Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮大な物語 一人ではない

Posted by photn on 14.2012 アセンション   1 comments   0 trackback
パタゴニア

こんにちは皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。簡単にではありませんが、磁気が変化していることについてまたお話しましょう。科学が考えるようなものではありませんが、皆さんのDNAに影響する根本的な変化です。皆さんのいう冒険の終わりであり、私たちのいう大冒険の始まりです。今回のチャネリングではかなりの情報が詰まっていますが、聞いたことのある人もいるし、いない人もいるでしょう。 

私のパートナーは22年間メッセージを伝えてきましたが、今こうして共に座って可能性についてお話しすることができました。また、地球と人類の歴史について複雑な話ではなく、分かりやすく簡単にお話しましょう。内容を凝縮してお話しますが、少しは分かるようになるでしょう。

1300万年前にすべてが始まりました。パートナーは地球が形成された時に創造の洞窟があったと言いました。量子的な出来事です。その洞窟は地球にありました。私はそこにいました。地球が作られるその可能性が現れ始める様を見ていました。そして、皆さんが知る必要のあることが、以下の様なことです。地球が創られた時皆さんは黙って座って見ていたのではありません。どう説明したものか、地球の歴史の最後の瞬間に人類の文明が出現したように思えるのは、何か変なことだと思いませんか? 何十億年、地球の生命の歴史の中で、何度も何度も命が誕生してスタートし、そして行き止まりました。しかし、人間はそこにいませんでした。人間はそんな中で最後の瞬間発達しました。それは何か変だと思いませんか? 巨大哺乳動物は何百万年も前に存在しましたが、皆さんはいませんでした。科学はこのことを変だとは思っていません。比較するものがないのです。科学は単に起こったものとして見るだけです。私たちはそれを、計画されたシンクロニシティと呼んでいます。

この歴史をお話するには、再度創造のことをお話します。当時皆さんは見ていませんでした。皆さん誰もがどこかにいました。ここが最初の惑星ではありませんが、それは知っていましたよね。

しかし、他のところの存在でいた事については現在のアカシックの歴史にはありません。DNAのアカシャは地球がベースになっています。だから、どんな思いでも、それはハイヤーセルフから得た仮定や直感であってDNAから来るものではありません。皆さんのDNAは地球が基本になった、1回変化したDNAです。その時の創造の話をしていきます。


あらまし

では、10億年前に遡って見ましょう。その時から皆さんはこの銀河にいます。どうか人の歴史に関してはこの銀河の外を見ないようにお願いします。各銀河には独自の計画があり、計画はその銀河の物理に影響を与えます。そういうわけで、科学は宇宙の別の物理法則を発見することができます。でも原因はわかりません。今回はこの銀河にいてください。今、意識が物理法則を決めると言ったとしたら、多分理解できないでしょう。なので、その件はこれ以上触れません。

皆さんが経験した地球にお連れしましょう。40億年前、皆さんの地球は冷却していました。生命ははまだ誕生していませんでした。種はありましたが、それだけでした。まだ生命は全然芽生えていませんでした。しかし、銀河の他の場所ではすでに人間のタイプ、ヒューマノイドの洗練された集団がいました。彼らは皆さんと似ています。それも計画です。40億年前、皆さんとは全く違うタイムラインにある他の惑星では生命が存在しました。

10億年前、彼らに変動があり、変動が続き自由意志を持ちました。それまでは、彼らが当時の唯一の自由意志の惑星でした。やがて意識が変容しました。

彼らは急激に変わったようでした。僅か1000年で完全な肉体から光り輝く体になりました。僅か1000年で彼らは量子的な思考をする存在になりました。生命は神聖で明らかに別れた存在で互いに異なっていました。彼らは自分の中に量子的なものがあることを発見したのです。すべてが変わりました。彼らは死なず、計画に従って未来のある時、他の惑星に彼らの進化したDNAの種を蒔こうとしました。相手の惑星に準備が整った時、彼らの光と闇と聖なる直感の知識の種を蒔こうとしました。そして、皆さんの所から遥かに離れたある惑星でそのことを実行しました。それが、セブンシスター星団のひとつの惑星でした。そこはプレアデス人の本拠として知られるようになりました。その時が、プレアデス文明の開始でした。こうしてプレアデス人は、意識のDNAを植えつけた別の存在からスタートしたのです。

何百万年も後になって、皆さんはヒューマノイド型の肉体を持ってセブンシスターズの中でアセンションしました。生命ではなく銀河の歴史をお話しています。神性の歴史、銀河の中心によって影響を受けたすべての存在と量子的もつれにあるすべての歴史です。このようなことはすべて自由意志で行われました。



皆さんの歴史

何十万年前、人間は今日と同じ組織を持つ人間の形を取り始めました。それは、昨日のことのようです。人間の歴史的発達と比較しないでください。皆さんは長い年月をかけて発達してきました。しかし、体にあるDNAは地球で自然に変化したDNAではありません。皆さんのDNAは地球進化系外のものなのです。科学者はこのことを知ろうとしています。科学者の言う “失われた環” は人間ではないのです。

そこでまた、約10万年から20万年前に皆さんに種を植えに来た者がプレアデス人だったことについてお話しましょう。彼らは既に卒業しており意識が変わっておりました。自由意志を持つ量子的存在になっていました。そして皆さんは彼らのDNAを持っているのです。

新しい情報です。種まきは1回ではありませんでした。こういうわけでプレアデス人が皆さんと一緒だった時のことを大きく割いてお話しています。時間をかけて色々な場所で行われました。一斉に行ったのではありませんが、これには理由があります。まだ皆さんには未知の話ですが、他の人間のタイプがあることが今後分かりますが、後でその理由を説明しましょう。今その存在は消滅しています。だから今は皆さんだけが人間のタイプで、それは、地球の哺乳動物の進化とは別です。設計されたものです。知っているように、人間のためにそれを創るのに10万年以上かかりました。

光と闇の存在が蛇や他の伝説を交えた、人間を1日で創造した物語には、人の解釈が混じっています。スピリチュアルな考え方では、このような物語は真実の単なる比喩に過ぎないのです。確かに意識の大きな変化がありましたが、瞬間的にではなく長い期間がかかったのです。同じ伝説に地球の創造は7日間で行ったというのがあります。この数秘学的な真実 [「7」は神聖さを意味します] を表しており、地球の創造は神聖な計画があったという意味です。もう、スピリチュアルな歴史に関してはスピリチュアルな考え方を交えて話し始める時期に来ています。明かされる真実は素晴らしく、十分理解できるものです。

では、皆さんのDNAには何があると思いますか? それは、プレアデス人のコードです。そして、彼ら以前のコードです。それ以前のコードでもあります。思い出すことはできません。固定したものではないからです。そのシステムは、皆さんのアカシックレコードは地球だけによるもので、聖なる記憶は、遥か始めにまで遡り、それは、銀河と宇宙の神聖な顕現と見られるものが創造された頃、宇宙全体が更新を重ね、さらにまた更新を繰り返していた頃になります。

彼らは誰ですか? 彼らは神聖なあなたの両親です。彼らは皆さんの中にある神性シード(種)であり、この地球への訪問者です。彼ら全員がプレアデス人ではありません、知っていましたか? 彼らは銀河のいたるところからやって来ました。彼らもまたプレアデス人の種を代表しています。そして皆さんを安全に保っています。そんなことになっていようとは、と思っていますね。「何からの安全?」と思うでしょう。

安全のバブル

皆さんの宇宙は生命に富んでいます。何百万年の間関係する幾つかの惑星だけが、肉体の中に “創造するDNA” を持つ存在の住む惑星を造り上げました。ある所は種子を蒔かれましたが実を結びませんでした。ある所は死に絶えました。あるところは技術的に発達していますが、神聖な火花はどこにもありません。なので、ある惑星が決断する間は、他の生命から介入を受けないように守られるのです。

皆さんは聖なる存在たちに安全に守られています。今は唯一の自由意志の惑星が決めるまでそれが続きます。今意識の曲がり角に来ており、彼らはそれを知っています。彼らはこの経験があり、覚えております。皆さん、意識は変わりやすいのです! ゆっくり変わるのは知っていますが、ますます速く変わろうとしています。過去のように世代から世代へと時間がかかりません。リアルタイムで変わっていきます。人間は子供が大きくなってその子供たちを待っていられないのです。

安全にしておくのは量子的に行われ、あと3次元の距離で守られています。しかし、当然疑問がありますね。銀河にこんなにも生命がいて、彼らの歴史は古いのに、ETはここに来て公表しないのはなぜか? 何百年もここにいるのに! その答えは私たちが言っていることの中にあります。彼らは皆さんが干渉するなと言っているのを知っており、地球に対して最低限のお邪魔をしては帰って行くのです。



意識の速いシフト

ここ100年科学は駆け足で進歩したと思っていますね。意識が変わるとどうなるか見ていてください。地球の古いエネルギーは討ち死にします。多くの人が死んでいきます。意識の橋を渡り切れない人は亡くなっていくと言ってもいいでしょう。地球が新しいエネルギーを身につけると、古いエネルギーは適切でなくなります。過去数百年人間の性質は大きく変わりました。分かりますよね。多くの人が言っています。「お昼が済んだら、噴火口に処女の生贄を捧げるのですか?」。皆さんは笑って「クライオン、それは古い時代のことですよ」。いえ、そうではありません! 文明の歴史から言えば、それは昨日やったことと同じです。でも今日はやりませんね。だから、どう思いますか? そのような特殊なことをどう見ますか? 「野蛮ですよ。思慮分別がない。人として偏っている、もう認められません」と思うでしょう。

高度な技術を持つ文明が地球に集まって声援を送りながら人間が動物の餌食になるのを見たのは何年前のことでしょうか? 計算すればそんなに昔のことではありません。彼らの観覧席はまだあるのです! だからそれについてどう思いますか?

この地球の戦争がそれと同じようなものだと思う日が来るでしょう。他の人間を殺すという考えはどんな理由であっても野蛮で人のすることではないと思うでしょう。人はこれを見て笑い、「クライオン、それは原始的すぎるよ。それが人間の本質だ。生き残りの本能だ」と言うでしょう。皆さん、そういうふうに変わっていきます。考え方に量子的なルネッサンスが起ころうとしています。説明するのは難しいですが、人間は本質的な何か、本来あるべきものを見失っており、それすらまだ気づいていません。失われています。でも、そういう経験をしないと知ることができません。



新しい直感の継承

一つ指摘しておきましょう。動物について知っている人は、「動物的本能」に呆然と立ち尽くします。牧草地の哺乳類は子供は母親から生まれますが、親はそれを知っています。数時間以内で子供は群れと走り始めます。本能的に敵は何かを知ります。どの草が有害か、水はどこにあるのかを知ります。群れの「言葉」でさえ知ります。面白いと思いませんか? お乳を探しだすことを除けば人間の子供は本能はゼロです。何も学びません。食べること、掴むこと、どこが危険かを学び、言葉を身につけなくてはなりません! 人間は何も持たずに生まれます。そして毎回やり直しです。皆さんは変なことだと思っていませんが、自分もそうだったわけです。人間の脳は複雑だからそうなのだと言う人もいるでしょう。いえ、違います。それは、別のものに変わる準備が出来ていないのです。それが変わろうとしています。

想像して欲しいのですが、人間の赤ん坊が生まれた時は、本能的にすべてを知っているとします。2年以内に歩き、話します。知恵も持ち、何も教える必要がありません。数ヶ月以内で読み始め、話し始めます。その訳は私たちが言う、人間の量子的本能を持っているからです。この赤ん坊は皆さんが今まで持てなかった、知らなかったものを持っています!

今、こういうことが起きた場合、人間に何が起きていると思いますか? 知恵が急激に飛躍しているのです。両親が学んできたことは子供が生まれた時に既に渡しているのです。アカシックとか化学反応的継承以上です。これが知恵と本能の継承になるでしょう。今までこういうことはお話しませんでした。しかし、またお話する時があるでしょう。

それが量子的出来事なのです。創造の物語は10万年以上も前にプレアデス人によって皆さんに種がまかれた話です。それは、彼らが誰かという話です。というのも、彼らもそういう経験をしていたのです。彼らの歴史には、皆さんと同じような特徴があります。地球上の創造の話はどこでも似ていることを知っていましたか? 大宗教でさえ歴史の中でスピリチュアルな出来事がありました。そこであなたそっくりの人間は神から知識を授かりました。ただし、これは洞窟人ではなく、今の人間とそっくりの人のことです。宗教ではエデンの園の喩えがあり、そこは地球で、人間は光と闇という極性の知識を受け取りました。それが、プレアデス人が地球上でやったことです。


レムリア人

レムリア人のエネルギーは孤立したひとつの種でした。最初にやってきたのはプレアデス人だった思うかもしれません。レムリアは山だったし、他より純粋な形で生き残ったからです。地球で最も外れにいたグループは散って大陸に広がり、様々な思想を作り出しました。しかし、レムリアは何千年も同じで歴史上最も長く存続した文明でした。最も科学に見放された文明です。以前彼らの歴史についてお話しました。

したがって、レムリア人は最も古いアカシャを持っています。それは、古い魂と当時のスピリチュアルな種まきの仕組みは、新しい魂だけがやって来れる手段になっていたからです。僅かなレムリア人司祭だけがレムリアでの過去世を持っています。ほとんどは女性でした。ほとんどのレムリア人は地球が初めてでした。当時それが地球で魂が誕生するプロセスでした。今、それだけが結果を残しています。

皆さん、今回は “光明という難題” に取り組む5度目の機会でした。今回以外に機会が4回ありましたがこの段階を乗り越えることができませんでした。しかし、今回は生き残る可能性があります。それが2012です。そのエネルギーは銀河のアラインメント(整列)に整合しています。今回のフラクタルは大きな可能性があり古代の予言でさえ通過すると見ていました。今皆さんはそうしようとしています。50年前でもこの可能性はゆらぎがありました。この5度目は最後になりました。古いエネルギーは強力で何でも破壊する人間の考え方の可能性がありました。これを読む人は私が話していることが分かります。気がついたかどうか、今その可能性でさえ変わりました。



未 来

「じゃあ、クライオン、未来はどんなふうになるんですか? どういう科学が生まれますか? 今言った進化が本当だとしたら、どんなことが期待できますか?」、そんなことを聞いている人がいます。

皆さんの素晴らしい祖父母について少し触れておきます。コンピューターを知らない祖父母にインターネットをどう説明したらいいですか? 人間がまだ空を飛べない時に、滑走路制御システムは何のために使うのか、どう説明しますか?

まだ皆さんはどうするのかアイデアを持っていませんので今後起こることについてはお話できません。ある人が何か知るとその知識が生まれる、すると、全員がそれを知ります。情報をそういうものだと考えてください。量子的本能について考えられますか? 一人の人間が学んだことは即座に全員が学びます。そういうふうに仮定すると、何が起こるか薄々感じます。それで選択は変わりません。知恵が変わるのです。

物理学と化学が意識と融合する時が来るでしょう。その時創造主が皆さんに与えたものが完璧にパッケージになってやって来ることが分かるでしょう。人が小分けにし、別々に詰める箱ではなく、すべて関連することを一まとめにしてエネルギーパズルの中にぴったり収まるようになります。

それには千年かかるかもしれません。過去プレアデス人の種を蒔いた者にとってはそうでしたし、それ以前に種を蒔いた者にとってもそうでした。今地球の年月という変な言葉で言いました。また、 “光明の橋を渡る” のに、あるいは “量子的存在に至る橋を渡る” のにどのくらいの時間がかかるかはっきり言いませんでした。しかし、一般的には、過去の文明では古いエネルギーが新しくなるには1000年かかりました。量子的存在に移行するには何回もの機会が必要でした。すべてはっきりさせようとしないでください。遅かれ早かれ皆さんはそうなります。思ったよりゆっくりだということをここで伝えておきます。しかし、今、それが始まったのです。



あなたは自分自身の種です

地球はあなたを待ってきました。創造の洞窟、クリスタルは皆さんのために準備をしてきました。そこに各人生の可能性がありました。魂のエネルギーが可能性の上に置かれていたのです。しかし間違わないでください。あなたの魂のエネルギーはあなたに種を巻いた者に注がれたのです。そして彼らに種を蒔いた人に注がれたのです。彼らとは、皆さんです。3次元では分かりづらいです。彼らの多くは今もなおあなたを見ています。しかし、クオンタムDNAを持つと、あなたの一部は彼らと一緒にいます。まだ分析しないでください。

皆さんは、地球が創られるのを座って見てはいませんでした。他の惑星で今ここでしているようなことで忙しかったのです。その記憶はありません。潜在的本能があるだけです。この会場にいる人と私の声を聴く人、このメッセージを読む人は全員、以前にこのようなアセンションを経験したことがあります。

なので、人間の皆さん、終わるにあたって、申し上げておきます。あなたは完璧な場所に座っています。あなたが経験したことを経験している他の人の隣に座っています。人間の些細な問題を解決する時です。体に痛みを抱えながらあちこち歩きまわる問題を解決する時です。不安の心理を解決する時です。もう役に立ちません。緩いカーブですが曲がっています。それは、地球のために人類が大きな変革を成し遂げたと見なされる日になるでしょう。それが始まっています。

100年から200年先に進みます。一緒に座ってください。皆さんは変わりました。物事はかなり変わっています。そこにいますが、いる必用があるのです。[クライオンは次の人生かそれ以降のあなたのことを指しています] 人は「何回くらい人生を経験してきたのか」と言います。[クライオン笑う]そうではなく「何回地球の人生を送ったのか?」と聞いたほうがいいでしょう。[クライオン大笑い]何回このアセンションができますか?

全体のゴールは銀河の波動を上げることと、既にアセンションし、もう別のエネルギーに変わった惑星と一緒に仲間入りすることです。すぐに他の者のために同じことをするでしょう。察する通り、またそこで同じことをするでしょう。別の創造の洞窟が造られようとしています。皆さんのために準備しています![クライオン笑い]もう疲れましたか? ファミリーの皆さん、皆さんは永遠であり、システムがあります、それは見事です。ここにいなくても、そのことは完全に理解し、疑問の余地なく関わっていくでしょう。


変革の時に立っています。この場を離れてください。そしてこの時というものの重大さと深みを理解してください。空の変化に注意してください。空は[天候状態]を予見させてきました。目の前の変化を怖がらないでください。

あなたは一人ではありません。

そして、その通りです。


by Kryon




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1228-3fcdb9bc

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。