Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親愛なる皆さん

Posted by photn on 04.2013 シリウス   1 comments   0 trackback
ハットンです。
このチャネラーを通じて皆さんにお話するのは初めてです。でもこれが最
後ではありません。
これから一定の間隔で新しいことや面白いことをお話していきます。
このチャネラーから様々な新しいことをお伝えしていこうと思います。
これから銀河連盟の宇宙船まで旅をしましょう。
私たちのチャネラーはSFやシネマが大好きな人です。私たちの宇宙船に来
たくてあらゆる情報を吸収しました。

当面、来れるかどうかは保証はありません。また皆さんもそういう経験が
できるほどまだ進化していません。
でも、寝ている間に宇宙船までやって来る人が大勢います。皆さんは夜中
に繰り返しやって来ています。
でも誰もそのことを思い出せる人はいませんが、遅かれ早かれ忘れること
もなくなるでしょう。
そういうわけで、宇宙船のことや私たちのテクノロジー、宇宙船での生活
などについてお話したいと思います。皆さんは様々なタイプの宇宙船や地
球外生命ついて知るようになります。
そこで使われている素晴らしいテクノロジーについてもお話しましょう。
皆さんから見ると、まるでSFのように見えますが、私たちには間違いなく
事実です。
今日は、シリウスの宇宙艦隊から話しましょう。地上にいるチャネラーの
彼もシリウス人ですが、彼については先ず私たちのチャネラーとしての役
割を優先的に考えています。

シリウスの母船は地球の近隣の軌道、もしくはそことの中間地点辺りで活
動しています。
非常に巨大な宇宙船です。このような宇宙船は、着陸するスペースがない
のでどんな惑星にも降りることは出来ません。ですから着陸できる大きさ
のシャトルと呼ばれる小型の宇宙船に乗り継ぎます。
そのような小型の宇宙船が普段の移動手段に使われています。
シリウスの宇宙船はお話したように巨大で非常にパワフルです。最新のテ
クノロジーを装備しており、常に技術開発が施されて最新の技術に更新さ
れています。
シリウスのテクノロジーは極めて高度に進化しています。勿論シリウスよ
りも進んだテクノロジーを使った宇宙船も宇宙の他の存在にはいます。
でも銀河連盟の意識は非常に接近しており同じレベルの宇宙船モデルを所
有しています。
皆さんは、進化に応じたテクノロジーの宇宙船があり、高度に進化した存
在は高度な宇宙船を、また進化の劣る意識はそれなりの技術の宇宙船を持
っていると考えるかもしれません。
技術は個々の存在の意識の進化の程度に応じて完全に相応しい技術が使わ
れています。
私たちが進化の遅い意識の人たちに何らかの武器を提供したとしても、そ
の人たちはその技術を使えるだけの十分に高い意識にないためその技術を
理解できません。そういうことをしてしまえばどれだけの混乱を引き起こ
し苦しみを与えてしまうか分かりますか?
そういうわけで、銀河連盟の各惑星は、意識の進化に見合わないテクノロ
ジーの提供を受けることはありません。
そうやってテクノロジーは相応しい形で使用されています。
シリウスの宇宙船の話しに戻りましょう。銀河連盟の宇宙船についてはい
ろいろと語られてきました。ほとんどは正しい内容です。
でも、地球の人の中にはそれをファンタジックに脚色する人もいます。
ですから混乱を招くような間違った情報が蔓延するのでそのような粉飾を
少しばかりきれいにしようと思います

シリウスの宇宙船はいろいろな種類があります。あらゆる宇宙船はその機
能や所属によって区別できます。
宇宙船のその体系は継続的にレビューされ更新されます。研究によって常
に新しい技術的機能や可能性が生まれ発見されます。宇宙船開発は終わる
ことがなく、常に新しい知識やコンセプトが出現して利用されます。
銀河連盟の他の存在にも関わる再検討や最新技術に置換するなどの必要性
もまた出てきます。
シリウスの宇宙船の種類とロケーションは以下の通りです。

最大規模の母船は地球から遥か彼方に配置されています。すべての任務・
領域を統括しています。
惑星にダメージを与えたりその電磁場にかなりの影響を与えるので惑星
に直に接触するような位置にいることはありません。
それはまた母船は遥か彼方から惑星に対する支援が出来るということで
もあります。
小型宇宙船は惑星の軌道上に入ることもあります。皆さんが時々見かけ
るのはそのクラスの宇宙船です。
実際、私たちは予め特定の時刻に皆さんの視界に入る許可を得てきまし
た。皆さんの視界に入るためには、先ず、地球と地球に住む人の周波数
に合わせる必要があります。
そうやって皆さんが目撃することもあれば見えないこともあります。
どういう事かというと、実際私たちはいつもそこにおり、見えるのですが、
はっきりと見たいと思っている人にだけ見えるのです。
その結果上空で私たちを目にするのです。
まだまだ多くのケースがあり、それを説明するとなると図書館が埋まるほ
どの情報量になるでしょう。
でも私たちにはその時間はありません。まして皆さんはそれほどたくさん
のことを学ばなくてはならないとなるといい気分ではいられないでしょう。
もちろん、例外の人もいますが(クスクス笑い)。

小型宇宙船はシリウスの母船にも格納されます。その宇宙船はまた別種の
カテゴリーに分類されます。また小型宇宙船は短期・中期フライト用です。
しかし皆さんの感覚で分かる距離ではないでしょう。
私たちは「光年」で話していますが、それは皆さんに置き換えると「キロ
メートル」という単位になります! 
詳細については今後お話していきます。
ではここで肝心なことや特徴をお話しし、後で詳細をお話していきましょ
う。
今お話した宇宙船はその任務に応じて異なった装備になっています。それ
ぞれのミッションに合わせた設計になっています。宇宙船はまた非常に複
雑な道具箱でもあります。
それぞれの目的に応じて適切な道具がそのソケットに備え付けられていま
す。したがってマシーンは個々の用途に合わせて造られています。

小型宇宙船は同じような機能を持っています。それぞれの宇宙船は要求に
応じて装置がインストールされたり、それを組み合わせて特別に製造され
ます。
そのようにして、各任務を最大限に果たすためにどんな宇宙船にも応じら
れる仕組みになっています。
母船には必要なあらゆるコンポーネントが保管されているので設計は母船
内で行われます。
私たちは曳航する宇宙船の護衛を常に受けております。護衛船には交換部
品が積まれており、母船に戻らなくても自分の宇宙船の設計変更も可能で
す。
これまで、ガイアの近辺や皆さんの周辺地域に留まっていたシリウス船団
や母船までの距離は、いついかなるミッションがあってもそれに対応する
ためにちょっとした小旅行程度の距離でした。

宇宙船と言っても、銀河の他の存在の宇宙船には非常に多くの種類があり
ます。ガイア周辺にいるのは銀河連盟の所属ですので、見かけはほぼ似て
おり、同じような装備になっています。
結果として私たちはほぼ同じようなテクノロジーと宇宙船を使用していま
す。意識レベルが同じで、今説明したように同じレベルのテクノロジーを
開発しています。
今日は以上ですが、今後ももっとお話していきたいと思います。どうか疑
問があれば自分で考えてみていただきたいと思います。このチャネラーに
聞かないでください。自分に聞いてください! 
私たちは皆さんの疑問を聞き、お答えしていきます。今後ここではそのよ
うにしていきましょう! 皆さんが聞き、私たちが答えます!

そうすることによって必要不可欠な知識に辿り着けます。つまり、そうやっ
てゆくゆくは人間の皆さんはこのテクノロジーを自分の目で理解していく、
その準備をしていくということです。
皆さんは自分の目と手を使って考えることができます。自分の手で私たち
のテクノロジーを理解できるようになります。
すぐに私たちの宇宙船に乗船する時が来ます。そして全力で地球を手助け
していくでしょう。
それについては今後のチャネリングでお話しますが、将来機が熟す時があ
るという確かな予感をもって一歩一歩進んでいってください。
地球の人間の皆さん、以上です。次回を楽しみしています。
では、また!




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1278-24e4f361

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。