Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、地球に住む人間に必要なこと

Posted by photn on 13.2011 アセッション   1 comments   0 trackback
現在地球は宇宙の時空間の必然的な調整プログラムの当事者として、エネルギー、物質の両次元において急速な変容を経験しています。現実的な現象としても数年以内にテレポーテーションを経験します。
人間の現在の意識の成長段階からは想像も出来ない事態が今後次々に起こってきます。
事実に直面し、顕在意識で組み上げてきた人生観、歴史観、宇宙観を早急に再構築する必要性に迫られることになります。

この時始めて地球の大多数の人々にとっては直感により本質(EXA PIECO)からのメッセージに即応するという、人間本来の自然な行動パターンを急速に復活せざるを得ない状況になります。

これは全く新しい文化、EVHAの文化への移行の第一歩です。その最初の段階で経験する急激な人生観歴史観.宇宙観の再構築のプロセスをサポートします。

まず、人間が自らの本質の意識と意志(EXA PIECO)の存在を認識し常にそのメッセージに謙虚に耳を傾けて実行し人生を宇宙における自己存在の探化のための実践的な学びの「場」としてとらえられるようになることが必要です.すなわちあらゆる存在が愛の振動波 を受発振しサポートしあいながら、究極の宇宙意識、EHKOの振動波へと限りなくちかづいていく現実的な意識変換の機会として与えられているのが「生きる」ということです。

人間の段階に至っているEXA PIECOは「積極的に文化を形成する」という特徴があります。地球の場合人間が健在意識をベースにして文化を構築したところにその発展の限界が生じ、さらに顕在意識のEGHOの振動波が増幅の一途を辿ってしまったところに地球の文化から発振される振動波の歪みが銀河系内の一大汚染源になってしまった現実があります。

この事態の変換のために現在、惑星系の方々、銀河系の方々の直接的なサポートを始め、宇宙から地球
への大規模なサポートが起きていますが、地球の方々にはこれらはすべてあくまでもサポートであり、本質的な文化の変換は地球の方々お一人お一人の気づきと決心.行動によるものであることを深く自覚していただくことが必要です。


                  なぜ地球における教育は崩壊しているのか


人間として地球に誕生した事実に関する「本質的な学習」を追求せず、自らについて学ぶという最も基本的な作業を全くしていないことに起因します。

顕在意識で組み上げた理論や情報を習得することにエネルギーが費やされ、人間とあらゆる存在物が蘇生化の方向へ向かうことを明確な目標とした学習が行われていないからです。
また、教育する立場にある方達自体の存在についての気づきの度合いが低い現状もその要因となっています。

教育者の宇宙との調和度は学習者の人生に決定的な影響を与えます。
地球の教育現場で現在起きている学習者のようような形態での「反抗」は存在の本質から発している行動であり、教育者また親、施政者が本質な原因に気づき自らの意識変換に向かわない限り状況は調和には向かいません。

宇宙での学習力の基本は直感力を基礎とし、既存の情報の精度も直感によって取捨選択し、宇宙の仕組みを自ら理解する能力です。宇宙からの情報をその時代の文化の文脈の中で表現し他者に伝え、より宇宙と調和した文化を具体的に現実化していくことが学習の本質的な目標です。

地球の現在の教育は地球の特異な文化の中で合意されている知識、習慣を細分化した段階から健在意識に注入することをその大部分としています。本質を追求し学び、核心的な事実からホリスティックに構成する教育体系になっていません。核心的な情報を事実として知覚する直感力が一般化されていないためです。

核心的な情報とは「宇宙の成り立ち」「地球の真の歴史」「人間として地球に生れた本来のプログラム」
などであり、教育のコア.テーマには「自然の法則」「波動の法則」が必要です。

こだわりなく心身ともに弛緩した状態で情報を存在自体でうけいれることができるようになりますと、一つの
事実以外の何ものも必要とせずそのまま理解でき、説明を必要としません。
宇宙においては、全てが関わりあっていますので、一つの事実を真に理解することはより全体を理解することに発展しています。


                 現在日本から世界へ何が起き始めているのか


日本は地球の誕生時より土地としての役割を果たしてきた地域です。
世界各地にも他星からの移住に伴いテレポーテションしてきた山やピラミッドその他の形状をした波動エネルギー調整装置が残っていたり、往時のその土地の役割の形跡の残っている個所は数万個所ありますが今回のテレポーテーション時に主要な役割を果たすエネルギースポットのうち数箇所は日本に集中しています。

世界各地で人間の意識の変換期に気づき、今回の地球のテレポーテーション前後の文化の新建設への役割を果たし始めた方々はたくさんいますが、科学、医学、教育、芸術、経営、生産、消費など社会活動全般にわたる具体的な総合応用段階となりつつあり所に日本の大きな特徴と役割があります。

日本には現代にも人間が言葉を必要とせずにコミニケーションしていた時代の文化が残っており、人間と人間が個を超えた目的のために生きることが自然に了承されています。

現在一人の傑出した人間の先導により急速に社会的な気づきの過程にあるだけでなく、それぞれの段階に応じた役割を全開で実行し、文化レベルでのシフトに向かっており、この流れは今後世界各地で役割を実行している方々を通じ、地球全体へと伝わっていきます。

EGHOの文化からEVHAの文化への移行です。
   
さて、今起こりつつある変化の流れは今までとどこが違うのでしょうか。
           
どうしてこの時期に強力なエネルギーが降ろされているのでしょう。
それは地球自体が五次元生命体へアセンションするために変革の胎動を起こし始めているからです。三次元的な今までの社会制度はまもなく終わりを告げるでしょう。今あなた方が住んでいるこの地球と太陽系全体に、想像を超えた大変革が起きるのです。

この地球の構成要素である原子や分子から始まって、地球上に存在するありとあらゆるものは、より高い波動へと変容し、まもなく太陽系ごと五次元へ移行します。あなた方に選択の余地はありません。

今と言う時期にあなた方が地球に存在していることは特別な意味があるのだということに気づいて下さい。
あなた方はずっとこの時期を待ち望んでいたライトワーカーたちなのです。

1998年から異常気象を始め大きな地殻変動や、天変地異が起きる可能性が高くなると思いますが、しかし、私たちの努力次第で、起こらないようにするか、規模を軽くする事は可能だと思います。
(でも大変な努力が必要)
大勢の人の意識がすぐに向上するでしょうか、今回の大変革は、地球も含む220ぐらいの星が一緒に次元上昇するようですので地球の思惑だけでなく、色々な調整が必要といわれていますので、地球だけの都合で待ってもらうわけにはい来ません。

個人的な対応


1: 宇宙意識に目覚める
2:人間としての正しい生き方を知り、実行する
3: 新人類になる努力をする
4: 肉体の波動を高める
5: 環境破壊や環境汚染を止める
 上記の意識改革を、人類全体で実施する、そしてまずは日本人から始める。

                  近づいてくる何か

皆さんは、今ようような現象を情報を通してみていますが、それはもう他人事と楽観する時ではないのです。
すでに身近な事として生活にまで及んでおり、自分自身にさえも起こっているのです。

ただならない空気をうすうす感じている方もいらっしゃるでしょう。それは「大変革」を前に地球そのもなが「大浄化」を図っているのです。「地球」も意識を持ち、生きているのですから、汚されたら洗い落とそうとするし、悪い菌がいれば抹消しようとします。これが自然の流れであります。
環境汚染が進めば、阻止するために「地震」「洪水」「風」等で浄化するのは当たり前です。

近頃の自然災害がこれまでにない規模なのは、地球をいじめ過ぎているからなのです。
全ては、人間が引き起こした事です。私利私欲のために「戦争」や「核実験」等を簡単に行うような「低意識」と「悪想念」に固まった人間は病原菌以外の何者でもないのです。原因のつかめない病気は、そんな人間達のために出現したと理解できます。

このすこしづつ迫り来るもの。まさに「世紀末」という「波動」を体感しているのです。
人間がなにをなすべきなのか。この時代に来て気付くことのできない者は、「淘汰対象」になっても仕方ありりません。常に神仏は、全て人類に平等に「気付きの波動」を送っています。

今こうしている時でも、絶えず送り続けているのです。選ばれたもの「先覚者達」は、このことにいち早く気付いて、己の役目が何かをつきつめ、探求する強い思いで、「神の導き」をより確実なものにしてきたのです。
そこにたどり着くまでの道程は、決して楽な事ではありませんでした。

それらは全て「神々の大計画」の一部であり、乗り越えるべき試練なのです。どんなに苦しかろうと、辛かろうと、前に進む気持ちがなければ、人は本当の生きる意味を知ることはできません。
人類は、大きな課題を持って生れてきた存在なのだという事を「先覚者」となった者達は、深く思い知らされたのです。

地球に「魂」を降ろされる時に、与えられる肉体から、修行のための家族や場所に至るまで、全て決められております。そして、必ず神といくつかの「約束」をします。その「約束」と「命役」を成し遂げるための人生を送ることが「魂」の喜びであり、幸せなのです。

感じた事があると思いますが、「今、自分は一体何をやってるのだろう。こんなことでいいのだろうか。自分は何をしたらいいのか。」等

という自問自答が、神との通信の第一歩です。

ついでに、「宇宙連合とは」
宇宙連合について、ご説明したいと思います。様々な意識改革書を、お読みの方は、この名前を聞いた事があると思います。実際に宇宙連合としか表現できませんが、決して他書の引用ではありません。
この宇宙連合は銀河系の中でも二千団体くらいは存在しますが、我らが、太陽系では、金星に、その
指揮権が置かれています。そして、太陽系内の全ての星が、この宇宙連合に加盟しています。

地球はようやく・・・・年に加盟許可が降りまして、新しく仲間入りさせて頂きました。
この宇宙連合はZ-2といいまして、おおもとのリーダー星、はるか190万光年離れているアンドロメダ星雲のなかの大博愛の星、アンドロメダ星であります。
このアンドロメダ星は、いくつかの宇宙連合の統括もしているのです。しかし、第7太陽系では、今のところは、その指揮を金星に委ねている状態であります。そして、現在の地球に対して、一番の指導、教育を行っているのも金星であります。
もちろん太陽系全ての星よりの協力もあります。

しかし、宇宙には絶対的なルールがあり、来るべき時(ポールシフトが来るような時)がやってこない限り救済対象の星に直接的な協力をしてはいけないというのです。
ではそのルールを三つ程、記してみましょう。

1.救済協力の星に対して、三次元的物質的「援助」「協力」をしてはいけない
2.直接的な実力を公使してはいけない
3.その星の先住者と協議の上に話しを進めなくてはいけない

この様に基本的に三項目が挙げられますが、全ての項目において波動的な協力については、いくらあってもよいのです。
そして彼ら、宇宙連合の最も言いたいことは、西暦2000年を待たずに、地球は崩壊するということです。
それで、少しでも多くの地球人を救済しようと努力されているのです。この宇宙連合の活動は、今始まった事ではなく、すでに数十年以上も昔より行われていたのです。




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1153-e8ecee88

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。