Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトン・ベルト 3

Posted by photn on 17.2012 フォトン・ベルト   1 comments   0 trackback
では、そもそも光とは何なのだろうか。
光は粒子としての性質と電磁波としての性質がある。それを光の二重性という。また、光の粒子を光子(フォトン)と呼ぶ。

 光とは、何かが振動している波である(波動説)とか、物質が原子からできているように光も光の粒子からできている(粒子説)などの主張がなされてきた。そして、その論争が決着したのは、いまから100年ほど前の20世紀初頭だった。この頃、相対性理論が登場した。

 
結論的にいえば、光はやはり粒子であった。だが、ある意味で、波のような性質をもっていた。
なぜなら電子、そして原子核を構成している陽子とか中性子といった粒子など、この世の中のすべての粒子が、波のような性質を持っていることがわかったからだ。

実は脳の信号は、量子であるフォトンの流れですべて決められている

量子の世界の解明は、もしかしたら、人間の本質、人間の持つ曖昧さ、人間の深遠な思考など、人間にまつわる哲学的世界まで踏み込んでくる可能性がある学問なのだ。

いま世界中でフォトン・コンピュータの研究が急速に進んでいる。光集積回路製造への道は確実なものになりつつある。現在の最重要課題は、光マイクロプロセッサーを製造するための素材を作り出すことにある。

フォトン・コンピュータが完成すると、コンピュータはヒトの脳を機能面で凌駕する可能性がある。現行のコンピュータとは比べることの出来ないテラヘルツ(GHzの1000倍)の世界、つまり1秒間に1兆回の演算処理を実現するのだ。

 これを実現するには、光子(フォトン)の運動を変化させて操作できるようなチップの設計が必須となってくる。ちょうど、現在の半導体が電子の流れを変えて操作するのと同じことだ。
 コンピュータ内の演算処理がフォトンで行われるようになると、まさにわれわれ人間の脳と同じシステムでコンピュータが稼動するようになる。


 『フォトニクス』という新しい言葉も生まれている。これまで「0」と「1」を表現するのに使われてきた電子の代わりに光子を使う技術のことで、チップの小型化と演算処理速度の飛躍的な向上をもたらすと期待されているのだ。


春分点が獅子座と水瓶座の時代に起きる地球規模の大異変

 今後この地球がフォトン・ベルトに進入していくと、この事態が地球の人間の文明にどのような影響を与えるのかを我々は知らなければならない。

西暦2001年、占星学の世界では地球は魚座の時代から水瓶座の時代に入ったとされた。
これはどういうことかというと、西洋占星学の診断で重要とされる『黄道12星座(ゾディアック)』の起点である春分点(春分の日に太陽が来る位置)は西洋占星学が体系的に整った紀元前2世紀の頃には,黄道上の実際の『牡羊座』の初めの方にあったといわれる。

ところが“歳差”現象といって23度半傾いている地軸が約2万6000年に1回の割合で,コマのように“首振り運動”をしているため,春分点が毎年西に極めてわずかながら移動する。
そのためこれまで約2千数百年、『魚座』にあった春分点は今後約2000年にわたり『水瓶座』に入るため、占星学では 「水瓶座の時代」 とよんでいるのである。

フォトン・ベルトの影響下に入るのは、常に春分点が「獅子座」と「水瓶座」に位置する時代であり、私たちが今、迎えているのは紛れもなく水瓶座の時代....。
言いかえれば、春分点が「獅子座」時代と「水瓶座」時代は、大きな変革の時代となることが、あらかじめ設定されているともいえるだろう。結論的にいうと、人類は、約2万数千年間の“物質文明”と、約1千年間の“精神文明”を規則正しく繰り返しているのだとされる。


2万数千年ごとに訪れるこの現象は、人間を始め、地球上のあらゆる存在の進化を促進する“通過儀礼”のようなものといえるのでないだろうか。

新聞・テレビが伝える情報からみても、現在の地球は太陽系全体を含めた“変動周期”を迎えているのは間違いのない事実である。このことは、読者の皆さんも日々まさに実感されている筈であろう。

フォトン・ベルトの観察研究をおこなったロバート・スタンレー博士は、1991年に作成した論文に「我々の太陽系は2万6千年の時間をかけて銀河の軌道を完結させている」と記述したことを前で紹介した。

つまりフォトン・ベルトの影響かあるいはフォトン・ベルトが原因としか考えられない異常事態がこの地球上で起きているということ、間もなく我々の太陽系、あるいは我々が生を営むこの地球がフォトン・ベルトに覆われることを予感させる。




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1209-7a04f087

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。