Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【噴火】弥陀ヶ原で強い硫黄臭!噴気活動が活発化!御嶽山噴火を的中させた教授、富士山噴火2014年±5

Posted by photn on 28.2015 災害   1 comments   0 trackback
画像


富山県の弥陀ヶ原(みだがはら)で噴火の兆候と思われる動きがありました。
気象庁と富山地方気象台によると、2013年の時と比較して硫黄の量が増
加し、噴気活動が活発化している様子も観測されたとのことです。

この調査は昨年の御嶽山(おんたけさん)噴火をキッカケに行われた物で、
火山ガスの温度も100度以下だったものが、現在は150度と過去最高レベ
ルに上昇していました。

このような火山活動の活発化が見られたことから、弥陀ヶ原は常時観測対
象の火山に加わる予定となっています。

火山が活発化しているのは弥陀ヶ原だけではありません。御嶽山の噴火を
的中させた琉球大学名誉教授の木村政昭さんは「富士山で異常が見られる。
今年噴火してもおかしくない状況です」と述べ、警鐘を鳴らしました。

富士山では東日本大震災後に道路の崩落現象や突然地下水が噴き出す
異常湧水、雪が例年よりも早く溶け出す現象等が相次いで観測されていま
す。
木村教授は富士山の噴火を「2014年±5年」と予測しており、御嶽山のよう
に突発的な大噴火になる可能性も指摘。週刊誌等を通して噴火対策の強
化を呼び掛けています。


☆弥陀ヶ原、強い硫黄臭…「危険性上がっている」
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/20150126-OYT1T50007.html
引用:
2013年の調査時は、噴気口の周囲に硫黄はあまり積もっていなかったと
いう。周辺には防毒マスクごしにも分かるほど、強い硫黄臭が漂っていた。

 同気象台によると、弥陀ヶ原周辺では約180年前に水蒸気噴火があっ
て以降、目立った火山活動はなかった。しかし、地獄谷の火山ガス噴出を
約30年間研究している野上健治東京工業大教授(地球化学)によると、
12年から噴気活動が活発化。ガスの温度も、かつては100度以下だった
ものが、現在は150度と過去最高レベルに上がっている。

 野上教授は「ガスは地下のマグマから出ている可能性がある。噴火の危
険性は数年前より確実に上がっている」と指摘する。
:引用終了


スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1454-656f7f07

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。