Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4密度へ移行

Posted by photn on 30.2011 アセッション   1 comments   0 trackback
1.次元上昇(アセンション)
この世界は間もなく『 次元上昇(アセンション) 』が起こると言われています。 これからこの地球という惑星、と言うより太陽系全体にめちゃめちゃ大変な事が起ころうとしています。

 これからこの地球は次元上昇します。 『 次元 』というのは先に出てきた『 密度 』の事です。 
今この地球は三次元世界(第3密度)と呼ばれている、所謂(いわゆる)“物質世界”に属しています。

その三次元世界(第3密度)の密度が濃くなる事で次の次元、第4密度へ移行していくんですね。 
密度の濃い世界へ移行する事を『 次元上昇 』や『 アセンション 』と言ったりしています。

次元上昇は“外的要因”によってこの宇宙では必然的に起こる現象です。 
天国に繋がる道に光のトンネルがあるとします。 
その道を進めば必ずそのトンネルを通り抜けるという一本道です。

その道を進んでいるのが今のこの地球(太陽系)です。 
そしてそのトンネルが“外的要因”という事になります。 
この外的要因によって太陽系を含むこの地球は“必然的に”次元上昇をします。

それと『 アセンション 』も『 次元上昇 』と同義語で使われていますが、これ(アセンション)は人間に起こる(人間が起こす)“内的変化”と言った方がより分かり易いかも知れません。

「内的変化」というのは、皆さん一人一人の精神性の変化の事を言います。 
精神性の変化とは「霊性の進化」「異なる波動への移行」生きながらにしての「魂の進化」という事ですね。

この「アセンション(霊性の進化)」は必然的に起こるというものではなく、皆さん一人一人が自覚されたその瞬間から各々に現れる精神性(霊性・波動・バイブレーション)の変化を指します。

つまり、『 次元上昇 』は外的要因によって必然的に起こる現象ですが、『 アセンション 』は個人個人の“気付き”“自覚”によって起こす精神性(霊性・波動)の進化向上という事になります。

では「次元上昇(アセンション)で起こる“現象”って何なのか?」「外的要因って何なのか?」って話ですが、それらも含めてこれから詳しく且つ簡単にお話させていただきます。 
               
2.外的要因 『 フォトンベルト 』
次元上昇(アセンション)で起こる現象のお話に入る前に、『 外的要因 』について少しお話させていただきますね。 
次元上昇は“ある外的要因”によって必然的に起こるとお話させていただきました。

『 次元上昇 』の引き金になる“外的要因”、それは『 フォトンベルト 』と呼ばれている「光子の群れ」「光子の帯」の事です。 その光子(フォトン)は銀河系にドーナツ状の帯を形成しています。

先ほどの「天国に繋がる道」の“光のトンネル”がこのフォトンベルトという事になります。 
フォトンベルトは『 エネルギー増幅器 』の役目を持っていて、様々な生命体(物質)に変化をもたらします。

地球が太陽の周りを公転しているのはご存知だと思いますが、それと同じ様に太陽系も銀河系内を公転しています。
 その太陽系の公転の通り道に広大なフォトンの帯が存在してるんですね。

今この太陽系は公転の関係上そのフォトンベルトを出入りしている状態です。
 と言ってももう太陽自体は出入りを終えスッポリと突入しています。 地球がもうあとチョイという所です。

出入りを始めたのが1987年(昭和62年)頃だと言われていますが、その頃から各所で次元上昇の準備がスタートしました。 各所というのは地球上の全生命体を含む太陽系全てです。

地球も生きていますから地球自身も次元上昇を始めています。 
自然界に属する動植物も然り、僕ら人間(肉体)もそう、ありとあらゆる物質もその対象になります。

そしてその次元上昇の一つの区切りが2012年12月冬至(22日)になります。 
それ以降はどっぷりとフォトンベルトに入りますから、そこから密度の濃い世界に移行していく事になる訳です。

ただその時点ではまだ充分に濃い密度という訳ではありません。

 霧を想像して下さい。 

前方に霧が見えてきました。 

完全に入る前は霧が途切れ途切れの状態です。

それを更に進むと徐々に霧は濃くなっていきます。 完全に中に入ると濃度満点の世界になるという感じです。 フォトンベルトは「ここからここまで」という境界線がある訳ではありませんからね。 (^^)

 そして完全に突入するのが2012年12月冬至ですね。

それでもまだ濃度は薄い方です。 そこから数千年(約2,000年)掛けてフォトンベルト(濃度の濃い世界)を通っていく事になります。 ではそのフォトンベルトを通過する事で何が起こるのか?

太陽系(地球)がフォトンベルトに突入する事で今何が起こっていて、これからどんな事が起こるのか? 「次元上昇に伴う色んな事象」をお話させていただきます。


3.次元上昇に伴う色んな事象

○ 人間の身体に起こる様々な変化

先ずは『 フォトンベルト 』による人体への変化(肉体的変化)です。 
皆さんはここ数年、胸の辺りや背中の辺りが何の前触れも無くちょっとした動作で激痛に襲われた事はありませんでしたか?

その痛みは「心臓が締め付けられるようでこのまま止まるんじゃないか」と思えるほどの激痛だと言う人もいます。 
痛みの感じ方は人それぞれあるみたいですが。

それが起こると か細い呼吸しか出来なくなり、深呼吸が出来なくなります。 
身体をよじる事も困難になったり、時には立ち上がる事や歩行する事さえ難しくなります。

その期間は様々ですが、軽いものなら数分から数時間。 ちょっと時間が長くなる場合で数日。
 ところがあれだけの激痛にも関わらず病院で検査しても何も異常が見つからない。

そしてそれが治まると何も無かったようにまた日常の生活に戻り、またフッとした時にその症状が出る。 
この症状はどうして起こるのか? フォトン(光子)はあらゆるエネルギーの増幅器です。

全てとは言いませんが、これらの症状はフォトンに触れる事によって起こる細胞の固有振動数の変化と考えられます。 エネルギーの増幅、振動数の増幅による人体細胞の変化ですね。

密度が濃くなる毎に地球自体もそれに合わせて変化を起こし始めています。 

こんな話をご存知ですか? 「蛙さんとお湯」のお話です。 

蛙さんをいきなりお湯に入れるとショック死するそうです。
 次に水の状態に蛙さんを入れ、その水を熱する事でお湯に変えていきます。

すると前者のお湯の温度に達しても後者の蛙さんは死ぬ事はないそうです。
 つまり何が言いたいのかというと、その環境に変化が起こる事で身体(細胞)はそれに「順応」しよとするという事です。

今までの第3密度に合っていた人間の肉体細胞は第4密度への移行に伴い順応しようと、
徐々に細胞の固有振動数を変化させいると思っていただければ良いかと思います。

それと、フォトンの影響かどうかは別として、食事に関する異変も見受けられるようになりました。
 極端な例ですが、(断食の類とは別に)食事を摂らなくても普通に生活出来る人が現れ始めました。

「ブレサリアン」と呼ばれていますね。 「ベジタリアン」や「ヴィーガン」と呼ばれるそれとは違い、

栄養は太陽光♪ あと「フルータリアン」と呼ばれる食の摂り方をされている人たちもいるみたいです。

一日三食全てイチゴしか食べないのに何の栄養の偏りもなく普通に生活している人がいます。

 4~5年前にTVで紹介されていたのですが、当時はまだ10歳前後の子供だったと思います。

今思えば、前ページでご紹介させていただいた『 スターチルドレン 』だったのかも知れません。 いずれにしても彼らのそれはアセンションに向けてのデモンストレーションのような気もします。

○ 「霊性」の変化

フォトンベルトの影響で密度が変わると面白い事が起こり始めます。 先ほど「霊性の進化向上」は皆さん一人一人の「気付き」や「自覚」によって各々が起こすもの、とお話させていただきましたね。

「霊性」というのは一言で言えば“『 愛 』と『 光 』”です。 『 愛 』と『 光 』と言うのはその人の“思い”でもあります。 その思いはやがて“言葉”になり“行為”になります。 「身・口・意」ですね。

これから密度が濃くなるに連れ、この「身・口・意」がその人の「霊性」を現していく事になります。 そしてそれらは波動を色濃く伴いますから、そこに起こる現象は人によって大きな変化を生みます。

この「霊性」というのは各々の「気付き」や「自覚」によってもたらされる、一見自分の内面からから湧き上がってきたモノのように思われるかも知れません。

でもその要因は密度が濃くなり“あちら”と繋がり易くなった事で起こり始めます。 気付いて下さい。

他にも地球をサポートしてくれている存在。 太陽系をサポートしてくれている存在。 色んな高次の存在がいましたよね。 そういう高次の存在があらゆる形でメッセージを届けてくれています。

メッセージが聞こえる聞こえないなどに関係なく、何故か不思議な事に“良心(神性)”が目覚め始めている事に気が付きませんか。 それはあなたの内からフッと湧いて出たものだけではありません。

「何かしなきゃ」「人の為に何か出来る事はないだろうか」、今こういう思いに駆られている人は“あちら(高次の存在)”の意識と繋がっています。 無意識にでもメッセージを受け取っているんです。

「許せない人を許そう」「ごめんなさいと謝ろう」「ありがとうございますと感謝しよう」「人を恨む必要はなかった」「自分を卑下する必要も無かった」「愛するだけで良かった」「好きになるだけで良かった」

これらの思いはご自身の内面的な部分から生まれたり、シンクロで無意識的に繋がったどこかの誰かからのメッセージであったりするんですね。 “閃き”なんかと同じです。

それは意識する事でよりリアルに感じ取れます。 皆さんの中にはこういうサイトを見たからそう思えるようになった、それが出来るようになったと思われている方がいらっしゃるかも知れませんね。

でも確信して下さい。 この世に起こる出会いや出来事は“偶然ではなく全て必然”です。
 直接受けるメッセージもあればこういうサイトとの出会いによって受けるメッセージもあります。

自身がえり好みして選んでいるようでも実はあちらからのお導きである事も多々あります。 後はご自身の選択です。 何を信じどう動くか、全てはご自身の自由意志に委ねられています。

これからはどれだけ愛を持って人を思い接するか。 どれだけ愛を持って地球を思い接するか。 どれだけ愛を持って宇宙を感じるか。 その波動がこれからの世界を創っていく事になります。

密度が濃くなると人々の「霊性」は進化向上します。 一人一人の波動が『 愛 』と『 光 』に満ち溢れてきます。 一人一人が輝き始めます。 だって人は元々そういう存在だったのですから♪^^

2012年のその時まではその記憶を思い出したり気付き自覚していく段階です。 「あっ、思い出した♪」なんて事がある訳ではありませんが、「気付き」「自覚」していく過程は誰にでもあります。

『 愛 』に生きよう、『 光 』のように輝こう、そう決めた(選択した)時から皆さんのアセンション(霊性の進化向上)は始まります。 「許します」「認めます」「ごめんなさい」「ありがとう」です。


○ 地球に起こる様々な変化

さて、密度の上昇による様々な現象の最後は自然界を含む地球の変化についてです。 地球が生きているのは皆さんご存知ですよね。 自然界にある草花や木々と同じく地球も生きています。

これからしばらくの間この地球では色んな天変地異(と思われる現象)が起こると言われています。 そしてその規模や頻度は過去に例を見ないくらいのモノになっていく可能性もあると。


この現象は2012年12月のその時まで起こり、それ以降はピタッと止むという訳ではありません。 その後何十年も続く可能性はありますし、そこ数年で穏やかになっていく可能性もあります。

フォトンの影響により人間の身体の細胞は変化を始めています。 地球も生きていますから、これと同じように内部の隅々に至るまで固有の振動数を変化させているみたいです。

それと、これら一連の自然現象の拡大は「地磁気の変化」「磁場の変化」という話もあります。 いずれにしろフォトンは全てのエネルギー(体)に変化をもたらしているようですね。


地磁気と混同して良いのか分かりませんが、「シューマン共振(共鳴)」というのがあります。 これは地球自身が自ら発している波長と言いますか、地球内部が共振する周波数の事です。

このシューマン共振と呼ばれる周波数(7.83Hz)は人間の脳に最も安らぎを与える周波数(α波)だそうです。




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1144-6c70c81d

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。