Loading…

スポンサーサイト

Posted by photn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトン・ベルト 6

Posted by photn on 09.2008 アセッション
地球の歴史と人間の進化の特別な関係 シュタイナーは「アカシャ年代記より」において地球の各段階ごとに、異なる存在様式の「人間の祖先」がいたと記している。そうして異なる姿の人間と地球の本性を解き明かしている。 では人間はどのように進化してきたのか。 「アカシャ年代記」には4つの基本概念が登場する。 まず、第1段階「土星期」では、この時期は人間の祖先は肉体としてのみ存在していた。エーテル体も、アストラル体も、自我も、まだ肉体の中に組み込まれてはいなかったのだという。 シュタイナーの著作には「エ―テル体」「アストラル体」といった言葉が多く登場する。これは、「物質的な肉体」とは別次元ことを指している。  シュタイナーの言う「人間本性の超感覚的構成要素」は4つあり、「物質体」「エーテル体」「アストラル体」「自我(私)」である。 「エーテル体」とは有機体をひとまとまりに保つ生命の力であり、すべての命はそれ独自のエーテル体を持つと言う。だが、エーテル体は意識を持つことがない。  「アストラル体」とは、意識を持つ力であるという。   第2段階は「太陽期」で、肉体がエーテル体と結びついた。エーテル体が組み込まれたことによって、肉体はそれまでのあり方を大きく変化させる。 第3段階「月期」でも同様のことが生じるが、しかしその時期に、人間の祖先は、アストラル体を自分の中に組み入れた。 そして第4段階「地球期」にいたって、初めて、人間は、自我を組み入れる。それによって、肉体は4度目の、エーテル体は3度目の、アストラル体は2度目の進化を遂げるのだという。 人類と地球は、進化の歩みをずっと共にしてきた。地球が姿を変えのだが、そのすべての地球の転換に合わせて、人間の存在様式も変化してきたとシュタイナーは「アカシャ年代記より」で説いている。 「アカシャ年代記より」においてシュタイナーの言う「人間の祖先」は、「ホモサピエンス」より、ずっと広義に捉えられているということになる。 「ホモサピエンス」は、たかだか“地球進化の第4段階における人間を、生物学的視点から見たものに過ぎない”......、つまり通常のアカデミズムとは相入れない概念がシュタイナーが体系づけた学問である人智学の基本なのだ。 しかしなぜ人間は地球と進化を共にしてきたのか。 シュタイナーによれば、人間は霊的世界と物質的世界との「仲介役」であり、人間はその誕生の際に受け取る物質的な力を、地上の生活の中で新しく作り替え、別の形にして地球に手渡す。 霊的世界から流れこんでくる力を、人間が仲介することによって、地球の大地に伝えてゆく。 だから、地球の存在の仕方が変わると、人間も変わらざるをえない・・・・・。そして、人間の構成要素が変わると、地球の存在の仕方も変わってゆくことになるというわけである。 これがシュタイナーが「アカシャ(アカシックレコード)」を霊視したことによってわかった地球の歴史と人間の進化の特別な関係なのだ。  シュタイナーの霊視能力は、常人の想像を絶するものであったといわれる。  いわゆる霊能力者と呼ばれる人たち ―ノストラダムス、エドーガーケーシーなど― は、「アカシャ」を読み取ることで未来予言を行っているといわれる。  しかしシュタイナーのように過去・現在・未来にわたって宇宙で起こった、あるいはこれから起こる出来事を記述した書物をまとめた人物はほかにいない。 つまりそれだけ驚異的な能力があったらこそ、シュタイナーは「アカシャ年代記」を明確に認識できたのだ。
スポンサーサイト

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

photn

Author:photn
すべては幻・実です。
神の雫を飲む人々へ。
生誕 ; 9/9
”LightworkerJapan”
"the 5th world fund"

無料でディレクトリ登録が掲載できて、被リンク増やすならジャパンディレクトリ まつ毛育毛剤の選び方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。