Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙人の魂を持つ人々

Posted by photn on 10.2011 アセッション   1 comments   0 trackback
スコット・マンデルカー氏の「宇宙人の魂を持つ人々」は、もはや精神世界の

古典の仲間入りをしたといっていいだろう。

この本の主張はよく知られている。60億を超える地球人類の中には、1億人
以上もの「ETソウル」が紛れ込んでいるというのだ。

ETソウルというのは、「宇宙人の魂を持つ人」である。肉体は地球人とまった
く変わらないのだが、魂は地球人ではない。別の生命系から来ている。

そのため、地球土着の魂とは、かなり文化が異なる。地球生命系に特有の、
制約の多い時空間、個体分離が進んだ競争環境に慣れなければならない。
多くの場合、結局は異質な存在として人生を送る・・・・・。

ETのうちの95%はワンダラー(別の天体から地球生命系に生まれた、さまよ
える宇宙人)であり、5%はウォークイン(人生の途中で、宇宙からの魂が肉
体に入った人)であるという。

当然のことながら、マンデルカー氏自身もワンダラーだ。
 
ともに、慣れない地球環境で悪戦苦闘しつつ、来るべき「アースチェンジ」の衝
撃をやわらげるため、地球生命系の片隅で待機している仲間である。

来るべき地球の大変化は、地球人の想像を絶するものだ。彼らだけでは、間
違いなく大混乱になる。気楽に受け入れられるのは我々、宇宙人しかいない・・・。
 
注目すべきことに、1996年に出版された本書において、マンデルカー博士の
インタビューを受けたワンダラー達は、「2010~12年頃のアースチェンジ」を
口々に語っている。
 
 「地球は一大転換期にある」(ビッキー)
 「地球規模のエネルギー転換期だ」(ビリンダ)
 「惑星全体の意識が高揚している」(バーバラ)
 「来るべき地球の精神的変化」(バリー)
 「地球の意識は急速に進化している」(ポーリン)




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1128-c2b1720b

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。