Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の惑星の人生

Posted by photn on 05.2014 サルーサ, ロード・アシュター & ガーディアンエンジェルズ, ガイド   1 comments   0 trackback
mothership.png
アトランティス、他の惑星の人生
皆さん、この厳しさが増す時には信念を強くもっていてほしいと思います。
とうとう、自分の本当の姿が分かる時が訪れようとしています。多くの人
が元々この美しい惑星に起源がないことがはっきり分かるようになります。
私たちから夢の中で、あるいはハイヤーセルフを通して皆さんの起源は他
の星であるこというメッセージを受け取っていきます。

もう既に、スター・ファミリーや愛と光の存在がいる、素敵でパワフルな
銀河のコミュニティの中で何度も過ごしてきたことを知っている人もいま
す。
実際に大半の皆さんは様々な種類の存在になって多くの惑星で生きてい
ました。そしてそこを去る時が来たと感じてそこでの人生を手放しました。
事実、ほとんどの惑星では皆さんが死と呼ぶものは、意識的に惑星の執着
を手放す以外の何物でもありません。誰もが、家族に対する責務を果たし
他に人生の義務はなく、惑星での人生についての疑問もない、願望もない、
その惑星に固執するものがないので次の世界、別の惑星で新たに始めよう
ようとする時がやってきます。

それは成長の、生と死の、あるいは、永遠に生まれ変わり続けるという自
然なプロセスです。
出来る限り長く生きることが出来る多くの惑星でも次のレベルに進むため
の自然なプロセスです。
他の惑星では、寿命は地球よりも長いものです。肉体の発達レベルによっ
て人生は何世紀から何千年、あるいはもっと長く生きられます。

アトランティス時代には、寿命をのばすことはごく普通にあることでした。
しかし、それは限られた特権や地位のある人だけが他の星の兄弟のテクノ
ロジーを使って寿命をのばすことが出来ました。

アトランティス時代、地球にはいろいろな惑星や星の種の存在が住んでいま
した。遺伝子研究は主にクローン技術によって寿命を伸ばすことに主眼が置
かれていました。
それはプレアデス人が非常に得意とする技術です。

アトランティスが崩壊した時、その技術をつかった寿命の延長はなくなり、
マザー・アース(母なる地球)の波動の要請によって生命は減少し始めま
した。

人間の二面性とツインフレーム

知っている人は少ないと思いますが、人間の体は地球の創造者と地球の生
命に対する束縛や期待するものに結びついています。肉体以外の他の部分
は永遠の命である神のスパークと星々に結びついています。
その所が永遠なのです。
そして地球であれ、他の惑星であれ、次々と人生や肉体を変えていきます。
この時には、常にツインフレームや何人かのソウルメイト、それと1つのオ
ーバーソウル・グループと繋がっています。
ここでいうオーバーソウル・グループは、特に地球で共通の経験をもつ魂
のオーバーソル・グループです。

この部分の永遠の愛は常に皆さんの内部にあります。
一目見ただけでツインフレームだと分かります。実際ツインの両方は、同
じ時に地球に生まれていれば常にもう一方を探そうとします。若い頃から
そうやって無意識に探そうとします。

でも、それは、他の人を愛することを止めなければならないということで
はありません。
実際に多くの人が不倫という経験をするのは、皆さんの中にこのツインフ
レームとの関係があるせいなのです。

多くの人が一人の相手と結婚し愛情を感じますが、また一方で他の人に対し
て深い愛情を感じることがあります。地球でツインフレームと出会い、普
通の人生を送ることは可能性としてあまりないことが分かる時に、その誰
かを求める感情は時として少しばかりミステリーになります。

そういう理由で、ツインフレームは、人間が持つ二面性の性質の影響を受
けます。彼、彼女自身も同じように自分の中にいる別の存在の影響を受け
るのです。
ツインフレームとの関係はほとんどの場合、高次の世界で続くもので、3
次元世界でのことを言ったものではありません。

地球でのツインフレームの関係にある場合は、このような人間の二面性に
よって非常にドラマチック、劇的になる場合がよくあります。
多くの場合、ツインフレームから逃げようとします。逃げることが目覚め
であり同時に苦しい経験でもあります。
その時に、数々の記憶が溢れてきて未知のこと、分からないことに対する
強い恐怖感に直面するのです。

ツインフレームと出会うことを強要しているのではありません。二人が肉
体で出会う準備が整う時に天のドアが開きます。
それまでそのドアは完全にロックされています。ツインフレームは、あな
たが一番嫌いな自分の性質を見せてくれます。
その時には、ゆっくり歩き、何事も辛抱強くなってください。
お話したように、多くの人が自分自身の一方に出会う時が近づいています。
辛抱強くなって愛することを学ぶ、そういう時が近づいています。

ツインフレームが出会ってそれでマザー・アース(母なる地球)が非常に
高まり多くの人の心に喜びが多くなる、そういう時がやって来るでしょう。
その時は、報われる時になります。

やがてその時に、私たちはそばまで来ますが、その時に多くの質問や疑問
に対する答えが突然やって来ます。
多くの喜び、愛に溢れますので心の準備をしていてください。過去の間違
いやカルマを返済したことなどを許す準備してください。

この報いの時と同時に、神聖な存在としての自分の魂の歴史や地球での旅
路、その意味を思いだしていきます。

他の起源

私たちには、皆さんが肉体でいるために、人間の限界から生じる苦しみや
フラストレーションなどの辛い思いを感じます。
これまでの地球の人生の数々は、色々なレベルの闇があふれた所で光に貢
献しましたが、幸せではありませんでした。
あなたの愛だけでなく光や叡智を強く必要とした地球の魂のために希望と
光を常に放っていました。

多くの人が過去生の不幸な記憶を上手くブロックしましたが、その記憶も
また、まもなく明らかになります。
多くの人の場合、地球では短い人生でした。エイリアンのマインドにとっ
ては意味がなかったのです。
地球はあなたのハートと繋がるものがありませんでした。ましてここにい
る人間にも同じように感じ、自分はよそ者だと感じていたのです。
しかし、なぜ自分がファミリーに繋がることが出来ないのか、その理由を
知ることはありませんでした。

過去生で自殺をした人が数多くいます。あるいは、殺人者になりました。
地球は神の愛に見放された侘しいところだと思ったのです。怖くなり、自
分に何が起きているのか、なぜここにいるのか全く理解出来ませんでした。

多くの人は、幼い頃に事故で死にました。しかし、その事故もたまたま起
きた事故ではなく、苦しみを終わらせたいので自らに課した事故でした。

かつての人間の体は今とは違います。洗練され進化した体で何千年も生き
ていました。過去に他の惑星にいた時は、空中に浮かぶことやアストラル
トラベル、赤外線のように見通せたり、顕微鏡のように小さいものを見る
ことが出来ました。
また愛する力は果てしなく、それで環境が大きく変わるのですが、テレパ
シーや何でも見える視力と聴力、など上げたらきりがないほどの能力を持
っていました。
それに対して、突然DNAの鎖があざ笑うかのようになりました。自分はいつ
も檻の中にいて体に捉えられていると感じることも数多くなりました。

中でも、地球にいる家族はなぜあなたがETのことについて話すのかその理由
が理解できませんでした。
想念で物を動かしたり、魔法のようなトリックをして遊んだりした時には
、親は卒倒してしまうほど仰天し、なぜそういう力があなたにあるのか分
かりませんでした。
皆さん、分からない知らないものを恐れ暴力的な行為に及ぶというのは自
然なことです。
が、皆さんの多くはその両親の、愛する人の行動にあまりにショックを受
けてもう二度と親を信じまいと決め、しばしば何年も長い間、子供心から
その記憶を消した状態にしました。
皆さんの心は他の人間に傷つけられ傷めつけられました。本当の愛が自分
にとってどういうものかその言わんとした思いを無視されて傷つきました。
その結果、ETとしての遺産である生きる権利を放棄したのです。多くの皆
さんは、 “普通の” 人生を送るために、何とか相手に合わせて、両親や
社会の期待に従わざるを得ませんでした。

皆さん、そういう日々はもう終わりです。そう言えることが私たちには嬉
しいのです。
多くの光り輝いた存在が初めて地球に生まれてスターシードとしての親に
なるか、普段の生活の中でもスピリットして皆さんの中にいるか、そのど
ちらかになるでしょう。

私たちはスピリットして皆さんといます。だから自分の声として聞こえま
す。
しかし、私たちは肉体でいるのではないので私たちを見ることはほとんど
ありません。エネルギーで一緒にいます。私たちのことをいろいろと感覚
で感じられるでしょう。
私たちのハートとマインド、目は地球にいるスター・ファミリーの皆さん
に注がれています。
ただ、干渉することは出来ませんが、何かが起きている時、その時の皆さ
んが見るもの、聞くことを同じように見て聞いています。

皆さんをとても愛しています。ゲームを終えるまでもうしばらく辛抱して
ください。お願いします。
私はシリウスのサルーサ、私はアシュター・コマンドのアシュターです。
私たちは皆さんの幸せを願い、皆さんを守る天使界の声です。
皆さんに愛と喜びを
I am SaLuSa from Sirius,
I am Lord Ashtar of the Ashtar Command




スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1286-06333b83

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。