移行出来るよう、
少しの努力をしましょう。
各自が今、目を瞑って深呼吸して、奥の奥のまたその奥の本心の魂に、自分の
今後の行き方を問い正してみましょう。千載一遇のチャンスだそうです。
新時代の地球に生き続けるか、それとも現在の精神魂レベル以下の他惑星へ移
行するか、自由だそうです。選択権は各自に任されていると言われています。

物質文明のままが良いと思い続けていれば、宇宙の法則により後者の世界へ、
精神文明が良いと思い浄化行為を続けていれば前者の世界の仲間入りになるか、
どちらかだそうです。
中間はないようです。
今回のチャンスを逃すと次は約2万6千年後になってしまうようです。


続き  そのⅡ

・ フォトン ⇒
  ・ 電子と陽電子が衝突する時に発生する粒子、光子、光エネルギー。
  ・ 光の粒子。光子。振動数は7.8ヘルツのα波
  ・ 電磁エネルギーの量子。
  ・ スカラー波の波動。時限軸ゼロ点で振幅する縦波の波動。その波動の粒
子性の性質から見たものが光子。
  ・ 高次元の精神進化エネルギー粒子。
  ・ 高次元の生命エネルギー粒子。
  ・ 人体のDNAからもフォトンが放出されている。~ オーラ。
  ・ DNAがアセンション左右するマスターコード。
・ フォトンベルト
 ⇒ プレアデスの中心星:アルシオネを取り巻いているドーナッツ状の光の帯
です。
  ・ フォトンベルトの中心の発振源は我々の銀河系中心にある二つのブラッ
クホール。(大小二つのブラックホールの存在は過去に大小二つの銀河
が衝突し、一つの銀河系に合体したことを物語っている。私達の銀河系
は中心を二つ持つ楕円銀河。) 
  ・ (1,961年発見:銀河系の中心を軸にドーナツ状に分布した電磁波が
粒子の姿をしたもの。)
  ・ (1,961年冬至=マヤの暦で、銀河の夜明け:スターゲート オープン)
  ・ (2,012年冬至=マヤの暦の最終日)
  ・ 光子が帯状になっている状態。
  ・ 強力な光の帯からなる12の巨大なボルテックスで構成されている。
  ・ フォトンベルト帯は銀河中心から黄金比の渦を作り、濃淡の光子濃度のシマ
模様となっており、その反射分節光が渦となって写っている。

 ⇒⇒ 銀河の中心・宇宙究極の源から放射される、進化エネルギー、生命エネル
ギーの領域。
 ・ (厚さ約130光年)
 ・ (太陽系は約2万6,000年かけて一周、1万1,000年毎に突入し2,0
00年かけて通過。)
   (周期=25,827.5年) 
 * タイムウエーブゼロ理論によると、地球誕生から現在までの進化のサイクルパ
ターンの解析の結果、2,012年12月23日(マヤ

の暦では、今の文明が終りの時となっている2012年12月22日) 「22日か
ら23日にかけて」』に、時間が零となり、エネルギー波動が変化して次元上昇が完
了するといわれている。

・ フォトンエネルギーの作用全生命体を原子レベルから遺伝子レベルの変容、波動上
昇を生じさせ、進化させる。
   高度な精神波動の帯。
⇒浄化エネルギー波動、“宇宙の浄化ゾーン”
  ・ 臨界点に達するまでは、共鳴現象が生じないため、特別な変化は感じられない。

 ・ 太陽系がこの光の帯に入る時代は、水瓶の時代。
 ・ この光に入る時代には、大きな変化が起きます。精妙な光で私達の意識は高く持ち
上げられ、新しい時代へと変換されます。私達の地球が、このフォトンベルトの中
に入ったのは、1987年3月16日からの1週間で、以後年々期間が長くなっている
とのことです。2000年に太陽が入り、2013年までに太陽系がすっぽりと入るそうで
す。
 ・ 2,012年12月23日、マヤの暦の最終日と同じです。
 ・ 1,998年5月に地球は確実にフォトンベルトに入り始めています。
 ・ 以後断続的に進行しており、12の光の渦に順次入ります。
 ・ 地球と人類は3次元から5次元へ次元上昇します。
 ・ 私達は、水瓶座に入ると同時に、2,000余年続く光の時代へと突入しようとしてい
ます。
 ・ 聖書にも至福千年というふうに書かれています。
 ・ 1万3千年程前にはムーやアトランティス大陸が姿を消滅しました。
 ・ 2,012年の冬至には完全にフォトン・ベルトの中に入ってしまうと言われてい
ます。
・ 2,026年には、確実に新時代を迎えるそうです。
前述した様にベルトの中は高次元の振動周波数になっており、その領域に振動数の低い
物質が突入すると、物質の振動周波数が急速に変換され、未だかつてない大変換が行わ
れる。その大変換を行う事が出来た全ての生命体は、より高次の意識的レベルに覚醒し、
宇宙の摂理と調和して生きるようになると言われています。
いはゆる“アセンション”が起きます。
 ・ 肉体を持って「アセンション」を達成し、「本来の自分」に戻るチャンスは、今し
かないようです。
 ・ 「千載一遇のチャンス」です。
 ・ アセンション」は、地球(ガイア)とともに「次元上昇」します。


・ このフォトン・フィ-ルドは本質的には宇宙の多次元光エネルギ-であり、精神的
な目覚めと成長を促す、触媒の役目を果たすといわれています。
 ・ 一つ一つの細胞がフォトンの影響によって光に変換されていきます。
 ・ 2,000年からフォトンの影響が次第に顕著になり始め、2,003年8月太
陽系全体が「陽」のエリアに突入、魚座から次第に水瓶座の影響のほうが増加、人類の
行動が男性原理から女性原理へ変化が始まった。

 ・ 「2012年12月23日、地球は「フォトン・ベルト」によってリセットされ
る」と、多くの科学者を初め、真理に目覚め始めた人々、アカシックレコードの解読者、
宇宙存在からのメッセージのチャネラー達によって伝達されています。

 ・ 地球全体がフォトン・フィ-ルドに突入しますので、全世界どこにいても、避け
ることは出来ないようです。
 ・ 自然界にある全てのものが、宇宙の多次元光エネルギ-を浴びることになるよう
です。
 ・ たとえば電子レンジの中に冷凍食品を入れて、スイッチを入れた状況を考えて下
さい。
時間とともに解凍され、味を損なわず調理出来る状態に変わります。
しかし生卵を加熱モードでスイッチオンしたらどうなるでしょうか。
経験のある人はその凄まじさを実感したことでしょう。
(実験したい場合はウズラの卵を袋に包んで下さい、後始末を覚悟のこと)
 レンジ加熱することで、美味しく食べられる状態になる物なら、おおいに利用してい
ます。 しかし、不適当な物もあります。
 たとえが極端になりましたが、フォトン・フィ-ルドに突入した場合の人類も同様です。
つまり多次元の高密度のエネルギ-を浴びた場合、その波動周波数に同調出来る器であ
れば、何の違和感もなく、もしろ喜びを感じながら肉体波動も次元上昇しますが、同調出
来ない器の場合は、ギャップが大きすぎて何らかの苦痛や障害が伴ってしまいます。
特にフォトンエネルギーは高度な精神波動ですから、天変地変や肉体的障害の発生はさほ
ど激しくないと思います。

精神的諸問題による苦痛、情緒不安定等の障害により、自らの行動による他次元への移
動等が主流になると考えられます。全世界、全人類同時進行すると思います。

 地球は2,026年には完全に次の次元への移行が完了>し、地球本来の元の宇宙の位
置にテレポーションするようです。

魂的にまだ高次元の精神活動が出来ない人類は、自らの意思で自分の霊的レベルに相応
しいレベルの惑星に生まれ変わって、学習を続ける
ようです。現在の地球の軌道に同様なレベルの惑星がテレポーションしてきて、そこで
再び輪廻転生を繰り返し、次に訪れる13,000年後のチャンスの、アセンションし
易い時期まで住み続けるかもしれません。
 ですから、このチャンスを逃さないためにも、今のうちに同調出来る精神的体勢を準
備することが賢明です。

 ・ 地球は過去約1万3千年毎に、フォトンベルトを何回も出入り、その都度少しず
つ次元上昇してきてはいるようですが、いずれの時も失敗に終わったようです。
成功していれば高次元世界の地球が完成していたことでしょう。
 ・ 地球人類のアセンションが金星人等他の人類より順調に進歩出来なかった理由の
一つは、心に深く刻まれ根付いている依頼心や恐怖

心が強かったためと言われています。


・ 地球のアセンションは、3次元から4、5次元への昇華。更に7つのレベルがある
7つの次元を順次登っていくようです。
『・ 1次元は点。鉱物、水基礎イセンシコードを構成する原子。
 ・ 2次元は線の意識。植物、動物。自己意識、エゴは存在せず。
 ・ 3次元は物質世界。自我意識。分離と不調和の世界。
 ・ 4次元は超意識の世界。集合意識の再統合の場。肉体を必要とする上限の場。
 ・ 5次元は想念具現化の世界。
 ・ 6次元はキリスト意識、全体意識。全創造物の光言語所有。創造性のエネルギー
を自由自在に表現する。
 ・ 霊的な進化は原子構造内の空間(原子・電子・陽子等の空間)が拡大。
 ・ 高次元になると意識の観点やチャンネルを切替え、テレパシー、ヒーリング、
テレポーション等が普通に行える。』
 ・ 想念波動を光明波動にしておくことが、最も重要と思います。
 ・ 否定的な暗黒想念を持っていては、次元上昇できないようです。
 ・ 3次元的想念に固執してると、3次元のままの世界へと転出されるようです。
(現地球の後に来る、現在の地球レベルと同様の進化

レベルの惑星に転生する)
 ・ すべての選択は、本人の自由と言えます。

“フォトン・ベルトによるリセット”つまり“大掃除”が始まっているようです。

今回のフォトンベルトによる大掃除(浄化作用)によって、地球のバランスが再び
回復されることになると言えます。
 このエネルギ-は浄化作用がありますので、心の中にしまってあるものは何でも、
隠しておけなくなってしまうようです。
宇宙の法則に反した、過去からの想念・行為の全てが浮かびあげられ、浄化し始め
ています。
世界中の政治・経済・社会全ての分野で今、急速に浄化が進行してきました。
浄化の姿・現象として個人的には、あらゆる種類の病気・精神的ストレス障害・ 
災難・不幸な状況が、また社会的には、地球環境悪化、地球温暖化、エネルギーの
枯渇、食料不足、社会的各種問題(殺人傷害事件、金銭上のトラブル、事件・事故、
人間関係、年金等の社会保障・経済状態・他)、教育、その他きりがありません。)
社会変革、世界的問題(戦争・テロへの恐怖・領土問題・宗教戦争・経済戦争等

)、自然現象(地震・台風・火山噴火、気象異変等も過去からの人類の邪悪な想念
行為の浄化現象です)など、全ての分野で頻発しています。
これらの浄化現象「マス・アセンション」は、今後2,007年5月以降急速に起
こっていくようです。2,007年9月末以降意識のシフト・創造的エネルギーが
誕生し新たな時代に突入し始めるようです。
フォトンエネルギー波の影響が顕著にり物質の振動数が光の速度を超えるようにな
ると、三次元の時間軸が崩壊し、地球は五次元の世界へ移行していくようです。 
 下記に、フォトンベルトによる、予想される変化をリストアップしてみました。


《地球》
 ・ 地球自身のガイア意識の目覚めが始まる。
 ・ 地球のシューマン周波数が急速に増加。7.8HZ ⇒ 現在 14 ⇒
 2,013年: 22HZ。
 ・ 地球と人類の周波数(量子論でのレベルを超えた周波数)が上昇。
 ・ 地球磁気減少、急速な変動、崩壊。
 ・ 歳差運動・地軸の変動。2,012年末に歳差運動収束および地球磁場の大
変動。
 ・ 三次元世界と4次元世界の接触。
 ・ 地球温暖化現象の加速。
 ・ フォトンベルトの高エネルギー領域に太陽系が完全に入りきると、地磁気の
消滅、地殻変動(アトランチス・ムー大陸の浮上)を生じやすくなる。
 ・ 地磁気、シューマン周波数等の地球のエネルギーは、地球人類の意識エネル
ギーによって流動的に大きく変化する。
《肉体》
 ・ DNAの螺旋変換が生じ、肉体の4次元化、半物質化。霊的化。
 ・ フォトンエネルギーによってDNAが活性化する。
 ・ DNAが目覚める。休眠中(約12本のDNA)が目覚める(数千本ON)。
     → 松果体・DNAの活性化。
 ・ 肉体の原子構造の劇的な変化。
 ・ 食物摂取量の減少化。
 ・ 睡眠時間の減少化。
 ・ 肉体細胞の原子構造の変化。
 ・ 頭痛・動悸・目まい・吐き気・耳鳴り・睡眠パターンの変化、等新たな症状。
 ・ 今まで見たこともない色彩が見えてくる。
 ・ インフルエンザに似た症状。 頭痛。痙攣。
 ・ 爪、髪の毛の成長早まる。
《精神》
 ・ 感情起伏激化。
 ・ 想念の現実化。
 ・ 思考の現実化。
 ・ 4次元意識への移行
 ・ 意識の次元上昇。意識の量子的跳躍。二元対立からの開放。
 ・ 宇宙の法則が地球の法則に介入。
 ・ 地球上の不調和波動の浄化、大掃除完了。
 ・ 三次元から順次高次元(5次元)へ融合・変容していく。
 ・ 宇宙意識が地球意識を変容。
 ・ 大衆レベルの意識変革の進行。
   ~ 対立意識から調和意識へ、 分離から融合へ、 エゴからエヴァへ、 
競争社会から共生社会へ、 秘密から公開へ、 エコノ

ミーからエコロジーへ、 浪費社会から節約社会へ、 デジタルからアナログへ
《社会》
 ・ 社会構造の崩壊。
 ・ 貨幣経済の崩壊。
 ・ 奉仕社会の確立。
《新人類》
 ・ “究極の真理”に目覚める人類の増加。
 ・ 波動の変化に乗り切れない人は、自らの自由意志・自由選択により、他世界
へ移行。
 ・ オーラ・エネルギー増加。
 ・ チャクラの開花。松果体の再機能回復。
 ・ 新人類(バイオレット・チュルドレン、クリスタル・チュルドレン)の誕生・
活躍顕著化。
 ・ 物に心が宿る。
 ・ 神と一との統合が始まる。
 ・ その他
【3次元世界から4次元世界へ変わる時】
 ・ 3次元世界と4次元世界が接触し始めると、4次元世界の事物が出現し始める。
 ・ 三次元意識が薄らぎ始める。
 ・ 四次元世界では、全てのものが自らの想念によって創造される。否定的想念を
抱くと、三次元世界へ戻され否定的な状態になる。
 ・ 四次元世界に移行する時は、特に想念意識を平和な状態に保つことが非常に重要。
 ・ 恐怖心や否定的想念が湧いてきたら、即光明思想に切り替えることが何より重要。
今から訓練しておくこと。
 * 詳細は、アセンション超越法を参照願います。

 * 以上の現象は、逐次最新の地球人類の想念・行為の状況に応じて、微妙に変更・
修正・変化されています。
 * 2,007年9月以降地球の次元上昇が以前よりスピードアップするようです。
 * 地球人類の想念行為次第で今後の進行方向が変化する。
 * 事前の予言やデータ解析による予測と、今後生じるプロセスに変化が推測されま
す。
 ※ 今回の地球の大アセンションは56億5,600万年ぶりの規模。
 ※ 過去8回のアセンションに失敗、今回は是が非でも成功してほしいと、宇宙の先
輩達や神霊方が望まれているようです。
 ※ 現象的には、今後2,012年年末まで世界的規模、全人類的規模での浄化現象
(やや規模の大きい天変地変、小規模な戦争、民族

紛争、飢餓、病気等)が周期的に生じるようです。また最大の変化は、意識の変容で宇
宙意識についていけない利己主義・唯物主義者等意識の低い人は必然的に、本人の奥底
の意思等により自然な形で淘汰されるようです。


※ 2,013年以降、2,026年年末までは、最後の調整があるようです。その後統合の世界へ入るようです。

 【マヤの暦】
 ・ 消滅してしまったマヤ人(ムー大陸沈没後、生き残ったムー文明人の子孫)が残
したマヤの暦。
  ~ マヤ暦では、地球の公転速度、つまり一年の長さは365,2420日と しており、
最新の正確な数値との誤差は0.0002日しかなく、この数値は現在私達が使っているグレ
ゴリオ暦よりさらに精密。
 ・ 彼らは2万5,640年を大きな歴史のサイクルとして考え、 それを5つに分け
(1サイクルは5128年)、現在は最後の5つ目のサイ
クル。
 ・ 5つ目のサイクルのスタートは紀元前3,113年、終わりが 2,012年12
月22日となっている。
 ・ これは、フォトンベルトが地球を覆う日と重なっている。
 ・ ミクロの命数も、2012年で、終わっている。
   ∴ 六徳⇒虚空⇒清浄⇒阿頼耶⇒阿摩羅⇒涅槃寂静
     10のマイナス19乗⇒  20乗⇒   21乗⇒   22乗⇒   23乗⇒   24乗
     平成      19年⇒  20年⇒   21年⇒   22年⇒   23年⇒   24年
            2007年 ⇒ 2008年⇒ 2009年⇒  2010年⇒ 2011年⇒ 2012年


Ⅲ.アセッション 
  綴りは ascension。英語です。
 「上昇」の意味ですが、the Ascension と大文字で書くと「キリストの昇天」を意味す
ることになります
 “次元上昇”と解釈しています。
 “生物学的変容---意識の焦点の変化”を意味します。
 “周波数と意識の焦点の変化”を意味します。
 “自分の肉体細胞を含む全てのエネルギー周波数を上昇させること”を意味します。
“地球(ガイア)とともに「次元上昇」すること”を意味します。
進化プログラムに沿った霊的次元上昇のことです。
 フォトンによる変革は、臨界点に達するまでは共鳴が生じないため、近ずくまでは際
立った変化は生じないようです。

※ ガイア・アセンション --- 地球と共に人類も一緒に次元上昇すること。地球の変
化に応じて、人々の意識が宇宙意識に変容、覚醒していく。* 地球の宇宙アセンショ
ンを無事完了するためには、日本中、世界中、地球規模の目覚めた人類が絶対必要条件
と言われています。
* 臨界点に達するための最低人員は、14万4千の霊性・神性に目覚めた人です。
* 地球世界を救うのは、一人の大聖者ではなく、多数の小救世主です。
* キリストの復活・再臨とは、我々一人一人の心の中に聖者であるキリスト意識が蘇
り発揮していくことです。
* 地球の業想念波動を浄める愛と光のエネルギー、宇宙に届く地球規模のアセ ンショ
ンエネルギー波を創り、浄化エネルギーコアを起動させ、地球のす べてのレイラインと
意識・エネルギーを活性化していくことが必要です。
* 銀河の中心部との共時性(シンクロニシティー)が必要と言われています。


“2極化の進行”

  ・ 物質的人間と精神的人間、大自然を感謝できる人と出来ない人、祈りをする人と
しない人、 幸福な人と不幸な人、勝ち組と負け組--- 等、2極化が進むと言われて
います。
 
  <A> 進化の軌道に乗った、グループ
     ⇒ 精神的・霊的覚醒が進み、真理に目覚め、幸福感に満ち、すべてに感謝
しながら恵まれた環境条件の中で生活する人々。

  <B>  進化の軌道に乗らない、グループ。
     ⇒ 物質主義・旧来の思想・価値観に縛られて、そのまま固執し続け、精神
的・霊的覚醒を拒んでいるか、真理に無関心で怠惰な生活をする人々。
       自己中心的、自己破壊的な人々。

  ・ 地球のアセンション完了時、魂の成長度合い等によって、新しく生まれ変わっ
た高次元の地球に留まるグループと、霊的成長度合いが未熟な為、まだ現在レベルの学
習が必要な為、現在の地球と同様な霊的レベルの惑星へ転生するグループに分かれます。
  ・ B:Aの比率は、古文書や予言書、宇宙からのメッセージによれば、約数十対
1でしたが、近年改善され、約5対1、更に現在は3対1程度になると言われています。
今後、残された時間で、目覚める人が増えればその分だけ更に改善されると思います。
  ・ 現象的な転出状態は、天変地変による災害や事故、流行病等外部的要因もあり
ますが、内部的要因によるものが主流になると言われています。
  ・ グループ化は決して差別ではなく、宇宙の法則どうりの情況、各自の魂の選択
により、最も良い修行の道を選んだ結果になるそうです。
  ・ Bグループの一部は、次に訪れるアセンション時(2万6千年後)に、霊的進
化を成し遂げ、次元上昇した世界の住者になれるといわれています。

  * 「霊主肉従」:想念が霊性に最低限約6割以上、肉体に約4割以下でなければ、
次のステップへは移行出来ないようです。
  * 現在の地球人類の平均的な進化レベルは、宇宙全体からみると、小学生だそう
です。今回のアセンションを乗り越えると、中学生になれるとのことです。


“ 地球の波動の精妙化 ”
   ・ 今後急速に、地球の波動エネルギーが上昇し、地上界全ての物が精妙になっ
てきます。 
   ・ このため、全ての変化が今以上に早く激しくなるでしょう。
   ・ 暗黒想念波動によって、予言されていた状況が現象的に表面の物質界に顕れ
地球壊滅の寸前迄、行く直前で、光明波動によって、回避されたとのことです。
   ・ 今後、おおいなる人類進化の道を歩み始めるでしょう。

“ 想念波動 ”

  ・ 今後、地球界の波動の精妙化に伴い、想念エネルギーの現実化作用の迅速化が
進行します。
  ・ 想ったことがすぐに顕れやすくなるそうです。
  ・ 恨み・妬み・ 否定的な想念は今後、すぐに数倍になって自分自身に帰ってく
るようになるそうです。
  ・ 光明的なことを想うように心がけましょう。

“ 物質文明から霊性文明・神性文明の幕開 ”
 ・ 今後、地球界の波動の精妙化に伴い、二元対立、相対的世界文明、から本来の霊
性文明の時代へ、更に神性文明の時代へ移行し始め

ることと思います。

“ 他世界からの応援 ”

 ・ 今、地球が大転換を迎えようとしています。
 ・ 地球が無事次元上昇出来るかどうか他の進化した惑星人が非常に関心をよせてい
るとのことです。
 ・ 大イベントが無事成功裏に進行されるよう、愛の光の放射や気づきのメッセージ
等で応援してるそうです。
 ・ 核戦争などを起こさないよう、陰ながら援助しているそうです。
 ・ 核戦争は宇宙全体に非常に悪い波動を撒き散らしてしまので、何とか食い止めよ
うと、地球人に気ずかれないようにエネルギーを放

射されているそうです。
 ・ 神界・霊界からも愛のエネルギーを放射されているそうです。
 ・ 特に地球の地底にある光の都市(シャンバラ)の聖者的住民達からの応援が強力
なようです。
 ・ 時期が到来すると、イルカ・クジラ目の動物が何かと協力してくれるようです。
 ・ 神界・霊界の聖者賢者や次元上昇達成の使命を持った世界各地にいる目覚めた人
々によって、暗雲に包まれていた地球上の幽界の浄

めが達成されてきました。
 ・ 今回こそ、無事次元上昇出来るかどうか微妙な状態が継続していましたが、目覚
めた人達の増加によって、地球は無事新時代を迎え

られることになったそうです。
 ・ 但し、新時代の地球波動レベルとのギャップが大き過ぎる人々は、その人にとっ
て、最も相応しい他の学習の場が与えられ、霊的進

化を続けていくといわれています。
 ・ 今後は、いかに苦痛少なく移行出来るか、いかに多くの人を目覚めさせるかがポ
イントになるようです。


Ⅳ.次元の上昇

太陽系惑星で最も進化の遅れた地球で、約13,000年ぶりの大飛躍のチャンスを迎
えた今、是非とも真の宇宙人類まで成長したいものです。
   我銀河系の同胞たちと共通のテーマである、「二元性と分裂」から「統合」を、今回
我地球人類も学び取る大いなるドラマのクライマックスを迎えようとしています。
 
 ※  地球人類は銀河宇宙の中では、他の惑星人に比べ、霊的に多くの体験を積んでい
るそうで、アセンション後の人類は大いなる成長を習得することになるようです。地球
人類ほど多くの天体からの移住人類による雑多な惑星は少ないようです。
しかも繁栄と滅亡を限りなく繰り返し、あらゆる経験を積み重ねてきた魂の持ち主が多く、
今回のアセンションを無事乗り越えれば、素晴らしい人生を謳歌できるようになると思
います。
  ※ 自分の波動エネルギーを上昇させれば、3次元世界のすべての苦難を受けなくな
ると言われています。

  “惑星ニビル”(謎の惑星X、クラリオン、ヤハウェ)

  NASAの極秘文書
   ・ 惑星ニビル(褐色矮星)の接近による地球のポールシフト・自転停止・大地
震・大津波・火山大噴火等の危機が,2,003年にあっ

た。
      ⇒ ニビルの異常接近による直接的な悲劇は回避された。
   ・ 太陽系に与えた影響
     ・ 地球上の火山・地震が倍増。
     ・ 海王星・冥王星 ⇒ ポールシフト発生。
     ・ 木星 ⇒ 磁場倍増。
     ・ 火星 ⇒ 大気密度倍増。
     ・ 金星 ⇒ 磁場変化大。
     ・ 月  ⇒ イオンガス発生。生命放射波動倍増。
     ・ 太陽 ⇒ 磁場倍増。コロナ流が4割増。
     ・ 太陽系全体 ⇒ 太陽系宇宙空間電荷量4倍増。
     ・ 地球の次元上昇の為のリセット。~地球の進化が加速。


 “次元上昇中”(2,000~2,013~2,026年)
  下記の事が言われています。
    ・ 地磁気の減少。 将来ほぼゼロになる。
    ・ 世界的規模の飢餓・病気・対立等。
    ・ 影の軍団、ネオ、アンチキリストの横行、最後のあがき。
    ・ 地球温暖化。
    ・ 波動調整による個人的カルマの浄化現象。
    ・ 精神波動調整による情緒不安定。
    ・ 想念(悪・良共)の現実化の迅速化。
    ・ その他 
 * 「シューマン共振」は現在の14HZから2,012年に22HZ二ヘルツま
で上昇。
  《DNAの組み替え発生状況》
    「シューマン共振」の上昇により、DNAの回転速度も上昇。 
      ⇒ 「フォトン・エネルギー」は左回りで、生命体のエネルギーの正常
磁場が右回りの為、DNAにこのエネルギーが入ると、螺旋がほどける現象が起こる。
      ⇒ DNAの螺旋変換発生。~ 身体的変化:高熱、風邪のような症状、
だるさ、眠気、イライラ、感情的キレ。
        左回りになっている間に、DNAにはどんどん「フォトン・エネルギー」
が入る。
      ⇒ 周波数が上がると右回りになり、「フォトン・エネルギー」を体の
中に取り込む。人間の体は、半物質化してしまう。
      ⇒ 睡眠、食事必要性減少。DNAの組み替えが起こる。体の周りのオーラ・
エネルギー(生体磁場)がだんだん見えてくるようになる。


“次元上昇後”(2,013 ~2,026年以降)
  下記の事が言われています。
    ・ シューマン共振周波数の増加 ⇒ 2,013年に22HZ。
    ・ 世界中にある次元の扉のうち日本の扉が開く。
    ・ 脳の中央にある“松下体”「第三の目」の開花。 ⇒ “霊眼”機能復旧。 
    ・ オーラエネルギーの増加 ⇒ 霊体質化
    ・ 5次元化した霊体新人類に変容。⇒ 霊界的活動可能。
    ・ 眠っていた神聖遺伝子の復活。 ⇒  超能力者。 
    ・ 驚異的な霊能力発揮。 ⇒ 他次元世界との交流可能。
    ・ 超能力の顕現。⇒  日常生活で超能力発揮。
    ・ 個人個人で、ハイアーセルフの仲介を通して、いつでも創造主とコミュニ
ケーション出来る。
    ・ 食事の目的意識変革 ⇒  エネルギーは食べ物からでなく、天からの生
命エネルギーを各自取込む。 食事は、コミュニケーション目的。
    ・ 貨幣経済の崩壊、等価値制度への変容。
    ・ 神権政治・社会の確立。
    ・ 等価値
    ・ 生命磁場をどれだけ共有出来るかで、社会的評価をされる。
    ・ 自然環境の回復。
    ・ 地球人口の適正化。(約1/3)
    ・ 地下シャンバラの住民の地表への再現、地上人類へのアドバイス。
    ・ 宇宙文明誕生。 ⇒ 再度地球に宇宙的文明開化。
    ・ 日本中心世界の誕生。 ⇒ 世界の中心、日本。
    ・ 大調和世界誕生。
    ・ 宇宙連合加盟。
    ・ 宇宙科学文明の開化・地上天国的世界顕現。
    ・ 地球は元あった銀河系の重心近くへテレポーション。代わりに現在の地球
と同等以下のレベルの惑星がテレポーションで仲間

入りする。
    ・ 将来も人類は大宇宙のなかで、宇宙と調和した生き方を身に着けるため、
神との一体化を図るために相応しいスタディの場である惑星で、進化し続ける。


Ⅴ. 《 アセンション・次元上昇への準備についての、宇宙連合からのメッセージ 》

  ・ “心の調和“を心掛けるように。
  ・ 地球に生まれる前の自分のプログラムしてきた役割に気づき、意識を変換する
ように。
  ・ プラス思考を心掛けるように。
  ・ 大自然に感謝するように。
  ・ 遺伝子を目覚めさせるため、瞑想・祈り・深い呼吸を行い、命の宣言をするよ
うに。
  ・ ------。
  ※ 詳細は別ページ “宇宙からのメッセージ”を参照願います。   ⇒    
  ※ 高次元の存在者からのメッセージは最近世界的に急増していますが、冷静に受
け止めましょう。
  ※ 肉体経験を積んでいない高級神霊からのメッセージは地球人類にとって、現実
的に実行し難い内容が多い。素晴らしい真理のメッ

セージではあっても、ほとんど具体的な方法が示されていません。一般庶民にとっては
心が浄まる事はあっても、簡単に実行できる内容がありません。


   臨界点に達するための最低人員、14万4千人の霊性・神性に目覚めた人を、
  その日が来るまでに誕生させる必要があると言われています。

 ※ 《臨界点》
   ⇒ 臨界(臨界点:クリティカル・マス)とは、気体、液体の境界がなくなる(
表面が消滅する)点(温度、圧力)

   《144,000》
   ⇒ 地球に存在する経絡:ツボの数。⇒ 完全に開花した時点が地球の臨界点。
 ⇒ 地球の次元上昇。
    ・ 人類の集合意識、共通意識から集合意識に働きかける数霊。
    ・ “百匹目のサル現象”世界中の人類に情報が伝播する。
    ・ 144,000人の“アバタ” 
        ⇒ 太古他惑星から地球に移住した神性を秘めた、目覚めた人。
        ⇒ 間もなく到来するアセンション時に、多数の地球人類を無事乗
越られるよう、目覚めを促し、地球波動を浄化する使

命をもった人。
        ⇒ “聖白色同胞団” (ワンダラー) : 太古から、地球救済
の使命を担った集団。


《シェルドレイク博士の理論》  
     * (ある島で芋を海水で洗って食べる習慣を身に着けたサルが、一定の
数に達した時、遠く離れた場所にいたサル達が同じ行動をする現象。
      ⇒ 形態共鳴、形而場共鳴化現象 ---  認識された形の場が一度出来
上がると、時間・空間を超越して“形態形成場”の伝播が生じる。
(100匹目のサル)

    ・ (超古代に銀河系宇宙から水の惑星地球に飛来した、ヤハウェを中心と
したリラ系種族の移民団の人員数。)
    ・ 宇宙から飛来した天孫降臨民族。
    ・ 地球人類救済のために、使命を持って地球に生まれてきた、大光明霊団
(聖白色同胞団)の人々。
    ・ 現代は、地球人類の苦悩の歴史がいよいよ終焉する時代。
    ・ 地球創生の担い手の先人となるこの度の144,000人は、その遺伝子
(DNA)に託された記憶を蘇らせる。
    ・ 幾前世からの魂(遺伝子)に刻み込まれているミッション(天命)、本来
の“我即神也”の真理を思い出し、個人・人類・地球の次元を高め上げることが出来る。
    ・ 集団規模のキリストの再臨。 = 14万4千人の神人、による祈りによっ
て、地球の幽界の波動が浄まり、地球の次元が上昇、地球が破滅せず無事高次元エリア
へ移行できる。
    ・ 現代では、数人の聖者賢者・キリストが再臨しても、世界を平和にするこ
とは出来ません。集団規模の目覚めた人が世界を動かします。

   是非あなたも下記の方法を実践体得し、霊性・神性に目覚めた一員になりましょう


球の次元上昇と共に各個人も一緒に次元上昇して、素晴らしい新時代を生き抜くための
方法です。

   ・ プラス思考を心掛けましょう。
  ・ 大自然に感謝しましょう。
  ・ 積極的なことを想いましょう。
  ・ 意識を地球全体・人類全体に向けましょう。
  ・ ゆっくり深い呼吸を心がけましょう。
  ・ 本来の自分は宇宙神と共にいるとイメージしましょう。
  ・ 人は本来神そのもの、神の分身であったということを思い出しましょう。
  ・ 自分の遺伝子を目覚めさせるため、本来の姿である「我即神也」と宣言しまし
ょう。
  ・ ( 差し迫ったアセンションを無事乗り越える為に、「アセンションする」と
いう明確な意図が必要。)
     (アセンションを果し天変地変から人類を救う方法は、「神様に対する感謝
の心と祈り」で、地球の調和を回復すること。)
     ( 休眠状態のDNAを目覚めさせる為に、高次元の意識である本心との一
体化を宣言することが必要。)
  ・ ------ 。


   《 精神世界の本を読む時の注意点 》

    ・ 精神世界の情報は、「表面的・顕在意識ではなく、心の奥の直感・本心の心
に合わせて選択し、吸収してゆく」ことが重要。

    ・ 第一直感を大切に。 迷った場合は、最初に浮かんだ考えを実行すること。
後からの考えは、業想念波の影響で、マイナスの結果になりやすい。

    ・ “知識”より“知恵”を得ることが大切。

    ・ 「青い鳥」のように、ネットサーフィンして手当たり次第に情報を求めて自
己満足したり、精神的な安住の地を得る為に右往

左往して「精神世界オタク」になったりしても得た情報によって却って心が混乱し不安が
広がるだけで、難行の割りに安心立命を得たり魂の進歩に繋がりにくい。


・ 情報をよく吟味し、心の奥の直感・本心の心に合わせて、「これは正しく今の自分に
必要」と納得できた情報のみを吸収するように。

    ・ “とんでも本”的な情報を、無理して信じようとしないこと。

    ・ 情報を充分精査すること。

    ・ 時には、「外からの情報」を無視し、今まで得た情報を自分の中で「そしゃ
く」し、吸収する必要な時期がある。

    ・ あくまでも情報は、自分自身の魂の進化に役立つものだけにしましょう。

    ・ 真理を見出し、身をもって実践・体得していく事が大切。実践しなければ宝
の持ち腐れです。

    ・ 物事の奥の真理を学び、心の目を磨き上げ、真理を体得していくことが大切。

    ・ チャネリングの情報には相互に相違した内容があります。比較的低次元の世
界からの情報か、極度に進化した宇宙根源からの情報であるかによって矛盾した事柄があ
るかもしれません。より高い純化した世界からの情報を受け取りましょう。

    ・ この世界で飛び交っているチャネリングなどに由来する情報の多くは、情報源
の精神性・神性の進化レベルに相応しています

。低いレベルからの情報も多く、誤解や混乱をきたす恐れがあります。 地球を破滅させよ
うとする異世界のネガティブな存在達もおり、

波長を合わせてしまうと、巧妙に操縦されてしまう恐れがあります。

   ・ 魂の進化の為に、あくまでも地球人類自身でアセンションを乗り越えることが大原
則で、精神世界からの援助はヒント程度のサ

ポートのみと認識することが大切。

    ・ 人類の波動を高めて、アセンションもさせてくれる、というような「宇宙人待望」
はあり得ないことと意識すること。

    ・ 予言は外れる為にある。予言は“警告”、“メッセージ”です。
 
    ・ 真理を自分自身で見出し、自分の運命は自分で開いていくこと、自立する精神が何
より大切。
 
    ・ チャネリングの情報・メディアやインターネットの情報を鵜呑みにしないで、心の
奥の直感・本心の心に合わせて自分自身の

魂の進化に役立つものだけを取り入れましょう。

    ・ 究極的には、一人ひとりが、宇宙に遍満している“真理”を自分自身で直感的に
読み取る事です。いつの日か実現出来るでしょう。

《金星》 
『概要』
 ・ 太陽系で最も進化した人類がいる惑星。
 ・ 神霊の世界が顕現された状態。
 ・ 高次元波動でみれば天国のようです。地球レベルの波動でみれば高圧高温の荒地です。
 ・ 地球救済の根拠地。
 ・ 地球の兄星。最も地球人類の救済に真底注いでいる。
『過去』
 ・ 以前地球と同様な苦難な時代を経験、努力の結晶の結果、理想世界を完成。
 ・ 金星が崩壊寸前状態時に、先輩惑星指導者が、白色円盤で現れ、宇宙の真理と神性、
宇宙科学の知恵を伝授、受け入れ、乗り越えられた。
 ・ 悲惨な戦争・破壊・疾病・退廃の限界に達したのち、悪徳政治リーダーが追放され、
人道主義者や賢者が指揮をとり、行政管理全体に改革した。
 ・ 私服を肥やした為政者達は追放され、人道主義者達がリードし、虚栄心や権力欲が減
り、全分野にわたって道徳が確立された。
 ・ 荒廃した天地を植林で復活させた。
『気候』
 ・ 金星全体の気候は、常春に制御。---動植物も調和しており、有益な種類のみ存在。
 ・ 人工的にコントロールし、快適さを維持している。
『都市』
 ・ 大自然と調和した7大都市で構成。
 ・ 金星の都市・住宅は、緑と花の街。
 ・ 空全体が円天井。適度な光を常時放射。
 ・ 中心部に司令塔。行政部として日用品・食品分配、気候・照明等を制御。
 ・ 司令塔にて、常時円盤・その他機関とコミュニケーションを維持。
 ・ 司令塔にて、全宇宙の波動を受信。過去から現在までの記録の保管庫。
『交通』
 ・ 大中小各種の円盤が目的地、人・荷物、などに応じて利用。
 ・ リニアーカー、動く歩道、エレベータ等多種多様。
 ・ 円盤等各乗り物は斥力が作用、障害物に衝突しない。
『住居』
 ・ 照明は電磁波を光波に変換する装置で、天井や壁が発光する。
『社会機構』
 ・ 社会機構は、各自が役割分担を、一なる中心に向かって感謝と喜びを持って奉仕し、
統率されている。
 ・ 中心帰一が根本理念。奉仕の精神で貫かれている。
 ・ 特別な政府はない。金星は一つの国。自分自身が政府。
 ・ 全員が同じ世界の市民。国、祖国という概念がまったくない。
 ・ 円盤基地が金星社会を構成する中心地。上空・地上・地下にも存在。
 ・ 他の惑星人とも自由に交流し、相互に進歩。
『経済』
 ・ 貨幣経済制度無い。
『産業』
 ・ 海から建築材料を始め各種の製品の原料資源を取り出す。
 ・ 宇宙科学的に基本原材料を製造、製品素材原料に合成、製品化する。
 ・ 物品の製造・不用品の消滅も宇宙科学で達成。
 ・ 設計図の中に素材を含め、波動を照射し復元する。
 ・ 農業・工業も宇宙科学を利用。--- 金星人類の進化向上に貢献する科学以外はない。
 ・ 農作物は合理的に管理された農場で効率的、計画的に生産。
 ・ 果樹園も高度に工業管理され、高収穫される。 
   ~ 施肥:必要な養分を含んだ液体肥料タンクから地中に配分。
 ・ 物質の流通機構--- 製品製造 →波動変換保管→波動送信→受信・波動変換再生し製
品使用。(約50分の一に変換)
『生活』
 ・ 金星人の生活は調和第一。
 ・ 一切のエゴがない。
 ・ 皆愛のオーラを持っている。
 ・ 摂取している食べ物:宇宙キリスト意識から取り入れた食べ物が主、他に自然食、
大気中から取り入れた食べ物。
 ・ 生命は普遍的宇宙の中のキリスト意識として全宇宙に存在していることを理解している。
 ・ 言語は一つの共通語が使用される。
 ・ 多数の言語が存在しますが、短時間に話せるようになる。
 ・ 時間の制約を感じない。
 ・ 安眠べットで目覚めは快適、リフレッシュエネルギーに満たされる。


『食事』
 ・ 五つの基本的な味をミックスし、数千種類味わえる。
『宗教』
 ・ 組織された宗教はない。
『身体』
 ・ 物理的身体のコントロールが可能。
 ・ 相対的に小柄。望んだとおりの体格。
 ・ 皮膚・髪・目の色等は金星の気候条件による。
 ・ ほんの僅かな動物性を持っている。超能力的存在者。
 ・ 無限なる能力を発揮している。
 ・ 直観力とテレパシーでコミニュケーションしている。
 ・ 自分自身が大師、自分の中に神を見出している。
『教育』
 ・ 教育は天性教育 ---各自の天命を発揮できるように指導・教育。
 ・ 政府が子供の教育を適した時期まで行う。
 ・ 一人一人の適正によって最適な場所で行われる。
 ・ 金星人の根本は、神聖なる奉仕と無条件の愛。
 ・ 「自動音響映像システム」使用。
『宇宙機』
 ・ 無尽蔵にある宇宙エネルギーを活用した乗り物。
 ・ 目的に応じ、有人、無人、惑星間飛行用葉巻型母船から大中小型円盤等がある。
 ・ 各種の乗り物の動作原理はすべて同じで、配置と処理法が異なっているだけ。
 ・ 円盤の機械構造の基礎は「整速輪」。「整速輪」の回転速度が変化。
 ・ 透明な材料を使用。
 ・ 超高性能観察装置装備。
 ・ 緊急用の「波動砲」装備。
 ・ 宇宙科学により、各惑星に住む人類の詳しい情報を把握している。
 ・ 万が一邪悪な惑星人に捕獲された場合は、乗員収容後、破壊させ、悪用を阻む。

12.《月》 
 ・ 月は約200億年前誕生した小惑星を、約45億年前に改造した宇宙ステーション。
 ・ 月はアンバランスな惑星を回復させるための、惑星振動数を調整する働きをする、
惑星連合によって創られた。
 ・ 月はシリウス系の惑星から太陽系へテレポーションしたもの。
 ・ 太陽系惑星へのサポートは約34億年前。
 ・ 地球へのサポートは約12億年前と約2億年前。
 ・ 惑星連合(リラ星人等)が惑星の物質及びエネルギー周波数調整用に改造。
 ・ 改造の結果 → 地殻数十Kmの中空(直径約3,500Km)、磁場・重心なし。
 ・ 高次元波動でみれば自然豊かな惑星。
スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1066-42edb079

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。