Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極で巨大氷塊が分離へ 海面上昇の恐れ

Posted by photn on 07.2017 未分類   1 comments   0 trackback
_93282005_rift_figure_narrow_jan2017_large


巨大な氷山が南極から分離し漂流し始める可能性があることが、研究者らの調査で明らかになった。氷山の大きさは過去に観測されたもので十指に入るという。

南極半島の東側にある「ラーセンC棚氷」にできた割れ目が先月、急激に拡大し、接触部は20キロまで減少したという。分離すれば5000平方キロメートルの氷が漂流し始めることになる。

ラーセンCは、南極の主要な棚氷で最も北に位置する。
英南西部にあるスウォンジー大学の研究者らは、分離が起きれば棚氷全体でさらなる分離の可能性が高まると指摘している。

ラーセンCは厚さ約350メートルで、西南極の先端に位置し、氷河の終着点になっている。

1995年にはラーセンA棚氷が崩壊、2002年にはラーセンB棚氷が突然崩れており、研究者らの懸念を呼んでいた。

英国に本拠を置く研究グループ「MIDAS」は昨年、ラーセンC棚氷の亀裂が急速に広がっていると報告していた。

先月には、亀裂の拡大ペースが急激なものとなり、数週間で割れ目が18キロ伸びた。

スウォンジー大学のエイドリアン・ラックマン教授はBBCニュースに対し、「あと数カ月で分離しなければ、驚きだ」と語った。

同教授は、「雲がかかっていない(地球観測衛星)ランドサットの写真が十分ないが、欧州宇宙機関のセンチネル1のレーダー画像数枚から、亀裂拡大が分かった。あまりにも分離目前なので、避けられないことだと思う」と話した。

ラックマン教授は、分離しかけている氷は5000平方キロメートルあり、大きさは過去に観測されたものの10位以内に入ると指摘した。

研究者らは、棚氷の分離は気候変動に関連した現象ではなく、地理学的なものだとしている。亀裂は数十年にわたって存在しており、最終的な分離に近づいた状態にあるのだという。

地球温暖化が棚氷の分離を加速させていると考えられてはいるが、直接的な根拠は示されていない。

しかし、研究者らは分離が棚氷全体に与える影響を懸念している。ラーセンBが2002年に崩れた直前には、同様の亀裂が起きていた。

ラックマン教授は、「異論もあるが、残った棚氷が現在よりも不安定になるのは確実だと我々は考えている」と語った。

「今後何カ月か、何年かにわたって(棚氷の)分離が続くだろう。最終的には崩壊するかもしれない。しかし、予測は非常は難しく、すぐに崩壊するといったことは起きないにしろ、安定性が低下すると、我々のモデルは示している」

分離でできた氷山が海に浮かぶことが海面上昇につながるわけではない。しかし、棚氷がさらに崩壊すれば、背後にある氷河が海に流れ込む速度が増す。これは海に浮かばないため、海面の高さに影響をもたらす。

ラーセンC棚氷が現在せき止めている氷のすべてが海に入れば、海面は10センチ上昇すると推計されている。

すべてはまだ先の話だ。現在はっきりしているのは、南極大陸の氷の海岸線が変化するだろうということだ。

ラックマン教授は、「最終的な結果としては、棚氷が今後何年か、もしくは数十年かで崩壊する可能性がある」と語った。

「この地域が海面に与える影響でさえ、近いうちに起きると思っている人はいない。単に土地形状を変える地理学的な現象だ」


An iceberg expected to be one of the 10 largest ever recorded is ready to break away from Antarctica, scientists say.

A long-running rift in the Larsen C ice shelf grew suddenly in December and now just 20km of ice is keeping the 5,000 sq km piece from floating away.

Larsen C is the most northern major ice shelf in Antarctica.

Researchers based in Swansea say the loss of a piece a quarter of the size of Wales will leave the whole shelf vulnerable to future break-up.

Larsen C is about 350m thick and floats on the seas at the edge of West Antarctica, holding back the flow of glaciers that feed into it.

Researchers have been tracking the rift in Larsen C for many years, watching it with some trepidation after the collapse of Larsen A ice shelf in 1995 and the sudden break-up of the Larsen B shelf in 2002.

Last year, researchers from the UK's Project Midas reported that the Larsen C rift was growing fast.

But in December the speed of the rift went into overdrive, growing by a further 18km in just a couple of weeks. What will become a massive iceberg now hangs on to the shelf by a thread just 20km long.

"If it doesn't go in the next few months, I'll be amazed," project leader Prof Adrian Luckman, from Swansea University, told BBC News.

"There hasn't been enough cloud-free Landsat images but we've managed to combine a pair of Esa Sentinel-1 radar images to notice this extension, and it's so close to calving that I think it's inevitable."

Prof Luckman says the area that will break off will be about 5,000 sq km, a size he says that would put the iceberg among the top 10 biggest that have been recorded.

The researchers say that this is a geographical and not a climate event. The rift has been present for decades, they say, but it has punched through at this particular time.

It is believed that climate warming has brought forward the likely separation of the iceberg but the scientists say they have no direct evidence to support this.

However, they are concerned about how any break-off will impact the rest of the ice shelf, given that its neighbour, Larsen B, disintegrated spectacularly in 2002 following a similar large calving event.
Image copyright SPL
Image caption The collapse of the Larsen B ice shelf which occurred in 2002 followed on from a large rift calving event

"We are convinced, although others are not, that the remaining ice shelf will be less stable than the present one," said Prof Luckman.

"We would expect in the ensuing months to years further calving events, and maybe an eventual collapse - but it's a very hard thing to predict, and our models say it will be less stable; not that it will immediately collapse or anything like that."

As it floats on the sea, the resulting iceberg from the shelf will not raise sea levels. But if the shelf breaks up even more, it could result in glaciers that flow off the land behind it to speed up their passage towards the ocean. This non-floating ice would have an impact on sea levels.

According to estimates, if all the ice that the Larsen C shelf currently holds back entered the sea, global waters would rise by 10cm.

All that is very much in the future. There are few certainties right now apart from an imminent change to the outline of Antarctica's icy coast.

"The eventual consequences might be the ice shelf collapsing in years to decades," said Prof Luckman,

"Even the sea level contribution of this area is not on anybody's radar; it's just a big geographical event that will change the landscape there."


スポンサーサイト

KEYWORDS:
1970.01.01 09:00 | URL | ~ #79D/WHSg[edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://pharao999.blog114.fc2.com/tb.php/1613-2620a4bb

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。