Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「時間」の授業

Posted by photn on 24.2012 光の灯台   1 comments   0 trackback
Steve
故郷からのご挨拶

内なる子を起こす



今日、新しい波動ができました。皆さんは新しいやりかた慣れつつあり、今ま
でにない様々な機会を手にしています。
自分の見方を変え、自分のエネルギーを変えて物事を違った角度で見る時です。
ある意味皆さんは全員ヒーラーのようです。ほとんどの方は、他の人が自分を
振り返り、問題の基になっているものを探す手助けをしてきました。
それは大変シンプルです。

ほとんどの経験は、最初子供の頃か青春時代の若い頃にしますが、若い頃は心
が簡単に傷つきます。
その頃自分を知り始める年頃だからです。
多くの人が方向を見誤っている時に、本来意図したことに戻る道に気がつくの
でした。
なぜ間違いが起こるのでしょうか? 誰でもそうなるのですか? 確かにそれ
はわざとやったのではありません。
誤りは知っていても起こります。
たとえば、ドアが開いています。
取っ手が手招きしています。そこであなたはドアを押して中に入り「この状態
はいい感じだ。
もっと中に入ろう」と思います。
人間は適応力がありますね。
新しいことに入っていきますが、「これはあまり良くない」とは言いません。
皆さんは自分を順応させ、すぐに周りのものに合わせていきます。「オーケー
、ここまで来た、そこに行こう。
気分がいい」というわけです。
しかしいつも気づかないことは、多くの点でゲームを難しくしているために、
とてつもないエネルギー、労力が必要だということです。



そこで、子供の頃の見方に戻るには何が必要ですか? 思い出すには何が必要
ですか? もちろん、その時から人生は変わってしまい、成長しました。
子供に帰ってほしい、また子供の振りをしてくださいというのではありません。

最初に踏み出した時の見方や考え方を思い出す機会が、今あります。最初に新
しいドアを開けて中に入ろうと決めた時です。突然、道を半分以上も進んでい
るのに気がつくのですが、もう遠くまで来てしまって、後に戻ることができま
せん。

そこで、何事も順応して「ああ、こんなはずではなかった。
でも何とか合わせて行こう、上手くやっていこう」と思います。で、皆さんは
そうして慣れるのが上手になっています。
では、元々こうするつもりだったこと、本来の意図というものを思い出せますか?
 皆さん全員が戻るに際してそれが鍵なのです。皆さんは、地球を生きた中で
一番素晴らしい存在です。疑わないでください。後ろを振り返って前を歩いてき
た世代、家族でさえ知ることができます。
皆さんが進化しながら、人類全体の波動がどれほど上がったか、それを知ること
ができます。
本当に壮大です。
ベールのこちら側で私たちがいつも皆さんを褒めているとは、到底分からないで
しょう。
皆さんがチャネラーを介さずに私たちの言うことが分かり、心の中で私たちの言
葉を聞くまでに進化を遂げるのを見るのは、本当に興奮します。
一人ひとりが、そうなります。疑わないでください。
それは、皆さんがお願いをし、要求したことなのです。
そして、その通りになります。大変シンプルです。どういうことを決めようと、
皆さんはそちらにあるものを調和させます。新しいやり方で創られます。



今、基本的なことをお話ししたので、量子メカニズムとか量子物理学について少
々お話したいと思います。
量子物理学は原子内部の動きを教えます。
皆さんの宇宙の小さい所にあたるでしょう。
統一場の理論では、原子の中の動きはすべて宇宙全体の動きと基本的に同じとい
うものです。

統一場が存在することは知っていると思いますが、これまでそれを証明した人は
いません。
アインシュタインがもっと長い時間追求していれば、彼は大きな発見を成し遂げ
ていたでしょう。
でも、それより早く他界しました。その理論を証明することが彼の夢でした。
心の中ではそれは真理だと思っていました。
相対性理論はその方向で扉が開いたのですが、彼の仕事は完成しませんでした。
他の人がその後を引き継いでいますが、最終的に人類は統一場を証明することに
なるでしょう。
しかしそのためには、時間軸における自分自身の存在をもっと理解する必要があ
ります。
殆どの人は量子メカニズムを知りません、どうなっているのか理解していません。
そこで簡単に説明しましょう。



現実のフィルター

今皆さんはステージの上のキーパー(スティーヴ・ローサー)を見ています。
花やテーブル、ええ、彼のアイスティーを見ていますね。
見せるものではないので向こうの方に置きましょう。
知覚できるものは何でも見えます。
だから、皆さんは、すべての原子は見えるままに整然と並んでいると信じてい
ます。
それが皆さんの知る現実です。しかし、今、もっとたくさんのことがここで起
きています。この場所、この瞬間に多くのリアリティが存在し、皆さんはそれ
をフィルターにかけています。
皆さんがこのステージ上で一度に見ているのはエネルギーの動きの中の10の1に
も満たないのです。
だから、それを知る必要があるのはなぜだと思いますか? 
そのエネルギーを使えますか? 説明しましょう。



テレビ番組があり、テレビのチャンネルがあります。ええ、チャンネルという
言葉は好きですよ、本当に。キーパーが初めてチャネリングをした当時、それ
は大変気味の悪い言葉でしたが、今では非常に響きがいいですね。キーパーは
テレビを付けて、見たかった番組を見ます。
すぐに飽きてしまい、チャンネルを換えます。
他の人の迷惑になります。
その時他の人の現実を変えているということに思い至りません。
事実、すぐに現実を変えることができて非常に気分がよくなりました。
面白いプロセスです! 実際、その発明品は皆さんの世界に落とされたのです。
その結果すぐに現実を変えて気分がよくなりました。
皆さんはずっと多次元の世界にいました。12次元にまで生きてきました。
そのうち11の次元はほとんどの方法で特定できます。
皆さんは自分の次元を1%も変えていません。
その11の次元は動いており、いわゆる第12次元またはハイヤーセルフの次元は
他の次元と結びついて、常に一つになって故郷とコミュニケーションをしています。



神の気づいていない行動

人間は、その12次元の中にいるのです。
目を開けて何かを見るときには、目は「皆、見られているよ」という合図を送っ
ているのです。
その瞬間、原子は見ている通りに整列し始めます。「じゃあ、どうなるんだろう?
私は神ですべての原子が私のためにいつも整然と並んでいると考えていいのです
か?」という疑問が出てきます。
いいえ、原子は常に動いていますが、期待している通りに皆さんが自分のフィル
ターを変えているのです。
原子はそれ自身で全員に合わせて調整しています。二人で何かをする時、対象物
を二人で見てフィルターにかけて同じ結果になり、同じ出来事を目にします。
つまりその時、お互いのエネルギーを確認し合ったのです。



そのように一致すると、いわゆる、それが現実になります。一人の人に認めら
れた出来事は二人の人の場合の半分の確からしさです。
触れて、感じて味わう時、それがあなたの世界に入ります。そうやって皆さん
は何も言わずに体を通して自分の世界を創り上げているのです。
見て、凝視する時は、いつも体は驚くべきマシーンになっているのです。自分
の目のやりどころに注意してください。
見たいと思っているものが現れるのです。
目はエネルギーを選り分けるフィルターになってエネルギーを送出し、対象物
は見られていると知るのです。
その時に突然、そういうものはあなたが見たいと期待するものに形を整えます。
だから、あなたはかなり一定しないポジションにいるのです。自分の創造する
力と面と向かうのです。
創造する時あなたはどの位置にいますか? 
歩く神として、道を歩くことによって一瞬の気づきで世界を変えてしまう、
ええ、まさにそういうところに皆さんはいるのです。夢から目を覚ましています。

今までずっと完全に秩序だっていると見てきましたが、それはもう現実ではない
と気づき始めているのです。
それが、皆さんの今だけの現実です。皆さんが呼び込んだのです。
その現実が多くの人に共有されたら、その形は強くなり暫くの間そのままでいま
す。そうやって皆さんは世界を創造しているのです。



原子内部について幾つか発見された今、科学の出番になりました。いろいろな角
度から多くの科学者がアプローチしてきましたが、スピリチュアリティと科学が
同じ真理に辿り着こうとしていることが分かるでしょう。

科学とスピリチュアルな見方が同じ所と言いましたが、すると、それが新しい道
になります。
皆さんのハートがその道を知っていることが分かっていくのです。
少しそのことを考えてください。
「ハート」という言葉でさえ色々な考えを引き出します。
思考は地球を支配してきました。
生き残るため、他の人と創りだすために思考は必要です。ほとんどの時間、思考
はハートの願いを実現することに向けられますが、ここからそれを見るその光景
は最も奇妙です。
私たちは人が成長し、気づき始めて自分を変えようとしている光景を見ます。
学校に行って自分を向上させるためにやっていることは、すべて頭に関係してい
ます。
30代か40代まではほとんどの人のハートは開きません。
それまで、ハートを使って行けるような場がごくごくわずかしかないのです。
だから、普段から頭とハートのバランスを取ることがこれからやろうとしている
ことなのです。
どうやってハートに意識を向けますか? 
考えていたところにではなく、ハートが目指すところ行くにはどうしたらいいの
でしょうか? 
立ち止まり、考え抜いて綿密に計画をたてる必要がありますか? 
ええ、皆さんは創造者ですから出来るでしょう。
色々なやり方で出来ます。考えることは必要ですか?
 いいえ、必要ありません。
感情を透明にすれば何でも出来ます。透明になった状態が、本当のハートなの
です。



14%



ほとんどの人が、成長し、好きなことを発見します
絵画や作曲・演奏、著述、何でも、好きなことは待っていられません。
情熱をかけてそれをやります。
学校に行き、読み書き、足し算引き算、その他いろいろ習って覚えます。
殆どの人にはそれで事足ります。人間の約86%の人は学校で学べます。
他の人たちは別の方法で学び順応します。
学ぶ場所というのは、色々とあるのだということを理解し始めています。
それは、多くの点で新しい育て方だと思います。
しかし、そういう学び方は、実は古くからあり、決して新しくはありません。



私は「時のキーパー」ですので時間についてよく冗談を言っています。
私はそういう者です。
時間について面白くなるような冗談を言っていきますが、でもその冗談
は全部聞いた話しですよ。
そこで、時間とは何ですか? 
あまり一生懸命になって人生が深刻になる時の人間はどうなりますか?
 学校に行き、知識を獲得して学位や資格を取ったり、卒業してまた同
じように勉強を続けて自信をつけます。
それから社会に出て幸せをつかもうと目標を決めて人生を創り上げます。
そしてまた不幸を感じ、混乱したりとそれも普通の人生を送ります。
その間、ずっと子供の頃に思っていたことを忘れています。
それは子供に返るためには必要な理由でもあるのです。
人間として歩き始めた当初、どこへ行くかを考えたのはその子供のあな
ただったのです。
その後で脇のドアを全部開けて行きましたが、脇のドアは、皆さんが自
分で魔法のように創りだしたドアだったのです。よくやりましたね、皆さん。
大変良くやりました。

(訳注)「時間を後ろ向きに歩く」参照



大問題



そこで、今どこにいますか? 殆どの人が12軒先のところにいます。
成功を重ねながら自分の道を歩いて来ました。
よくやりました。
ですが、幸せですか?
それが大きな問題ですね。
幸せでなかったらなぜですか? それが大きな問題です。人生は心の
幸せをつかむことのはずでした。
地球の低い波動では、脱線することは極めてとく見られることでした。
それは問題ではありません。少しでも情熱を持ったら長続きできました。
人間を装いながらそれは上手く出来ました。いい仕事をしました。
今はすべてが変わりました。
もう皆さんはステップアップして12-12-12の波を待っているところです。

今その真っ只中です。猛スピードでやって来ます。
その変化をもう感じていますね。
新生地球に上陸しました。
今度は建物を建て始める時です。
意識的な創造者として頭とハートを一つにして心の願いを、本当になり
たいあなたの青写真を実際に創り始める時です。それが難しいところです。



新世界の2つの重要なコンセプト:円形時間と時間の足跡



私は時のキーパーなので、時間の幻想について少々お話しましょう。

それは何かということと、少し違った方法で時間に関わるにはどうすれ
ばいいか、お話しましょう。

先ず、時間は本質的に環状であるということです。

それはどういう意味でしょうか、時間は螺旋状に動くのでしょうか?
 もっと大きな視点でそれを見てみましょう。
多分、皆さんに起きたことで隠してきたことがあると思います。
簡単に言うと、それは、傷です。それは感情的なものか何か、実際、対
処しておらす自分から隠している傷があります。

「消えてなくなれ、もう永遠に邪魔しないでくれ。
本当は問題ではない。
だからないことにして人生を進むことにしよう」、そう思うのです。
こういうことが殆どの人に起こります。
それは、社会に気持よく適応するためにあなたとハートの間にスペース
を創るということなのです。
ですので、ひとつの考え方をお話しましょう、簡単です。
それは、キーパーが「ライトマスター」というコースでやっていることです。
決まりを破ってそれを皆さんにお伝えしたいと思います。
とてもシンプルです。
時間、未来というものは過去に対処することで完全にコントロールできます。
コントロールできると言ったのは予め決まってはいないということです。
物事を決める前に明確な道筋を描くことができます。時間は円形です。

だから過去に起きたことと和解してきれいにしなければ、また戻ってきて
未来の織物に織り込まれるというわけです。同じ誤りを何度も繰り返して、
そういうことで行き詰まりませんでしたか?

 同じ誤りを繰り返すのが人間の性(さが)です。
問題になった時にきれいに掃き清めていない土台の上を歩いているから繰
り返すのです。
それが、円形時間というものです。
思い出すのに大変わかり易い足跡です。過去を振り返って何がクリアでき
ていて、何ができていないのかを思い出すための足跡です。
自分にだけできて、他の人があなたに代わってすることはできません。



今そういう箇所を見つめてください。それは、そこに戻って関わった人と
和解するということですか? 
いいえ、道をきれいにするにはその経験と自分とを和解させるということ
です。
心に痛みを抱えていればまた繰り返すことになります。
それが、あなたの未来です。
今そういうことが目の前にあります。
なので、きれいにしてください。時間の目印は私が人を導いていく専門分
野です。
時の足跡は、今にあると言ってもいいでしょう。
自分がボールだと思ってください。
皆さんをクリスタルボールだと呼ばせてください。そして限りがある振り
をしてワクワクする旅をするためにここにいます。
皆さんは生物的泡沫の中で人間の振りをしていきます。
ここにやって来て時間という織物に自分のエッセンスの足跡をつけます。
その足跡は育んで完全にすることができます。

その足跡は、何かが起こる度にそれと和解していく癖を与えてくれます。
雪の中にいると思ってください。
雪は大変深く、ブーツを履いて長い道のりを歩いています。
で、振り向いて、きれいについた足跡を見ます。
余所見をして他の人を見ているのでバランスを失い、その時の足跡は少し
乱れています。
時間の足跡は今だけにあることを除けば、それはそのようなものです。
人間は時間を3つに分けてきました。過去、現在、未来です。そのうち一
つだけ、現在だけが本当です。未来は可能性に過ぎず、過去は記憶に過ぎ
ません。皆さんには今だけがあり、今あるものは時間の足跡です。



今日はどんな足跡ですか?



お互いに手を伸ばして握手する日がやって来るでしょう。
「どうしてる?」―「元気だよ」と言います。
そして一緒になる時がやって来るでしょう。
「今日の時間の足跡はどう? 
何かそれについて手伝おうか?」。
自分の時間の足跡を扱う方法を見つけるようになります。
それがなぜ重要なのか? 
それはあなたが持っているものだからです。
それは、今皆さんが受け継いだものです。
だから、しばしば時間を引き延ばすためにやることがあります。
酒を飲んだりタバコを吸ったりして、意識を大きくします。それで益々
今にいようとしますね。
誰もがやる一番素晴らしいことを言いましょうか?
 今にいて暫くその状態でいようすることが何か言いましょうか。それ
は、オーガズムと言われるものです。
ほとんどの人が経験しています。何度もありますね、もしなければ、や
ってください。
楽しいです。
しかし、肝心なことは、その時未来を考えていないというところにあ
ります。
過去も考えず、何も心配していません。今にいて時間の足跡は完璧です。
それが皆さんにしてほしいことです。
新しいエネルギーを知ってほしいのです。毎日がどんなふうになるかを
心配しないで、あるいは、自分は世の中に対して申し分ないかどうかを
心配しないで、時間にどういう足跡を残すのか、と自分に問いかけてく
ださい。どう人生を楽しむのか? 雪の上に完璧な足跡を残すために何
をすればいいか? それが重要なことです。


皆さん、あなた方は自分で分からないほど愛されています。
今までいた中で最も素晴らしい天使たちです。宇宙至る所から声をかけ
られてきました。遠くまで旅をしてきました。
その呼びかけはほぼ800年前に遡ります。
何度も経験を繰り返し、多くの人生を経験しなければなりませんでした。
そして、それは失敗だと言っています。
しかし、今ここにいますが、新しい時間の足跡が生まれています。それ
は、個人の責任に負うところではありません。
皆さんは、今の人類全体の時間の足跡も構成しています。
そして、この会場の皆さんのハートの鼓動は一致してハーモニーを奏で
ていますね。
その感じを掴んでください、今日これから笑顔でそれを持って行ってく
ださい。
それが、あなたなのです。皆さんはどこから来たか、いろいろと気付か
されてきました。
今、子供の頃のハートを思い出していただけたと思っています。
よく演じてください、皆さん。とりわけ、旅を楽しんでください。
人生は皆さんの理解を超えていますが、私たちは皆さんがその旅をきち
んと歩いていることに本当に感謝しています。



謹んで申し上げます。尊敬の念を持ってお互いに接してください、事あ
る毎に育み合ってください。よく演じ合ってください。


I am. . . the Keeper of Time.



Espavo.



________________________________________________



スティーヴ:

約800年前、地球の意識を変えようと努力した特別なスピリットの一団が
いました。
彼らは最終的に、1215年6月15日、人類史上初めて、マグナカルタとして
知られる人権宣言を行いました。
この特別な存在たちは、このチャネリングメッセージを読んでいますが、
人間の意識を「新世界」に推し進めようと地球に戻ってきています。
やりましたね!



人生に感謝

この6ヶ月間は私にとって面白い旅でした。5月に、留まるか帰るかの大
問題に直面しました。
この人生は素晴らしいですが、穏やかに死ぬことに心が動きました。
私は毎日ありがとうと言って、今日も今ここにいられて素晴らしいという
思いを持ち続けようと決めました。
死の手間で自分の命と戦いました。
また、強くなって人生をゆっくり始めようと決めるのに時間がかかりました。
私は生還してここにこうしていられることが嬉しいのです!



始めドクターは、スティーヴに私はこの病に持ちこたえられないと告げ
ました。
2週間前に定期の診察でこの医者のところに行きました。看護婦は私に
、生き生きしてますねと言ってくれました。
手術の時と同じ人と思えないというのです。それで益々私は明るくなり
ました。
自分の気持を私に伝えたかったのですが、同時に彼女は私に希望を失っ
てはいけないと、気遣ってくれて言ったのです。



診察を待つ間、静かにこれまでの経過を振り返りながら座っていました。
悪い知らせを聞きたくないという恐怖心が心の隅に引っかかっていました。
ドクターはいつもの様に気さくでしたが深刻な面持ちでした。
一言二言話してから、彼はコンピューターの前でグラフを見ていました。
静かになって頭を前後に動かし始めました。
あまり芳しくないのかなと思い、彼が言おうとすることに心の準備をしま
した。
私の方に向くと、怪訝な顔をして微かに笑顔を浮かべて言いました。

「あなたの経過は奇跡的です」と。奇跡的! 彼がスピリチュアルな言葉
を言うなんて思っても見ませんでした。
この言葉はこのドクターが口にすることはめったにありません。
私はこの言葉を繰り返し反芻してその魔法の波動を感じました。
それから私は、自分の意志と力と癒しで本当に奇跡を経験したんだという
実感を持てたのです。

とうとう私は、彼に私は意志が固い人間で、一度健康になると決めたら、
後は時間と予後の問題ですと言いました。
彼には、私一人でこうなれたのではなく、スティーヴや息子のオースチ
ンとブレントの心のこもった看病があったからですと話しました。

家族の愛と祈り、支え、それにスピリチュアルファミリーの人たちが想
像もできないような方法で助けてくれたのですと言ったのです。
本当に愛を感じました。皆さん全員に感謝しています。



スティーヴとオースチンはその日オランダに出発しました。一緒に行け
ないのが変な感じでしたが、私はまだだと思いました。スティーヴにe-メ
ールでこの素晴らしい話をしました。
直ぐに返事があり、遠く離れていても本当に一緒になって喜びました。



ドクターから、私はもっと強くなる必要があると言われましたが、月を
追う毎にだんだん良くなって行きました。
診察はもういらなくなりました。
今は信頼の置ける新しい食事療法と体の養生の仕方を実行しています。
それで、体とマインドと精神は一つなのだと知りました。



私の回復目標は、スコッツデールで行われる12-12-12のイベントにステ
ィーヴと一緒に出ることでした。
この夢は実現しそうです。毎日感謝です。
そうやって大きな感謝の気持を味わっている間に、感謝祭がもうすぐです。
面白いですね。
感謝祭は感謝する心を思い出す日です。
その2日後が私の誕生日です。
生まれ変わりです。
新しい生き方を感じています。
この日は、今の私の始まりです。
本当にワクワクします! 
私と一緒に新しい年の可能性をお祝いして喜んでください。



愛と光、深い感謝を



Barbara




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1236-09e22bd5

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。