Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟睡できるようになる!アスタキサンチンと亜鉛の同時摂取

Posted by photn on 26.2016 未分類   1 comments   0 trackback
2-2_pict01


http://news.mynavi.jp/news/2013/04/09/072/index.html

睡眠は、深さと特徴により、身体は休息しているのに脳が活動している睡眠を「レム睡眠」、脳の活動も低下している睡眠状態の「ノンレム睡眠」に分類でき、ヒトは眠り始めると、まず深いノンレム睡眠に入り、その後、レム睡眠とノンレム睡眠を、成人では合わせて平均90分のサイクルで繰り返していることが知られている。良く言われる"良い睡眠"とは、寝付くまでの入眠時間が短く、また眠り始めてから最初の約3時間にノンレム睡眠の占める割合が多く、さらに夜中に起きる(覚醒する)ことがない睡眠のことで、良い睡眠をとることにより、寝起きがスッキリするといった効果を得ることができる。

これまで両者は、両成分を含む食品の人への体感試験を行った際、良く眠れる、寝覚めが良いという体感を得てきており、そうした体感からそれを実際に確かめるべく今回、特定の成分をマウスに摂取させ、「行動量試験」を実施し、非摂取群との比較を行った。

大切な脳を活性酸素から守る
http://info.fujifilm.co.jp/healthcare/astaxanthin/2-2.html

脳は体の中で最もたくさんの酸素を必要とする器官で、その重さは体重の2%程度なのに、エネルギーの消費は全体の20%近くを占め、呼吸の際に吸い込む酸素の30~50%を消費しています。わたしたち人間がエネルギーを作り出す際に、いわば産業廃棄物として発生してしまうのが活性酸素ですが、エネルギー、酸素の消費量が多い脳では、絶えず大量の活性酸素が発生していると考えられます。さらに、脳の約半分は活性酸素の標的となりやすい脂肪でできています。このように脳は活性酸素によるダメージを最も受けやすい器官で、脳梗塞や脳出血などの脳疾患も活性酸素が深く関与していると言われています。

また、脳の神経細胞は加齢とともに減っていき、他の組織の細胞と違って、一度死滅すると再生することは極めて稀であると言われています。年齢とともに記憶力が衰えたり、思考力が低下したりするのはこのためです。ただでさえ減っていく神経細胞が、活性酸素のダメージによってさらに減ってしまっては大変!生命活動の中枢である脳を活性酸素から守ることは、わたしたちが生きていくうえでとても重要なことです。

もちろんわたしたちの体には活性酸素に対抗する酵素が備わっていますが、体内でつくりだされる抗酸化酵素は、加齢とともに減っていきます。脳の老化を最小限に抑えるためには、抗酸化作用のある物質を食べものなどで日常的に補っていく必要があります。中でも、脳の「関所」血液脳関門を通過することができ、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンには、脳の衰えを防ぐ効果や、脳疾患予防への期待が高まっています。
スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1521-74cdd501

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。